エントリー

カテゴリー「6.近 畿 地 方」の検索結果は以下のとおりです。

福知山線 相野-藍本 (藍本)

上り 特急〔タンゴエクスプローラー2号〕 2011年2月撮影《ワイド撮影》

 藍本駅を出てすぐに南側がカーブしており、上り列車を順光で撮影できる。カーブがきついため、編成は4両程度しか入らないが、ビデオパン撮影は可能である。
 なおこれより南側の相野側には金網や虎ロープが張ってある。

1.光線:午前中の上り列車が順光(夏場の早朝を除く)
2.あし:藍本駅から徒歩数分。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になる。

福知山線 丹波大山-下滝 (大山下)

下り 特急〔タンゴエクスプローラー1号〕 2011年2月撮影《ワイド撮影》

 篠山川沿いの渓谷を走るシーンを撮影できる定番スポット。線路が南から北に走っているため、下り列車は逆光になる。上り列車は午前中に順光になるのだが、枝木が邪魔になってしまうという何とも悩ましい所。思い切って雪の日に行ったところ、とんでもないべちゃ雪でずぶ濡れになりました。

1.光線:下り列車が終日順光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩50分ほどかかる。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
5.その他:下滝駅近くの理髪店にレンタサイクルあり。

(個人DATA:初回訪問2011年2月、訪問回数2回)

福知山線 丹波大山-下滝 (川代東)

下り 特急〔北近畿9号〕 2011年2月撮影 《ワイド撮影》

 篠山川沿いに走る区間としては、渓谷の定番スポット以外にも川の対岸から撮影できる場所があり、こちらは少し見上げる形になる。
 線路の北側からの撮影になるので、曇天時などに撮った方がよい。

1.光線:逆光位置からの撮影になる。夏の夕方に順光になるかは、北側の山の陰の落ち方次第。
2.あし:下滝駅から徒歩35分程度。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:少し東側に駐車スペースあり。
5.その他:下滝駅近くの理髪店にレンタサイクルあり。

福知山線 丹波大山-下滝 (上滝)

下り 特急〔北近畿5号〕 2011年2月撮影 《ワイド撮影》

 下滝駅の東側へ少し行った所に田んぼの中を直線で走る区間があり、線路西側からなら架線柱がなくスッキリ撮れる。

1.光線:お昼前後の上り列車が順光。下り列車は夏場の夕方に順光期待。
2.あし:下滝駅から徒歩20分前後。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:撮影地付近は駐車不可、南側の踏切付近にある竜見学者用の駐車場に止められるか?というところ。
5.その他:下滝駅近くの理髪店にレンタサイクルあり。

(個人DATA:初回訪問2011年2月、訪問回数3回)

福知山線 下滝-谷川 (大川踏切)

下り 特急〔タンゴエクスプローラー1号〕 2011年2月撮影《ワイド撮影》

 下滝-谷川間にも2~3ヵ所撮影できる場所があるが、探している間に時間が迫ってきてしまい、薄曇なのをいい事に適当な踏切で撮影。反対側にも振れるので、ビデオパン撮影もOK。

1.光線:午後遅くに下り列車が順光になる。
2.あし:谷川駅から徒歩15分ほど。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。駅前にはたこ焼き屋があるぐらい。
4.駐車:線路南側の道路に駐車となる。
5.その他:谷川駅近辺にも1ヵ所レンタサイクルあり。

紀勢本線 冷水浦-加茂郷 (冷水)

上り 普通電車 和歌山行 113系 2007年5月撮影

 午前中に和歌山行の列車を順光撮影できる希少な場所。バックに海を入れる事もできるが、長い編成は収まらない。広角レンズがあると便利。
※線路戸籍上は和歌山行は下りですが、JR西日本の運行形態の扱いが和歌山行は上り列車を名乗るため、表記もJR西日本に準じたものとします。

1.光線:午前中の和歌山行が順光。
2.あし:冷水浦駅から徒歩10分ほど (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:場所が狭く、駐車は難しいと思われる。

近鉄大阪線 安堂-河内国分 (大和川西サイド)

上り 上本町行 普通 5820系 2002年11月撮影

 大和川の鉄橋は4方向から撮影可能だが、太陽が北側へ回らない秋冬場には、こういった西側サイドアングルで斜陽を受けて光る車体&水鏡を撮るのもいかがですか?

1.光線:午後側面に日が当たる。
2.あし:河内国分駅から徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:西側の芝生地近くなら置けるかも?

