エントリー

カテゴリー「3.関 東 地 方」の検索結果は以下のとおりです。

東武佐野線 渡瀬-田島 (渡良瀬川橋梁)

上り 普通 館林行  2006年3月撮影

 佐野線のハイライト-渡良瀬川橋りょうを渡る電車を撮ることができる。この橋はかなり古く曲弦トラス・レンガ積脚と橋そのものも貴重な存在である。

1.光線:上り列車がほぼ終日順光。下り列車は後追いアングルになる。
2.あし:渡瀬駅から徒歩30分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。遠回りになるが1ヵ所セブンあり。
4.駐車:適当に置ける。

東武宇都宮線 安塚-西川田

上り 普通 栃木行 5050系 2006年12月撮影

 宇都宮市南方の田園地帯ですっきりとした写真が撮れる。この日は廃車間近の5050系の他に300系や間合い運用?の6050系などが撮れた。

1.光線:午前中の上り列車が順光。下り列車はサイド~後追いアングルになる。
2.あし:安塚駅から徒歩15分ほど、線路西側の道を北へ進むと分かりやすい。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:安塚駅の西側5分にセブン有。
4.駐車:付近は未舗装の土道のため、スタックに注意。

(個人DATA:初回訪問2006年12月、訪問回数2回)

関東鉄道常総線 黒子-大田郷

上り 普通 取手行  2008年12月撮影

 タラコ色のキハ単行を撮影。カメラを逆側に振れば、逆光ながら、木立の中を行くシーンも撮れる。

1.光線:午後の上り列車が順光になる。
2.あし:大田郷駅から徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:大田郷駅前にココストア。
4.駐車:少数台なら可。

ひたちなか海浜鉄道湊線 金上-中根

下り 普通 阿字ヶ浦行  2008年12月撮影

 のどかな田んぼの中を真っ直ぐに走り、どこからでも狙える定番ポイント。駅からもこれほど近い場所もない程お手軽な場所。

1.光線:午前中は下り列車が、午後は上り列車が順光になる。
2.あし:中根駅から徒歩3分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:付近の道路は軽トラ向けで狭く、退避場所も少ないので注意。

(個人DATA:初回訪問1997年8月、訪問回数3回)

京急本線 品川-北品川

下り 急行 羽田空港行 北総7000系  2007年3月撮影

 JRの線路を渡る鉄橋を正面から捉えるアングル。カーブの踏切脇から中望遠~望遠で狙う。
 京急の他にも相互乗入れをしている都営・京成・北総・住都などの車両を一同に撮影できる。

1.光線:午後からの下り列車が順光になる。午後遅すぎると正面は陰る。正面だけなら昼前でも撮影可。
2.あし:両駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:品川駅周辺に多数。
4.駐車:不可。

(個人DATA:初回訪問1981年3月、訪問回数5回)

京王井の頭線 浜田山-高井戸

上り 急行 渋谷行 3000系  2009年4月撮影

 この区間は高井戸駅東側で列車が下り勾配を降りてくる場所が有名だが、そこでは渋谷行きしか撮れない。この場所は両方にカメラを振れるので。両方向の列車を撮ることができる。柵をいかにかわすかがポイント。

1.光線:渋谷行は午前中。吉祥寺行は昼過ぎから順光。
2.あし:浜田山駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:浜田山駅周辺は商店街になっている。
4.駐車:軽1台ぐらいなら可。トラックなども通るので注意。

東急大井町線 自由が丘-九品仏

下り 急行 溝の口行 6000系  2009年4月撮影

 自由が丘を出て、九品仏駅手前にカーブがあるが、その間の直線区間とカーブの人道用踏切の2箇所から撮影ができる。

1.光線:下り列車のみ春夏期の午後遅くに順光。
2.あし:九品仏駅から徒歩5分。自由が丘からでも遠くない。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:周辺にいろいろ。
4.駐車:人道用踏切は一般車道を塞いだ形なので、短時間の停車なら可。直線区間の道路は駐車不可。

