エントリー

カテゴリー「3.関 東 地 方」の検索結果は以下のとおりです。

東北本線 尾久-赤羽 (東十条駅南)

 環境悪化 
下り 寝台特急〔カシオペア〕札幌行 2010年2月撮影 《FHD動画切出し》

 都内で東北線・湘南新宿ラインの列車を撮れる場所。道路が狭いため三脚や荷物を大きく広げての撮影は慎みたい。
※遂に撮り鉄除けの三角刃付の金網が張られてしまいました。

1.光線:午前遅めの上り列車と午後遅めの下り列車に陽が当たる。あまり遅い時間になると建物の陰になる。冬場は16時前まで。
2.あし:東十条駅から徒歩5分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:周辺にコンビニあり。
4.駐車:不可
車椅子での撮影可否道路上からの撮影可 金網が張られて不可になりました。

東北本線 尾久-赤羽 (東十条駅横)

 環境悪化 
上り 寝台特急〔カシオペア〕上野行 2010年2月撮影《FHD動画切出し》

 東十条駅の真横で、並行する道路が線路よりも高い場所にあるので、少し見下ろして撮れる。
 すぐ横に駅が写るのであまり好きではないが、この日は朝降った雪が一番残っているこの場所での撮影とした。
※遂に撮り鉄除けの三角刃付の金網が張られてしまいました。

1.光線:昼前~午後の下り列車が順光。
2.あし:東十条駅から徒歩5分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:周辺にコンビニあり。
4.駐車:不可
車椅子での撮影可否道路上からの撮影可 金網が張られて不可になりました。

東北本線 尾久-赤羽 (東十条駅北)

 環境悪化 
上り 寝台特急〔北斗星〕上野行 2010年2月撮影《FHD動画切出し》

 東十条駅近辺は線路脇のホッチキスが邪魔になるが、ここには無いので直線できれいに編成が撮れる。
 この日は曇ったのが逆に幸いして、朝の上り北斗星を撮ることができた。
※遂に撮り鉄除けの三角刃付の金網が張られてしまいました。

1.光線:午後の上り列車が順光。下り列車はほぼ終日逆光。
2.あし:東十条駅から徒歩数分。狭い道路を車が走ってくるので注意すること。 (地図)
3.食料:駅周辺にコンビニあり。
4.駐車:不可

😣 2020年2月撮影のGoogleMapでの現地の様子がこちら

東北本線 赤羽-浦和 (西川口駅北)

上り 寝台特急〔北斗星〕上野行  2010年2月撮影

 歩道橋から見下ろして撮影ができる。歩道橋の向きからして上り列車用だが、身を乗り出せば下り列車も一応撮れる。定員は10名程度。
 この日北斗星は1時間近く遅れており、陽が西側に回ってきたので当初構えていた東側から西側に移動しての撮影となった。

 

1.光線:歩道橋の東側は午前10時ごろまで、それ以降は西側から順光になるが午後2時前後から正面は影る、夏場の遅い時間は下り列車が順光になるかも。
2.あし:西川口駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:西川口駅周辺にいろいろあり。
4.駐車:不可

東北本線 東大宮-蓮田

上り 寝台特急〔北斗星〕 2008年2月撮影

 ヒガハスと言われる程ポピュラーな撮影地。上り列車に対して概ね順光でほぼ1日撮影することができる。午後からは線路の反対側に回るので、昼までで帰る人が多い。

1.光線:上り列車が朝を除きほぼ終日順光(朝は正面が影る、特に夏場は9時過ぎまでかかる)。下り列車は後追い撮影になる。
2.あし:蓮田駅から徒歩25分。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:蓮田駅前にファミマあり。
4.駐車:ここは基本的に歩いて行く場所。
5.その他:農作業の邪魔をしないこと。たまたま出くわした農家の方が撮影合間の私の前を「通っていいですか?」とかなり気の使いよう。自分の農地だから遠慮しなくてもいいのにと思うが、これは相当罵声を浴びせられてるな?と感じずにはいられなかった。

 

上り 寝台特急〔カシオペア〕 2010年9月撮影 《FHD動画切り出し》

 EF510に牽引機が変わって初めての訪問。9月に入ったら大丈夫かと思ったが、まだ前面は陰っている。正面から望遠狙いの人が多いが、この光線状態ならなるべく斜めから撮った方がベターと思われる。カシオペアの正面に日が当たるのは10月以降?

