エントリー

カテゴリー「・京浜急行電鉄」の検索結果は以下のとおりです。

京急本線 能見台-金沢文庫 (S字)

下り 1412レ 快特 京急久里浜行 2018年12月撮影 《4K動画切り出し》

 能見台を出ると緩いS字カーブを抜けて金沢文庫に向かいます。線路の両脇が道路になっていて、手軽に撮影が出来ます。冬場の15時過ぎだったので建物の影が落ちました。また、春夏期の朝には国道側から上り列車が狙えます。

1.光線:午後の下り列車が順光。春夏期の朝は国道側から上り列車が順光。
2.あし:能見台駅から徒歩約10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺や国道沿いにいろいろ
4.駐車:高架道路の下に2台程度置ける、それ以外の路上駐車は不可。
車椅子での撮影可否:狭いながらも歩道上からの撮影ができます。

(個人DATA:初回訪問2011年12月、訪問回数2回)

京急本線 能見台-金沢文庫 (片吹俯瞰)

下り 1424SH 快特 三崎口行 2018年12月撮影 《4K動画切り出し》

 能見台の住宅地の南側に線路を見下ろせる場所があり、5両程度ですが俯瞰撮影ができます。12月の15時半頃でしたが、ギリギリ最後の日差しが車両に当たっていました。どちらかというとビデオ撮影向きでしょうか。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:金沢文庫駅から徒歩10分強。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺や国道沿いにいろいろ
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。

(個人DATA:初回訪問2011年12月、訪問回数2回)

京急本線 生麦-京急新子安 (遍照院)

下り 普通 新逗子行 旧1000形  2009年10月撮影《ワイド撮影》

 ビルとお寺の谷間を縫うように走る電車を小さな踏切から狙う。狭い踏切で建築限界一杯に幅が取られているので、身を乗り出しての撮影は厳禁。定員は2名ほど。建物や電柱の影が落ちやすく、撮影できる時間帯は短い。

1.光線:朝の上り列車と午後遅めの下り列車が順光だが、時季によって影が落ちる時間帯が左右する。
2.あし:JR・京急新子安駅から徒歩数分。 (地図)
3.食料:駅の北側にいろいろ。
4.駐車:不可。

京急本線 屏風浦-杉田

下り 普通 金沢文庫行 旧1000形  2009年10月撮影《ワイド撮影》

 駅間にある歩道橋からカーブを走ってくる列車を狙える。基本的にはお昼前後の下り列車向き。

1.光線:お昼前後の下り列車が順光。
2.あし:杉田駅から徒歩10分程度。 (地図)
3.食料:杉田駅界隈にいろいろ。
4.駐車:不可。路上駐車取締り重点地域。駅周辺のコインPに停めて歩きになる。

(個人DATA:初回訪問2009年10月、訪問回数2回)

京急本線 追浜-京急田浦 (追浜町)

下り 普通 浦賀行 2000形  2009年10月撮影《ワイド撮影》

 緩やかなカーブを描いて住宅地の中を行く列車を撮影できる。幸い柵が低いので撮影には適している。

1.光線:午後からの下り列車が順光になる。
2.あし:追浜駅から徒歩10分程度。 (地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:不可。追浜駅近くのタイムズ等に停めて歩きになる。

上り 普通 品川行 旧1000形  2009年10月撮影

ちなみに反対側へカメラを振るとこんな感じ。夏場の早朝なら光線が良いかも?

京急本線 追浜-京急田浦 (船越町)

下り 普通 浦賀行 1000形  2009年10月撮影《ワイド撮影》

 京急らしさの一つであるトンネルとカーブのある風景を行く列車を撮影したいが、ここはトンネルを出たところをアウト側から捉えることができる。建物の影が落ち易いので、なるべく日の高い夏場などが良い。

1.光線:お昼前後の下り列車が順光。
2.あし:京急田浦駅から徒歩数分。 (地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:不可。道が狭くて車の進入自体が困難。

京急本線 品川-北品川

下り 急行 羽田空港行 北総7000系  2007年3月撮影

 JRの線路を渡る鉄橋を正面から捉えるアングル。カーブの踏切脇から中望遠~望遠で狙う。
 京急の他にも相互乗入れをしている都営・京成・北総・住都などの車両を一同に撮影できる。

1.光線:午後からの下り列車が順光になる。午後遅すぎると正面は陰る。正面だけなら昼前でも撮影可。
2.あし:両駅から徒歩数分。 (地図)
3.食料:品川駅周辺に多数。
4.駐車:不可。

(個人DATA:初回訪問1981年3月、訪問回数3回)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在約1,500ヶ所掲載中です。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

新着記事

新着コメント

Feed