エントリー

2017年03月の記事は以下のとおりです。

東北新幹線 郡山-福島 (福島トンネル口)

下り 3019B〔はやぶさ+こまち19号〕 秋田・新青森行 2014年4月撮影
E3系
 福島トンネルに入る手前の高架を走る姿を捉えることができ、新幹線撮影にはつきものの大きな脚立などなしに手軽に撮れる。光線は期待できないが、こまち・つばさを狙う場所として。

1.光線:ほぼ終日逆光。夏の早朝に下りが順光になるぐらいか。
2.あし:安達駅から徒歩20分ほど。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:県道114号線沿いにスーパー・コンビニあり。
4.駐車:砂利の余地に1~2台置ける。隣りにあるのは企業の駐車場。
車椅子での撮影可否:砂利道になるが、何とか撮れそう。

東北新幹線 福島-白石蔵王 (三吉神社)

下り 3019B〔はやぶさ+こまち19号〕 秋田・新青森行 2014年4月撮影
E3系
 新幹線を神社の敷地から撮影できる場所で、こまち狙いの場所として有名ですが、すぐ下を高速道路が走っているため、ビデオ撮影には厳しい場所です。

1.光線:夏場の朝の下りのみ順光。
2.あし:藤田駅から徒歩15分ほど。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:高速道路の高架下に停めるしかなさそう。

海峡線 奥津軽いまべつ-木古内 (本州側口)

上り 3016B〔はやぶさ16号〕 東京行 2016年7月撮影
青函トンネル
 青函トンネルの本州側口には小さな広場とお立ち台があり、ここからトンネルを出てきた列車を手軽に撮ることができる。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:津軽浜名駅から徒歩30分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。日によっては小さな売店が営業している。
4.駐車:無料駐車場あり。
車椅子での撮影可否:少し大回りになるがスロープで入れる
トイレあり:駐車場にあり

北陸新幹線 佐久平-上田 (上田ハープ橋)

上り 〔あさま520号〕 東京行  2014年3月撮影 

 千曲川に架かる斜長橋を渡るシーンを撮ることができる場所で、小牧橋ほどではありませんが、比較的手軽に撮れる場所です。道路が狭い割には通行量が多いので、車での訪問は停め方に注意したいところ。線路上は金網が張られているので、その脇からキャパは3名程度。下り列車の右面側から捉える場所(この場所より西側)は木が伸びてしまいました。 

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:信濃国分寺駅から徒歩約40分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:大型車が通るので路上駐車は不可。東側に1台置けるかという程度。
車椅子での撮影可否:車に注意して舗装道路から狙える。

北陸新幹線 佐久平-上田 (小牧橋)

下り 〔あさま509号〕 長野行(後追い)  2014年3月撮影 

 線路上を通る道路橋から手軽に撮れる場所で、駅からも比較的近い場所であるのと、歩道から安全に撮れるので子供でも安心して撮れると人気の場所で、並行して走るしなの鉄道の列車も併せて撮れる。なお下り列車は追い撮りとなります。 

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:信濃国分寺駅から徒歩約15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅前にセブン、国道沿いに飲食店いろいろ。
4.駐車:橋の下の緑地駐車場に停める。
車椅子での撮影可否:歩道から狙える。

信越本線 青海川-鯨波 (西鯨波俯瞰)

下り 快速〔くびき野3号〕 新潟行 2014年5月撮影 
快速くびき野
 信越本線で海を入れて撮れる最も有名な撮影地で、基本的に下り列車がきれいに撮れる場所です。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:鯨波駅から徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:近くにある空き地らしい場所はバス転回場と海水浴シーズンの有料駐車場で、夏場は路上駐車もできないので注意。
車椅子での撮影可否:舗装道路から撮れる。

(個人DATA:初回訪問1981年1月、訪問回数8回)

信越本線 北条-越後広田 (広田駅西)

下り 特急〔北越3号〕 新潟行 2015年1月撮影 《ワイド撮影》
特急北越
 撮影地という程でもないですが、大カーブを曲がってくる下り列車を狙う場所へ行ったものの、大雪で視界が悪く撮影に難しいため、線路に近い場所で撮影となりました。降雪時の非常場所として。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:越後広田駅から徒歩3分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。飲料の自販機なども無い。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。