東急多摩川線 沼部-鵜の木

上り 普通電車 7000系  2009年4月撮影

 閑静な住宅地の中を行く短編成の列車を撮れる。駅間は直線で、柵の低い所のため、手軽に撮ることができる。

1.光線:お昼前後の下り列車が順光になるのと、春発期の夕方に上り列車が順光になる。
2.あし:両駅から徒歩5~10分。作例の場所は沼部駅に一番近いポイントで、花が邪魔な人は鵜の木寄りへ行けばすっきり撮れる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:両駅付近と撮影地の南東にコンビニあり。
4.駐車:不可。

東急東横線 自由が丘-田園調布

下り 特急 元町・中華街行 9000系  2009年4月撮影

 自由が丘を出て勾配を登る列車をアウトカーブから撮影できる。原則として午後からの下り列車専用です。

下り 021131レ 普通 元町・中華街行 2018年12月撮影 《4K動画切り出し》

 背後の駅を小さくするため、引いて撮ったものです。この位置からでもビデオパン撮影は可能です。

1.光線:昼から順光になるが、遅くなると建物の影になる。
2.あし:自由が丘駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺に多数。
4.駐車:不可。有料駐車場などに停めること。

(個人DATA:初回訪問2009年4月、訪問回数4回)

中央線 立川-日野

下り 臨時快速〔さよなら301系〕高尾行 2003年8月撮影 

 多摩川の鉄橋を渡る下り列車を撮れる場所。上り列車は足回りが隠れるので、実質下り列車専用。下り列車も足回りにケーブルが被りますが・・・。

1.光線:午前中~昼過ぎの下り列車が順光。
2.あし:日野駅から徒歩12分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:日野駅前や周辺にコンビニ他いろいろあり。
4.駐車:撮影者と住民が路上駐車をめぐって何度もトラブルになっており、住民の監視も厳しくここでの路上駐車は厳禁。駅近くの駐車場などに停めて徒歩で来ること。

中央線 高尾-相模湖 (小山神社)

下り 普通電車 2007年4月撮影

 同じ電車を後追い撮影。ロープを上手くかわしたい。

 高尾を出ると急に山の中へ入り込むのが中央線の特徴で、ここを特急から快速・普通の他に多客臨などが走る日には、さながら走る電車見本のようになる。
 踏切の北側から撮るため、列車側面は影り、光線状態としてはもう一つの場所であるが、上り列車は午前に程よいS字を正面順光で捉えられる。 

1.光線:午前中は上り列車が、午後は下り列車が正面順光。
2.あし:高尾駅から徒歩だと40分はかかる。駅前から小仏行き京王バスが出ており、裏高尾で下車。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:高尾駅前などで用意のこと。
4.駐車:ほとんど置ける場所はない。

(個人DATA:初回訪問1981年4月、訪問回数2回)

中央線 高尾-相模湖 (日影カーブ)

下り 特別快速 大月行  2007年4月撮影

上り 普通 高尾行  2007年9月撮影

 ここが東京都かと思うほどの山の中を走るシーンを撮影できる。作例の場所のほか、ここよりさらに西側の大下バス停付近の南側斜面からの下ろしアングルもある。圏央道の取り付け部が少々景色をぶち壊してきました。

1.光線:午後の下り列車が順光。上り列車は側面が影る。
2.あし:高尾駅から小仏行きバスで日影又は大下で下車し徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:高尾駅などで事前に用意のこと。
4.駐車:撮影場所の北側が切り開かれて数台置けるようになっている模様。

(個人DATA:初回訪問2007年4月、訪問回数2回)

伊東線 来宮-伊豆多賀

 確認要 
上り 普通 熱海行   1982年5月撮影

 この区間は海をバックに風光明媚な風景写真を撮れるところでしたが、その後建物などが建ったりして木が伸びたりしているので、現在でも撮れるか否かは不明です。

1.光線:午後側面のみ日が当たる。前面は終日逆光。下り列車は後追い撮影になる。
2.あし:伊豆多賀駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:駅から北東に下りた所にファミマ。
4.駐車:不明。

高崎線 熊谷-籠原

上り 急行〔能登〕上野行 2008年8月撮影

 夏場限定、早朝の北陸・能登を順光で狙う。
 大宮付近でも能登は撮れるが、順光でスッキリ撮れるとなると、熊谷付近まで足を伸ばす必要がある。
 この日は駅から徒歩15分程の所にある自遊空間に泊まりこみ、朝4時出で30程歩いてきた。8月半ばだったので、すっかり日の出が遅くなってしまった。6月~7月でないと難しい。