(個人DATA:初回訪問2004年8月、訪問回数6回)

東北本線 東鷲宮-栗橋 (水沢踏切)

下り 団体列車 2007年11月撮影

 ワシクリと呼ばれるヒガハスと双璧をなす定番ポイント、こちらは直線ありカーブありと幾通りものアングルで楽しめる場所。それ故に撮影者がアングル内に映り込んでしまうリスクも高く、時々罵声が飛び交う。踏切を基点に上り下り両方撮れる。

1.光線:午前中の上り列車が順光(早朝は正面が影る)。下り列車は夏場の朝に順光になる。それ以外はサイド狙いになる。
2.あし:栗橋・東鷲宮・東武鷲宮いずれの駅からも徒歩45~50分。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:線路脇の砂利道に置く者も多いが、カーブ南側からの撮影者に配慮して踏切東側の道路に置くのが良い。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

(個人DATA:初回訪問2007年4月、訪問回数5回)

東北本線 東鷲宮-栗橋 (蜜蔵寺)

 環境変化 
上り 団体臨時列車 2007年5月撮影

 東鷲宮-栗橋間は通称「ワシクリ」と呼ばれる、中川の北側一帯の田園での撮影地が定番だが、中川の南側にも撮影出来る場所がある。しかし近年、バックに線路を跨ぐ道路橋の建設が進んでおり、景色ブチ壊しとなる日も近い。

1.光線:上り列車が順光(朝は正面が影る)。下り列車は後追い気味のアングルになる。
2.あし:東鷲宮駅から徒歩25分。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:線路西側の農道はやや固めだが、東側の農道はゆるいのでぬかるんで脱出できなくなる恐れあり、その周辺は余地なし。

東北本線 東鷲宮-栗橋 (黒小屋踏切)

上り 特急〔日光84号〕 2007年5月撮影 2枚共


 佐間の陸橋の南側にも直線があり、田んぼが低いことから線路脇の側道や踏切西側から撮影ができる。上下どちらの方向にも撮影できるので便利。この日は夕方に彩野使用の特急〔日光84号〕やあずさ色189系の臨時列車など数本が撮れた。

1.光線:上り列車が順光(早朝は正面が影る)。下り列車は線路東側から夏場の早朝に順光になる。
2.あし:栗橋駅から徒歩40分前後。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:周辺の道路は狭く、西側に1台程置ける場所がある程度。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

(個人DATA:初回訪問2007年5月、訪問回数4回)

東北本線 東鷲宮-栗橋 (佐間陸橋北)

上り 寝台特急〔北斗星〕 上野行  2010年3月撮影

 直線区間を行くシーンを撮影できる。アングルは (1)陸橋からの俯瞰、(2)踏切跡からの正面狙い、(3)サイド狙い の3通りがあり、俯瞰と正面狙いでは長い望遠レンズが必要となる。
 ビデオ撮りをする場合は、こちらのサイド狙いが適切だが、夏場は雑草が伸び放題で足回りが隠れてしまうので撮影には不適な上、線路脇の道路を時々人や自転車が通るので、被らない事を祈るのみ。

1.光線:上り列車が順光(朝は正面が影る)。
2.あし:栗橋駅から徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:陸橋下付近に少数台。

東北本線 片岡-矢板 (片岡運動場)

