エントリー

カテゴリー「6.近 畿 地 方」の検索結果は以下のとおりです。

山陰本線 竹野-佐津 (佐津川)

上り 特急〔はまかぜ6号〕 2010年10月撮影
 1.短い鉄橋を渡る。日没ぎりぎりで、逆光の影響は少なかった。

 2.後追い撮影。線路際の機器が少々うるさい。

 播但線内で昼間に撮影をして、日没前に上りのはまかぜ6号を撮る場所はないかと探していて時間切れとなり、佐津駅東側の短い鉄橋で撮影。
 鉄橋の南側に手すりがあることと東側の築堤も線路際の機器がうるさく、列車写真にはあまり良い場所ではなかったので、ビデオパン撮影メインで撮りました。
 なお同じ日に播但線内で撮影していた人もこの近くのトンネル上道路から撮っていたようで、写真メインならそちらの方がよいかも?

1.光線:午前中は上りが、午後は下りが順光。
2.あし:佐津駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:駐車スペースは無いが、人通りのない川の土手道があり、そこへ1台ずつ置ける。

東海道本線 三ノ宮-元町

上り 特急〔はまかぜ4号〕 2010年11月撮影 

 三ノ宮の高架線を行く列車を撮影できる。神戸らしい風景の場所だが、電柱などが少々うるさく、列車主体で撮りたい人には不向きな場所です。
 神戸人の私としては、ここを行く181系〔はまかぜ〕は取りあえず記録しておきたいところ。4号は通常ならド逆光ですが、曇ったのが幸い、ここで撮っておきました。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:さんプラザの駐車場からの撮影となるため、駐車客以外は原則立入禁止だが、数分間程度で意中の列車を撮るだけであれば、警備員の人も見逃してくれることが多い。当然ながら三脚は不可。立ち退くよう注意された場合は素直に従うこと。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:神戸の繁華街のど真ん中です。
4.駐車:ここ自体が駐車場です。

(個人DATA:初回訪問198?年?月、訪問回数5回位)

山陽本線 須磨海浜公園-須磨 (離宮道踏切)

下り 特急〔はまかぜ3号〕 2010年11月撮影 《FHD動画切り出し》

 午後から下りの列車線が撮れるポイント。虎ロープはないものの、支柱が残っており、処理に苦しむ。
 踏切からの撮影になるが、自動車は通れないため、三脚2名+手持ち2名ぐらいなら立てる。また踏切の東側の金網の隙間からも撮れる。

1.光線:午後早めの下り列車が順光。
2.あし:須磨海浜公園駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにいくつかあり。
4.駐車:付近道路は駐車不可。コインPなどを探して停めること。特に海水浴シーズンは取締りが厳しい。

播但線 寺前-長谷 (Sカーブ南)

上り 特急〔はまかぜ2号〕 2009年9月撮影

 鉄橋を挟んだSカーブの南側は東が田んぼになっており、そこからサイドアングルの編成狙いで撮影できる。また午後は南の踏切付近からインカーブで順光撮影も可。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:寺前駅から徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:狭い道しかないが、小屋のある所に1~2台なら置けそう。

播但線 寺前-長谷 (Sカーブ北)

上り 特急〔はまかぜ2号〕 2010年10月撮影 《FHD動画切り出し》

 Sカーブの北側に鉄橋があり、小俯瞰撮影ができる。鉄橋を望遠かぶりつきで狙う人が線路脇(特にインカーブ)で立たれるというリスクもあるので注意。定員は3~4名

下り 特急〔はまかぜ3号〕 2009年9月撮影 

 また下り列車は逆光だがカーブをやってくるシーンも撮れる。こちらはその線路脇に立っての撮影。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:寺前駅から徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:歩道に片輪乗り上げる形での駐車にするか、少し北側に路側帯の広い場所がある。

播但線 寺前-長谷 (峠集落)

下り 特急〔はまかぜ1号〕 2010年10月撮影 《FHD動画切り出し》

 Sカーブの鉄橋の北側がまたSカーブの連続になっているが、ここは両方を針葉樹に囲まれて見通しが悪く線路寄りには足場もない。
 そのSカーブを抜けた所を川の対岸から俯瞰で撮影できる。ここはさらにバス停寄りの位置から為信のカーブを午後順光で狙える場所もあるが、電柱が目障りなため、こちら側のアングルのみ撮影して他の場所へ行きました。

1.光線:午後から側面のみ日が当たる、曇天の日がおすすめ。
2.あし:長谷駅から徒歩25分程度。神姫コミュニティーバス「峠」下車徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:撮影場所付近は狭い道で置けない。下の県道付近に5台程度置ける。

播但線 寺前-長谷 (為信)