山陰本線 竹野-佐津 (佐津川)

上り 特急〔はまかぜ6号〕 2010年10月撮影
 1.短い鉄橋を渡る。日没ぎりぎりで、逆光の影響は少なかった。

 2.後追い撮影。線路際の機器が少々うるさい。

 播但線内で昼間に撮影をして、日没前に上りのはまかぜ6号を撮る場所はないかと探していて時間切れとなり、佐津駅東側の短い鉄橋で撮影。
 鉄橋の南側に手すりがあることと東側の築堤も線路際の機器がうるさく、列車写真にはあまり良い場所ではなかったので、ビデオパン撮影メインで撮りました。
 なお同じ日に播但線内で撮影していた人もこの近くのトンネル上道路から撮っていたようで、写真メインならそちらの方がよいかも?

1.光線:午前中は上りが、午後は下りが順光。
2.あし:佐津駅から徒歩数分。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:駐車スペースは無いが、人通りのない川の土手道があり、そこへ1台ずつ置ける。

東海道本線 三ノ宮-元町

上り 特急〔はまかぜ4号〕 2010年11月撮影 

 三ノ宮の高架線を行く列車を撮影できる。神戸らしい風景の場所だが、電柱などが少々うるさく、列車主体で撮りたい人には不向きな場所です。
 神戸人の私としては、ここを行く181系〔はまかぜ〕は取りあえず記録しておきたいところ。4号は通常ならド逆光ですが、曇ったのが幸い、ここで撮っておきました。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:さんプラザの駐車場からの撮影となるため、駐車客以外は原則立入禁止だが、数分間程度で意中の列車を撮るだけであれば、警備員の人も見逃してくれることが多い。当然ながら三脚は不可。立ち退くよう注意された場合は素直に従うこと。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:神戸の繁華街のど真ん中です。
4.駐車:ここ自体が駐車場です。

(個人DATA:初回訪問198?年?月、訪問回数5回位)

山陽本線 須磨海浜公園-須磨 (離宮道踏切)

下り 特急〔はまかぜ3号〕 2010年11月撮影 《ワイド撮影》

 午後から下りの列車線が撮れるポイント。虎ロープはないものの、支柱が残っており、処理に苦しむ。
 踏切からの撮影になるが、自動車は通れないため、三脚2名+手持ち2名ぐらいなら立てる。また踏切の東側の金網の隙間からも撮れる。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:須磨海浜公園駅から徒歩数分。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:付近道路は駐車不可。コインPなどを探して停めること。特に海水浴シーズンは取締りが厳しい。

播但線 寺前-長谷 (Sカーブ南)

上り 特急〔はまかぜ2号〕 2009年9月撮影

 鉄橋を挟んだSカーブの南側は東が田んぼになっており、そこからサイドアングルの編成狙いで撮影できる。また午後は南の踏切付近からインカーブで順光撮影も可。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:寺前駅から徒歩25分程度。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:狭い道しかないが、小屋のある所に1~2台なら置けそう。

播但線 寺前-長谷 (Sカーブ北)

上り 特急〔はまかぜ2号〕 2010年10月撮影 《ワイド撮影》

 Sカーブの北側に鉄橋があり、小俯瞰撮影ができる。鉄橋を望遠かぶりつきで狙う人が線路脇(特にインカーブ)で立たれるというリスクもあるので注意。定員は3~4名

下り 特急〔はまかぜ3号〕 2009年9月撮影 

 また下り列車は逆光だがカーブをやってくるシーンも撮れる。こちらはその線路脇に立っての撮影。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:寺前駅から徒歩30分程度。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:歩道に片輪乗り上げる形での駐車にするか、少し北側に路側帯の広い場所がある。

播但線 寺前-長谷 (峠集落)

下り 特急〔はまかぜ1号〕 2010年10月撮影 《ワイド撮影》

 Sカーブの鉄橋の北側がまたSカーブの連続になっているが、ここは両方を針葉樹に囲まれて見通しが悪く線路寄りには足場もない。
 そのSカーブを抜けた所を川の対岸から俯瞰で撮影できる。ここはさらにバス停寄りの位置から為信のカーブを午後順光で狙える場所もあるが、電柱が目障りなため、こちら側のアングルのみ撮影して他の場所へ行きました。

1.光線:午後から側面のみ日が当たる、曇天の日がおすすめ。
2.あし:長谷駅から徒歩25分程度。神姫コミュニティーバス「峠」下車徒歩数分。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:撮影場所付近は狭い道で置けない。下の県道付近に5台程度置ける。

播但線 寺前-長谷 (為信)

下り 普通 1229D 和田山行  2009年9月撮影 

 ここは程よい直線区間を行く上り列車を撮れる場所として有名だったが、イノシシ除けの柵がかなり目障りになったため、それより南側のカーブへ移動。短編成なら撮影できる。
 ちょうど車両のバックに写っている道路が峠集落にある高台の道で、電柱が邪魔だが、午後の上り列車を順光撮影できる。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:長谷駅から徒歩25分程度。神姫コミュニティーバス「為信」下車徒歩約10分。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:小屋の近くに置きたくなるが、アングル内に写り込むので、少し北側の墓の下に2台ほど置ける。