上り 寝台特急〔北斗星〕 2010年1月撮影 《FHD動画切り出し》

 那須連山をバックに入れて築堤を走る列車をバッチリ撮れる場所だったが、その後鉄塔などが増えて背景がうるさくなってきたようです。

1.光線:午前中早めの上り列車が順光。
2.あし:片岡駅から徒歩20分程度。片岡運動場北側にある砂利道の踏切付近。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:矢板インター近くにファミマ。
4.駐車:踏切へ通じる砂利道は駐車禁止のため乗り入れ自体しないこと。地元住民による監視あり。

総武本線 四街道-物井

上り 特急〔成田エクスプレス〕 大宮・横浜行 2009年4月撮影

 物井駅の四街道側でも撮影できる。こちらは下り列車により陽が当たる時間が長い。

1.光線:午前早めの下り列車が順光。上り列車は昼過ぎから順光になる。
2.あし:物井駅から徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:近くにミニストップ。
4.駐車:横の道路は意外と通行量があるため、配慮して停めること。大型車が通る場合は動かす必要のある場合もあり。

(個人DATA:初回訪問2009年4月、訪問回数3回)

総武本線 物井-佐倉 (寺前踏切)

 環境変化  
上り 特急〔しおさい12号〕 東京行 2004年12月撮影

 物井駅のすぐ東側の直線は北西側に田んぼが広がり、夕方近くの上り列車を順光撮影できる。私が訪れた冬場はちょっと厳しかった。
※2011/01現在、この踏切は廃止され、前後は金網に覆われており、この写真の位置からは撮影できない模様です。

1.光線:冬場を除き午後遅い時間の上り列車が順光。
2.あし:物井駅から徒歩すぐ。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:不可。

総武本線 物井-佐倉 (山野越踏切)

下り 特急〔しおさい1号〕 銚子行 2004年4月撮影

上り 普通 千葉行 113系 2004年4月撮影

 人気の亀崎踏切付近はカーブしているが、こちらは直線から緩やかなカーブに入る箇所で、私はこちらの方が好みの場所である。但し線路脇が小道になっており、散歩の人や最近増えた撮影者が入り込むリスクが増えたので最近は訪れていません。

1.光線:上り列車がほぼ終日順光。夏場の朝の下り列車も一部日が当たる。
2.あし:物井駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:線路付近は道が狭く、しかもアングル内に映り込むので、少し離れた所を見つけて停めること。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可 

(個人DATA:初回訪問1981年3月、訪問回数7回)

総武本線 物井-佐倉 (亀崎踏切)

上り 試運転列車 2009年10月撮影 《FHD動画切り出し》

 田んぼが一面に広がり、程よくカーブしているので、比較的狙いやすいとして人気の場所。踏切の佐倉寄りから望遠で撮る人が多いが、せっかくのカーブなので物井側からアウトカーブ仰角気味の迫力撮影しました。

1.光線:上り列車がほぼ終日順光。夏場の朝の下り列車も一部日が当たる。
2.あし:物井駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:線路付近は道が狭く、しかもアングル内に映り込むので、少し離れた所を見つけて停めること。
車椅子での撮影可否:立ち位置のよっては道路上からの撮影可 

(個人DATA:初回訪問1998年3月、訪問回数3回)

成田線 酒々井-成田 (酒々井駅東)

 草木伸々 
下り 特急〔成田エクスプレス3号〕 2009年10月撮影 《FHD動画切り出し》

 酒々井駅の東側がカーブになっており、柵がなく比較的すっきり撮れる。また夏場なら朝の下り列車も順光で撮れる。
その後、草が伸びているようで、撮影に向かない可能性があります。更に成田寄りの場所には金網が設置されました。

1.光線:上り列車が昼過ぎまで順光。夏場の朝なら下り列車も順光になる。
2.あし:酒々井駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:酒々井駅前にコンビニあり。
4.駐車:停めるとアングル内に写りこんでしまうので不可。駅前にタイムズ有。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

高崎線 北鴻巣-吹上 (第一前砂踏切)

