エントリー

カテゴリー「2.東 北 地 方」の検索結果は以下のとおりです。

羽越本線 小砂川-上浜 (S字南側)

下り 9871M 快速〔きらきらうえつ号〕秋田行(後追い) 2019年9月撮影《4K動画切り出し》 

 定番の海をバックに列車を入れられるS字ポイントを南側から撮れる場所。周りは草が生い茂り、あまり人が来てないようでした。
 地図上では道路があるように書かれていますが、実際は耕作放棄された畑の草をかき分けて進みます。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:2台限定で国道から入る場所があり、それ以外は大須郷バス停先の駐車帯に停めて戻ってくる形になる。
5.路線バス:羽後交通小砂川線が平日は1日6便ある。大須郷下車。
6.その他:小砂川駅のレンタサイクルは無人化で廃止。

(個人DATA:初回訪問2011年8月、訪問回数2回)

羽越本線 今川-越後寒川 (蓬莱山今川)

上り 9872M 快速〔きらきらうえつ号〕 新潟行 2019年9月撮影《4K動画切り出し》

 景勝笹川流れの北側のハイライトである、そそりたつ岩がある風景を線路西側から俯瞰撮影する名撮影地です。夕陽を浴びて美しい日本海沿いを走る列車をぜひとも収めたい。

 奥のカーブの部分と、引きで手前の直線も撮れるので、何カットも楽しめます。
 急な山肌にへばりつくようにして10人位が立てますが足元は滑りやすいので注意。軍手必須。

1.光線:午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:今川駅から徒歩20分程度。駐車場の脇に登っていく鉄っちゃん道が出来ているので、そこから登って行ける。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:8台ほど置けるが、海水浴シーズンは有料となり拡張されるが、すぐに満車になる。

羽越本線 桑川-今川 (笹川)

上り 822D 普通  村上行  2019年9月撮影

 笹川流れはいろいろな場所で撮影するポイントがありますが、ここはその名もズバリ「笹川」で、緩いS字カーブを行く列車を手軽に俯瞰撮影ができます。
 津波避難用に整備された高台からの撮影で、15人近いキャパが取れますが、道から上がっていく階段がある場所が少々分かりにくいです。

1.光線:午前遅めの上り列車が順光。
2.あし:桑川駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。桑川駅に道の駅レストランが併設されている。
4.駐車:短い鉄橋の下をくぐって、笹川に沿って山側に進むと駐車場がある。夏場は有料になる。

五能線 東能代-能代 (白山踏切)

下り 8525D 快速〔五能線クルージングトレイン5号〕 青森行 2019年8月撮影《4K動画切り出し》 

 東能代駅の西側に田んぼの脇を走る場所があり、緩いアウトカーブから直線に入る場所で撮影ができる。

1.光線:午前の上り列車と午後の下り列車が順光。
2.あし:東能代駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅にNDあり。
4.駐車:踏切の北側に入れるが、それより南側には軽トラ以外入れない。

五能線 能代-向能代

下り 2527D 普通 弘前行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 
米代川
 米代川の鉄橋を渡る列車を北側から撮ることができる。なお鉄橋の南側はトラスに隠れるので、実質こちら側のみになる。

1.光線:春夏期の朝に下り列車が順光。
2.あし:向能代から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:県道沿いにローソンあり。
4.駐車:堤防道路に停められる。
5.その他:能代駅前旅館にレンタサイクルありとのこと。

車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

五能線 沢目-東八森

下り 325D 普通 深浦行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 

 国道と並行に走る線路えお行く列車を田んぼの中から撮れる。電線などもなく、スッキリしており、農作業中でなければ手頃に撮れる場所です。

1.光線:ほぼ終日上り下り列車に順光だが、夏場の朝夕に下り列車が順光期待。
2.あし:沢目駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:あくまでも農作業がない事が前提で、国道から農道に入れる。
車椅子での撮影可否:砂利&草の生えた農道からの撮影です。