播但線 長谷-生野 (下垣内踏切)

下り 特急〔はまかぜ1号〕 2010年10月撮影 2枚とも
 1.踏切北側からやや見下ろす感じで。《ワイド撮影》

 2.踏切南側からそそり立つ山の勢いを感じて。

 SL時代からの定番撮影ポイントだが、現在はケーブルやワイヤーが結構邪魔になっている。トンネル上からの正面俯瞰の場合もやはり横たわる電線が邪魔になるので、ここは手軽に踏切脇から撮影とした。
 カーブの南側もやはり電線や不法投棄防止のための鉄柵が邪魔になってしまうので午後の上り列車の撮影は別の場所へ移動することに。

1.光線:終日逆光。
2.あし:長谷駅から徒歩だと40分程度かかる。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:軽なら道路端に2台ほど置ける。あとは東側の真名谷踏切手前に4台ほど置ける場所がある。

播但線 長谷-生野 (下市川橋梁)

下り 特急〔はまかぜ3号〕(後追い) 2009年9月撮影 

 山あいの地形を縫うように走る区間のハイライトはこの下市川鉄橋。鉄橋自体は長くはないので3両しか入らないが一度撮っておきたい場所である。川原へ下りたくなるが高いコンクリートで階段もなく、降りるのは難しいかも知れない。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:生野駅から徒歩だと50分程度かかる。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。生野駅前にローソン。
4.駐車:狭い道しかなく、撮影場所付近では駐車不可。鉄橋の北側の道路が広くなっているほかに、その北側の浄水場向かいに駐車スペース&トイレもあり。

播但線 長谷-生野 (Sカーブ)

上り 特急〔はまかぜ4号〕 2009年9月撮影 

 カーブから顔を出した列車を線路脇の道路から中望遠で正面がちに狙うことができる。姫路側はすぐトンネルに突っ込むので、実質的に上り列車専用。Sカーブの直線部分がちょうど4両分で、5両目は後ろのカーブに掛かる。

1.光線:午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:生野駅から徒歩35分程度。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。生野駅前にローソン。
4.駐車:路上駐車になるので配慮して停めること。
5.その他:寒い季節になると猿が出没します。

播但線 新井-青倉

下り 特急〔はまかぜ3号〕(後追い) 2010年10月撮影 《ワイド撮影》

 新井から北側は平地の中を走り、田畑の中の小さな築堤を走る。しかし線路脇の草丈が高く、スッキリ撮れる場所は意外と少ない。
 天気も悪かったので、背後の建物も邪魔になるが、線路近くで咲いていたコスモスの花を入れて撮影。場所としては参考にはなりませんが・・・

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:新井駅から徒歩15分程度。 (地図)
3.食料:近くにスーパーあり。
4.駐車:路上駐車になるので注意。

播但線 青倉-竹田 (竹田城址俯瞰)

 入山規制 
下り 特急〔はまかぜ3号〕 2010年10月撮影 《ワイド撮影》

上り 試運転列車 姫路行  2010年10月撮影 《ワイド撮影》

 竹田城址の南千畳から見下ろすと眼下に線路が見え、南側の直線と駅近くのカーブを行く列車を大俯瞰で捉えることができる。
 また雲海の名所でもあるので、晩秋の晴れた朝に登ってみてもよい。
ご存知の方も多いと思いますが、「日本のマチュピチュ」などと紹介されてから観光地化してしまい、手軽に訪問する事が難しくなり、入場料も徴収されるようになりました。

1.光線:午後にサイド側のみ日が当たる。
2.あし:竹田駅から徒歩40分程度。駐車場から徒歩約20分、駐車場から上がる「近道」は本丸への近道なので、南千畳へは逆に遠回りになる。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:人気が出てからは山腹駐車場への一般車両の乗り入れは出来なくなりました。観光協会のHPを参照願います。

播但線 竹田-和田山 (小学校前)

上り 特急〔はまかぜ4号〕 2010年10月撮影 《ワイド撮影》

 竹田の町中を走るシーンを撮影できる。ちょうど列車が来た時に近くの小学校のガキが通って五月蝿く、ビデオ撮影はさっぱりワヤに。踏切の北側でも撮影できる。

1.光線:上り列車が午後順光。
2.あし:竹田駅から徒歩約10分。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:狭い道しかないので注意。

ページ移動



Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在約1,500ヶ所掲載中です。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

新着コメント

Feed