上り 急行〔能登〕上野行  2009年8月撮影 《FHD動画切り出し》

 ここも高崎線で朝の上り列車を順光で撮れる場所の一つ。畑の中のカーブでうまい具合にちょうど9両分が入る。
 この日は8月下旬で日の出ギリギリだったので下草が暗いのに対し、ボンネットの鼻先にうっすらと光が当たって、いい感じの写真になりました。

1.光線:朝の上り列車が順光。下り列車は後追いになる。
2.あし:北鴻巣駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにコンビニ、スーパーあり。
4.駐車:1~2台なら可。
5.その他:国道17号線「袋」交差点から高崎方へ徒歩5分程の所にコミックバスターがあり、ここで仮眠して朝4時起きで出撃しました。
車椅子での撮影可否:立ち位置によっては撮影可

高崎線 吹上-行田

下り 貨物 2071レ富山(貨)行 2009年8月撮影 《FHD動画切り出し》

 高崎線内でカーブで撮影できる所の一つ。アウトカーブから狙うと編成で写る両数は少ないが、機関車を目立たせる貨物列車の撮影には向いている。

1.光線:午前中の上り列車と午後の下り列車が順光。
2.あし:行田駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道17号沿いにいろいろ。
4.駐車:踏切の南側に踏切からは100m位離して止める。

上り 貨物 4070レ川崎(貨)行 2009年8月撮影 《FHD動画切り出し》

 踏切の行田方が直線になっており、午前中に順光になる。ロープもそううるさくはない。
車椅子での撮影可否:カーブの部分を道路上からの撮影可

東武伊勢崎線 姫宮-東武動物公園 (姫宮)

 環境変化 
上り 特急〔りょうもう24号〕 浅草行  2008年2月撮影

 都心から最も近い田園風景が撮れる場所。宅地化が進み始めたので、今のうちに存分撮影しておきたい。

上り 1011T 各停  中目黒行  2019年1月撮影
 
 ※鉄橋側板が太くなって線路側に寄ったため、編成の後ろが写りにくくなりました。2019.1現地確認

1.光線:上り列車が昼ごろから順光。
2.あし:姫宮駅から徒歩20分。午前中は更に北へ10分程歩いた踏切付近で順光撮影可。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:姫宮駅西口に食品スーパー、東口にパン屋あり。
4.駐車:狭い農道で時々車も通るため、撮影場所での駐車は不可。少し離れた場所に停めることになる。

(個人DATA:初回訪問2008年2月、訪問回数3回)

東武伊勢崎線 姫宮-東武動物公園 (中島)

 環境変化 
上り 特急〔しもつけ282号〕 浅草行  2008年8月撮影

 姫宮-東武動物公園間で田んぼの中から撮れる場所。宅地化造成が迫ってきているので今のうちに存分撮影しておきたい。

 
上り 1022S 各停 中目黒行  2019年1月撮影

 ※宅地化が進み、背景は完全に住宅で、位置によってはワイヤーの処理に苦労します。2019.1現地確認

1.光線:朝の上り列車が順光。
2.あし:姫宮駅から徒歩30分。(Y!地図) (goo地図) 
3.食料:姫宮駅西口に食料スーパー、県道にローソンあり。
4.駐車:不可。踏切のある道路は交通量も多い。

(個人DATA:初回訪問2008年8月、訪問回数3回)

東武日光線 栗橋-新古河 (田んぼ)

下り 臨時快速 東武日光行(後追い) 2007年4月撮影

 比較的手軽に北関東らしい田園風景を楽しめる場所。この日は朝からワシクリでJRを撮影した後、1時間ほど歩いてここまで来てお目当ての列車を撮影しました。
 下りの臨時快速を順光+水鏡で撮るには、この後追い位置が適当。

1.光線:午前中の上り列車が順光。下り列車は後追い気味のアングルになる。
2.あし:栗橋駅から徒歩25分。道路から線路寄りに入った畑の端っこ。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:適当に停めるが、道路から離れるので、駐禁取締りなどには注意。

ページ移動



Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在 約1,600ヶ所掲載中です。 ★★駅ホームでの撮影場所の掲載はありません★★

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

Feed