下り 普通 1229D 和田山行  2009年9月撮影 

 ここは程よい直線区間を行く上り列車を撮れる場所として有名だったが、イノシシ除けの柵がかなり目障りになったため、それより南側のカーブへ移動。短編成なら撮影できる。
 ちょうど車両のバックに写っている道路が峠集落にある高台の道で、電柱が邪魔だが、午後の上り列車を順光撮影できる。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:長谷駅から徒歩25分程度。神姫コミュニティーバス「為信」下車徒歩約10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:小屋の近くに置きたくなるが、アングル内に写り込むので、少し北側の墓の下に2台ほど置ける。

播但線 長谷-生野 (下垣内踏切)

下り 特急〔はまかぜ1号〕 2010年10月撮影 2枚とも
 1.踏切北側からやや見下ろす感じで。《FHD動画切り出し》

 2.踏切南側からそそり立つ山の勢いを感じて。

 SL時代からの定番撮影ポイントだが、現在はケーブルやワイヤーが結構邪魔になっている。トンネル上からの正面俯瞰の場合もやはり横たわる電線が邪魔になるので、ここは手軽に踏切脇から撮影とした。
 カーブの南側もやはり電線や不法投棄防止のための鉄柵が邪魔になってしまうので午後の上り列車の撮影は別の場所へ移動することに。

1.光線:終日逆光。
2.あし:長谷駅から徒歩だと40分程度かかる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:軽なら道路端に2台ほど置ける。あとは東側の真名谷踏切手前に4台ほど置ける場所がある。

播但線 長谷-生野 (下市川橋梁)

下り 特急〔はまかぜ3号〕(後追い) 2009年9月撮影 

 山あいの地形を縫うように走る区間のハイライトはこの下市川鉄橋。鉄橋自体は長くはないので3両しか入らないが一度撮っておきたい場所である。川原へ下りたくなるが高いコンクリートで階段もなく、降りるのは難しいかも知れない。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:生野駅から徒歩だと50分程度かかる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。生野駅前にローソン。
4.駐車:狭い道しかなく、撮影場所付近では駐車不可。鉄橋の北側の道路が広くなっているほかに、その北側の浄水場向かいに駐車スペース&トイレもあり。

播但線 長谷-生野 (Sカーブ)

上り 特急〔はまかぜ4号〕 2009年9月撮影 

 カーブから顔を出した列車を線路脇の道路から中望遠で正面がちに狙うことができる。姫路側はすぐトンネルに突っ込むので、実質的に上り列車専用。Sカーブの直線部分がちょうど4両分で、5両目は後ろのカーブに掛かる。

1.光線:午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:生野駅から徒歩35分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。生野駅前にローソン。
4.駐車:路上駐車になるので配慮して停めること。
5.その他:寒い季節になると猿が出没します。

播但線 新井-青倉

下り 特急〔はまかぜ3号〕(後追い) 2010年10月撮影 《FHD動画切り出し》

 新井から北側は平地の中を走り、田畑の中の小さな築堤を走る。しかし線路脇の草丈が高く、スッキリ撮れる場所は意外と少ない。
 天気も悪かったので、背後の建物も邪魔になるが、線路近くで咲いていたコスモスの花を入れて撮影。場所としては参考にはなりませんが・・・

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:新井駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:近くにスーパーあり。
4.駐車:路上駐車になるので注意。

播但線 青倉-竹田 (竹田城址俯瞰)

 入山規制 
下り 特急〔はまかぜ3号〕 2010年10月撮影 《FHD動画切り出し》

上り 試運転列車 姫路行  2010年10月撮影 《FHD動画切り出し》

 竹田城址の南千畳から見下ろすと眼下に線路が見え、南側の直線と駅近くのカーブを行く列車を大俯瞰で捉えることができる。
 また雲海の名所でもあるので、晩秋の晴れた朝に登ってみてもよい。
ご存知の方も多いと思いますが、「日本のマチュピチュ」などと紹介されてから観光地化してしまい、手軽に訪問する事が難しくなり、入場料も徴収されるようになりました。

1.光線:午後にサイド側のみ日が当たる。
2.あし:竹田駅から徒歩40分程度。駐車場から徒歩約20分、駐車場から上がる「近道」は本丸への近道なので、南千畳へは逆に遠回りになる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:人気が出てからは山腹駐車場への一般車両の乗り入れは出来なくなりました。観光協会のHPを参照願います。

播但線 竹田-和田山 (小学校前)

上り 特急〔はまかぜ4号〕 2010年10月撮影 《FHD動画切り出し》

 竹田の町中を走るシーンを撮影できる。ちょうど列車が来た時に近くの小学校のガキが通って五月蝿く、ビデオ撮影はさっぱりワヤに。踏切の北側でも撮影できる。

1.光線:上り列車が午後順光。
2.あし:竹田駅から徒歩約10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:狭い道しかないので注意。