1.光線:朝の上り列車専用。下り列車は午後遅くに順光になる。
2.あし:籠原駅から徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:国道沿いにならいろいろお店はある。
4.駐車:線路南側に数台置けるが、アングル内に映り込み注意。
5.その他:近くに秩父鉄道の貨物線があるので、合わせて撮れる。

秩父鉄道 ふかや花園-小前田 (平坦区間)

上り 普通 羽生行(後追い)  2009年2月撮影

 この区間は小前田駅すぐ東側の勾配ヶ所と、更に東に数百mほど行った平坦ヶ所の2ヶ所があり、こちらは平坦区間の場所。

1.光線:午後の下り列車向き。
2.あし:小前田駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車できなくはないが、周囲の状況しだい。

秩父鉄道 ふかや花園-小前田 (駅東勾配)

下り 普通 三峰口行  2009年2月撮影

 駅から近くて柵もなく撮影にはもってこいの場所。駅すぐ東側の勾配ヶ所と、更に東に数百mほど行った平坦ヶ所の2ヶ所がある。

1.光線:下り列車は午後、上り列車は午前中が順光になる。
2.あし:小前田駅から徒歩8分。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので注意。平日15時頃にはパトカーも巡回。
車椅子で撮影可:道路上から撮影可

(個人DATA:初回訪問2009年2月、訪問回数2回)

秩父鉄道 白久-三峰口

下り SL急行〔パレオエクスプレス〕 2007年8月撮影

 白久駅を出て少し上り坂を登ってくるSLを入れるアングル。SLは通過だが数少ない煙の期待できる場所。

1.光線:線路の北側から撮るため、側面は影になる。短い3両編成なら線路の南側へ回って側面も順光で撮ることもできる。
2.あし:白久駅から徒歩数分。小さな人道踏切がある。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるため自粛のこと。休日は秩父線フリーきっぷがあるので電車で移動しよう。

信越線 安中-磯部 (鷺宮)

下り 臨時〔さよならEF55〕 横川行 2009年1月撮影

 イベント列車などがしばしば走る群馬県内の信越線の碓氷川鉄橋と並ぶ有名ポイント。安中駅から田んぼの中を走るため、あちこちで撮れる。
2016夏、再訪したところ、空き地の入口が鎖で閉ざされ、草ぼうぼうになっていました。

1.光線:お昼前~午後の下り列車が順光、上り列車はここより東側の踏切付近からだと早朝に順光。
2.あし:磯部駅から徒歩20分。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:県道沿いにセブン。
4.駐車:路上駐車になるので注意。
車椅子で撮影可:道路上から撮影できますが、かなり斜めのアングルになります。

上越線 越後湯沢-石打

 確認要 
下り 普通 ほくほく線経由 直江津行 1997年3月撮影 

 雪を頂いた山々をバックに湯沢方面から駆け下りてくる列車を撮るアングルで、位置的には終日逆光の場所になるので、曇りの日などが良いでしょう。
※訪問から20年以上経っており、撮影可否の確認が必要と思われます。

1.光線:下り列車は終日順光。上り列車は後追い撮影か、ここより少し湯沢方から北向きに構えれば午後順光になる。
2.あし:石打駅から徒歩10分強。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道17号沿いにセブン、ローソン有。
4.駐車:不明。

上越線 渋川-敷島

下り 臨時〔SL奥利根号〕 2008年12月撮影

 この場所は利根川鉄橋を渡る上り列車と鉄橋奥のカーブを行く下り列車の撮影ができる。

1.光線:午前中の下り列車(時季による)、午後の上り列車が順光。
2.あし:渋川駅から徒歩20分程で大正橋の西側に着く。さらに橋を渡ってT字交差点を過ぎると左に細い道があるのでそこを入る。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:大正橋の西側にセブン。
4.駐車:橋の西側は不可。橋の東側の場合は線路の北側へ回りこめば撮影地の北側の道路に10台程度停められる。南側の国道脇の運送会社の土地には絶対に停めないこと。それでも停めるバカがいて、その都度怒鳴り込んできます。

ページ移動



Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在 約1,600ヶ所掲載中です。 ★★駅ホームでの撮影場所の掲載はありません★★

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

Feed