信越本線 矢代田-古津

下り 快速〔くびき野3号〕 新潟行  2016年4月撮影 

 陸橋から手軽に列車を俯瞰撮影できる場所ですが、車の通行がそれなりにあるので注意が必要です。こちらは下り列車。 

上り 444M 普通 長岡行  2016年4月撮影 

 桜の季節には手前に入れて列車を撮ることができます。こちらは上り列車。

1.光線:朝の下り列車と、昼前からの上り列車が順光。
2.あし:古津駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:陸橋は通行量が多いので、橋の下に停めるなどして配慮すること。
(個人DATA:初回訪問2016年4月、訪問回数2回)

信越本線 田上-矢代田

上り 452M 普通 長岡行  2015年7月撮影 

 矢代田駅を出た上り列車を直線区間で手軽に撮れる場所です。最近草木が伸びてきている模様で、現在手軽に撮れるか否か不明です。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:矢代田駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

信越本線 羽生田-田上

下り 437M 普通 新潟行  2016年3月撮影 

 工業団地として造成されている土地に挟まれた田んぼの中のストレートで撮影。線路北側の造成が進んでしまうと背景に問題がでそうですが、今のところは大丈夫そうです。

1.光線:朝の下り列車と、昼前後の上り列車が順光。
2.あし:田上駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにセブン、駅内にそば屋11-17時。
4.駐車:路上駐車になるが、近隣の工場に配慮を。

信越本線 東三条-保内

下り 普通 新潟行  2016年4月撮影 

 田んぼの中の直線から緩いカーブになっており、直線・カーブのどちらでも撮影ができる。カーブで撮影の場合は鉄塔があるので、上手く処理したい。

1.光線:朝の下り列車と、昼前後の上り列車が順光。
2.あし:保内駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにセブン。
4.駐車:狭い農道のため、車の進入は注意を要する。

信越本線 東光寺-三条

上り 普通 446M 長岡行  2017年2月撮影 《4K動画切出し》 

 東光寺駅の三条側も田んぼが開けていて、こちらは北側も雑草が少ないことから、午後の上り列車の撮影に向いています。

上り 快速 8622M 糸魚川行  2016年7月撮影 

 駅の近くでも撮れたのですが、2016年8月に街路灯が設置されてしまい、遠景での撮影は苦しくなりました。線路脇では撮れます。

1.光線:午前の下り列車と午後の上り列車が順光。
2.あし:東光寺駅から徒歩約数分~15分前後。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。飲料自販機などもない。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:砂利道だが狙える。

(個人DATA:初回訪問2015年4月、訪問回数4回)

信越本線 帯織-東光寺

下り 普通 423M  新潟行  2016年5月撮影

 田んぼの中のストレートを行く列車を撮ることができ、田植えシーズンには気持ちよい水鏡も見られます。線路北側は雑草が多いので、午前中の下り列車の撮影に向いています。

1.光線:午前の下り列車と、線路北側から午後の上り列車が順光。
2.あし:東光寺駅から徒歩約15分前後。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。飲料の自販機などもない。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を、なお田植え・稲刈りシーズンは農道への乗り入れはしないこと。南側の川の土手道に停めてそこから歩きました。

(個人DATA:初回訪問2016年5月、訪問回数2回)

信越本線 押切-見附 (十二諏訪神社)

下り 普通 429M 新潟行  2017年3月撮影 《4K動画切出し》
新潟色
 長岡に近い場所で朝の下り列車をぎりぎり順光撮影できる場所で、駅から築堤を登って行く列車を田んぼの中から見上げる構図と、東側の川の土手から撮る2つの構図があります。川の東側の平原は一面雪モヤでした。

1.光線:早朝の下り列車と昼前後の上り列車が順光。
2.あし:押切駅から徒歩約20分前後。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:舗装道路から狙える。

(個人DATA:初回訪問2016年3月、訪問回数2回)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在約1,500ヶ所掲載中です。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

新着コメント

Feed