五能線 あきた白神-岩館 (小入川海側)

下り 323D 普通 深浦行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 

 小入川の鉄橋は定番の国道からのアングル以外に海側からも撮ることができ、こちらの方が順光時間帯が長く取れます。鉄橋から海を挟んで反対側の突堤から正面がちに撮りたいところですが、残念ながら立入禁止になっていたので砂浜から撮りました。

1.光線:午前遅めの上り列車と午後の下り列車が順光。
2.あし:岩館駅から徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車又は東側の砂利の広場に停める。

五能線 岩館-大間越 (国道駐車帯)

上り 326D 普通 東能代行  2016年8月撮影 

 昔からの定番ポイントだったカーブの鉄橋ですが、現在は鉄橋脇へ登りる階段が閉鎖されているため、下から見上げる形での撮影になります。国道脇の駐車帯から手軽に撮れますが、電柱の処理が難しいです。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:どちらの駅からも遠く、いずれも徒歩75分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:駐車帯が撮影地です。
車椅子での撮影可否:舗装の駐車帯からの撮影です。
(個人DATA:初回訪問1998年5月、訪問回数3回)

五能線 岩館-大間越 (岩場)

下り 326D 普通 東能代行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 
五能線
 五能線の絶景ポイントとして列車が徐行サービスをする場所で、時間があれば岩場に下りての撮影もいいでしょう。但し足場が悪く、場所によっては足を踏み外すとそのまま海にドボンなので、危険覚悟の自己責任で願います。
大間越

 こちらは同じ列車の後追い撮影で、自然の造形美を楽しめる。

1.光線:午後早めの上り列車と、夏場夕方に下り列車が順光期待。
2.あし:どちらの駅から徒歩75分程度。更に道路から下りて岩場伝いに15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:駐車帯に停められる。

(個人DATA:初回訪問2018年5月、訪問回数2回)

五能線 岩館-大間越 (影ノ浜歩道橋)

下り 326D 普通 東能代行  2016年8月撮影《4K動画切り出し》 

 大間越ロマンの里歩道橋と書かれた歩道橋から左手に海と右に列車を入れて撮影、歩道橋のスロープがそれなりに入るので妥協の産物です。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:大間越駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路東側に数台の駐車スペース。
車椅子での撮影可否:スロープ状の歩道橋からの撮影です。柵の高さは1m程度。
トイレあり:海岸にそれらしき建物はあるが、シャッターが閉まっている模様。

五能線 十二湖-陸奥岩崎 (森山踏切)

上り 8632D 快速〔リゾートしらかみ2号〕 秋田行 2016年8月撮影 

 左手に海と岩を入れて列車を撮影できる場所。別機材の準備をしている間に列車が来てしまい、十分な高さが確保できなかったのですが、脚立などがあればよいでしょう。さらに時間に余裕があれば、浜側に出て、手前に海を入れてサイドで撮りたいところです。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:十二湖駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:適当に停める。時折旅館の送迎バスなどが通るので注意。

五能線 十二湖-陸奥岩崎 (森山海岸)

下り 8621D 快速〔リゾートしらかみ1号〕青森行  2016年8月撮影 

 午前中に海をバックにしてトンネルを出てきた列車を狙える。脚立などの高い足場があれば、もっと海を画面に入れられると思います。

1.光線:夏場朝の下り列車が順光。
2.あし:川奈駅から徒歩45分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:周囲は私有地なので、駐車の際は注意を要す。

五能線 横磯-深浦

下り 321D 普通 深浦行(後追い)  2012年5月撮影 

 午前中に海をバックにしてサイドアングルで手軽に列車を狙える場所ですが、最近草木が伸びて撮りにくくなっているようです。

1.光線:午前流の上り列車が順光。
2.あし:横磯駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:国道上はバスなどの邪魔になるため駐車不可。少し離れた場所に置いて歩きになる。