播但線 竹田-和田山 (久留引)

上り 特急〔はまかぜ4号〕 2010年10月撮影 《FHD動画切り出し》

 直線区間を行く上り列車を線路西側の道路から俯瞰撮影できる。バックに道路橋の工事が進んでおり、以前より景色は悪くなっている。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:竹田駅から徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:坂道を上がった所に3~4台置ける。

山陽本線 有年-上郡 (釜島川橋梁)

上り 団体臨時列車 485系 2010年7月撮影 

 午後に上り列車を順光で撮影できる貴重なポイント。線路が南南東から南へ向くカーブの所に鉄橋と踏切があり、踏切から望遠で奥を又は標準縦位置で鉄橋を入れて撮影できる。
 この日は赤い青春18きっぷの購入と485系団臨の撮影を兼ねて訪問。さすがに夏場は16時を回ると太陽が北側へ回る上、17時前に通過のこの列車を撮るとなると、正面は影ってしまう。
 踏切脇に2名程度しか立てないので注意。

1.光線:昼前~午後早めの上り列車が順光。
2.あし:有年駅から徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。国道2号と373号の分岐点付近にファミマ。
4.駐車:狭い道路は通行量が多く駐車不可。車の場合は国道の橋の北側あたりに置くことになる。

神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台

上り普通 1100形 2010年7月撮影

 鈴蘭台駅の南側は入庫用の線路を加えた3線区間があり、ここの真ん中を走る上り列車を順光で撮影できる。歩道が狭いため、三脚は不可。架線柱脇に2名が立てるのみ。

1.光線:夏場の早朝を除く午前の上り列車が順光。
2.あし:鈴蘭台駅から南へ徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅前にampm、ダイエーなど。
4.駐車:狭い道でバスも通るため駐車不可。駅からの途中にコインパーキングあり。

 また駅からの途中にも踏切があり、ここでは発車したばかりの列車を捉えることができる。(駅間ロケという程の場所でもないですが・・・)
上り普通 1100形 2010年7月撮影 《FHD動画切り出し》

神戸電鉄有馬線 鈴蘭台-北鈴蘭台

 環境変化 
上り 普通 5000系 2010年7月撮影

 鈴蘭台駅の北側が勾配&カーブになっており、線路西側の住宅地がさらに一段高くなっているので、ここから勾配を降りてくる列車を見下ろして撮影できる。
 ※2018年確認 ここに中継信号機が立ち、アングル取りが厳しくなりました。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:鈴蘭台駅から北へ徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅前にファミマ、ダイエー・コープなど。
4.駐車:不可、近くの公共駐車場へ停めること。

(個人DATA:初回訪問1983年12月、訪問回数3回)

神戸電鉄粟生線 鈴蘭台西口-西鈴蘭台

下り普通 6000系 2010年7月撮影 《FHD動画切り出し》

下り普通 6000系(後追い) 2010年7月撮影 《FHD動画切り出し》

 鈴蘭台西口を出た列車は下り勾配を下りはじめ、すぐ隣の西鈴蘭台へすべり込む。鈴蘭台西口駅の近くに低いガードレールの場所があり、上り・下りとも撮れる。どちらかというとビデオ向きかも?

1.光線:午前の上り列車と、午後早めの下り列車が順光。
2.あし:鈴蘭台西口駅から西へ徒歩3分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:西鈴蘭台駅周辺にスーパー3件&ローソン。
4.駐車:不可。西鈴蘭台駅近くに有料駐車場あり、そこから徒歩になる。

神戸電鉄粟生線 木幡-栄

上り普通 1100形 2010年7月撮影

 木幡駅の西側にも程よいカーブがあり、正面から望遠ぎみで撮ることができる。

1.光線:午前遅め~昼ごろの上り列車が順光。
2.あし:木幡駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:原則不可

湖西線 蓬莱-志賀

上り 特急〔雷鳥88号〕 2010年7月撮影 《FHD動画切り出し》

 琵琶湖をバックに午後の上り列車を俯瞰撮影できる場所の一つ。ほぼ直線区間で、南側から望遠で狙ったり、6連までなら真横から撮ることもできる。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:志賀駅から徒歩15分。県道脇にある砂利道付近から真横アングル、その数十m南側から望遠アングルの2ヶ所。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:県道の角地にヤマザキショプ。
4.駐車:砂利道に置けるが直ぐに移動できる体勢であること。

ページ移動



Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在約1,600ヶ所掲載中です。 ★★Yahoo!地図のリンク不具合について・・・Yahoo!地図の新バージョンの切替に伴い、古い記事での地図リンク位置が大幅にずれております。修正には時間を要しますので、あらかじめご了承願います。★★

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

新着コメント

Feed