五能線 深浦ー広戸 (岩場)

下り 2529D 普通 弘前行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 
五能線
 五能線撮影ポイントの大定番スポット。列車も徐行してくれるので、じっくり撮りやすい。キャパは数名。横を走る車の音が入るのでビデオ撮影には厳しい。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:深浦駅から徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:途中にマックスバリュ。
4.駐車:深浦消防署近くに空き地あり。
(個人DATA:初回訪問1987年9月、訪問回数6回)

五能線 深浦ー広戸 (広戸川)

下り 803D 普通 弘前行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 
五能線
 広戸駅を出発してS字カーブを曲がる列車をビデオ撮影するのにいい感じの場所ですが、横を走る車の音が入ります。

上り 8526D 快速〔リゾートしらかみ6号〕 秋田行  2012年5月撮影 
五能線
 少し上の地点からの俯瞰撮影も楽しめます。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。遠景なら午後遅くまで順光。
2.あし:広戸駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:国道から町道に入る脇のスペースに置ける。
(個人DATA:初回訪問2012年5月、訪問回数2回)

五能線 追良瀬-驫木

下り 8623D 快速〔リゾートしらかみ3号〕 弘前行(後追い) 2012年5月撮影 
五能線
 線路沿いの道路がだんだん高度を上げてきた場所で適当に俯瞰撮影ができます。バイパスができて車通りがほとんどなくなったので、車の音を気にせずビデオ撮りもできます。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:驫木駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので注意。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

五能線 驫木ー風合瀬

上り 2826D 普通 深浦行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 
五能線
 道路脇の駐車帯から手軽に列車を撮れるポイントで、主に上り列車向きの場所です。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:驫木駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:駐車帯脇が撮影場所です。
車椅子での撮影可否:舗装の駐車帯の端っこあたりから撮れる。
トイレあり:この駐車帯から北へ800mほどにある駐車帯にあり。

五能線 大戸瀬-千畳敷

上り 2830D 普通 深浦行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 
五能線
 千畳敷駅の西側で手頃なインカーブをしており、広角レンズを使えば大きく千畳敷を入れての撮影も可能。但し手前が道路・奥が駐車場なので、車やバス・観光客などが映り込むリスクはあります。

1.光線:午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:千畳敷駅から徒歩5分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駐車場に食事処あり。
4.駐車:無料。
車椅子での撮影可否:舗装の歩道からの撮影です。コンクリ柵の高さは1m程度。
トイレあり:駐車場にあり

五能線 千畳敷-北金ヶ沢 (榊原)

下り 2823D 普通 弘前行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 
五能線
 千畳敷の東側にある岩場から手前に海を入れて列車を撮ることができます。国道を走る車が被るリスクがあるのと、順光時間が限られます。

1.光線:春夏期の早朝に下り列車が順光。
2.あし:千畳敷駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:千畳敷駅前に食事処あり。
4.駐車:東側に駐車場あり。
車椅子での撮影可否:海を入れられないが舗装の駐車場からの撮影は可能。
トイレあり:駐車場の西側にあり
(個人DATA:初回訪問2016年8月、訪問回数2回)

五能線 陸奥柳田-陸奥赤石 (旧国道橋)

下り 2529D 普通 弘前行  2019年8月撮影《4K動画切り出し》 
五能線
 この区間は鉄橋脇の墓地からのストレートアングルが有名だが、時間帯によっては海をバックにして鉄橋を走る姿をサイドアングルで楽しめる。

1.光線:午前早めの下り列車と、昼前後の上り列車が順光。
2.あし:陸奥赤石駅から徒歩数分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:橋の赤石寄りに砂利道に数台置ける。橋上はバスも通るので停めないこと。
車椅子での撮影可否:舗装道路上からの撮影です。柵の高さは1m程度。

ページ移動



Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在約1,500ヶ所掲載中です。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

新着コメント

Feed