エントリー

カテゴリー「1.北 海 道 地 方」の検索結果は以下のとおりです。

室蘭本線 小幌-礼文 (田んぼ)

下り 団体臨時列車 2010年6月撮影 《FHD動画切り出し》

 線路沿いに田んぼが広がり、その後ろを直線で南北に線路が通っている。南へ向いて走ってくる下り列車が狙い目。
 この日は晴天にもかかわらず、強風で横殴りの海霧が吹いて、田んぼの畦にぶつかって舞い上がるなど、モヤは掛かるわ水鏡にはならないわで終了。
 水鏡期待のローアングル位置だったため、足回りが見切れています。

1.光線:午後早めの下り列車が順光。
2.あし:礼文駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:1台置ける、あとは路上駐車となる。

室蘭本線 礼文-大岸 (礼文第一道路踏切)

下り 特急〔北斗11号〕 2010年6月撮影 《FHD動画切り出し》

 礼文駅の南側にある踏切より撮影。下り通過列車は一番奥の線路を走る。15時近くなるとさすがに正面は影になりました。

1.光線:お昼前後の下り列車が順光。
2.あし:礼文駅から徒歩4分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:2台程度置ける

室蘭本線 礼文-大岸 (展望台)

上り 団体臨時列車 2010年6月撮影 《FHD動画切り出し》

 大岸の海岸に1か所飛び出たような茶津崎という岩があり、そこに展望台が整備された。展望台からは東側を見ることができ、また展望台へ登る階段からは西側の景色を見ることができる。

1.光線:下り列車は西側から午前中に、上り列車は展望台からお昼前後に順光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:駐車場&トイレあり。

室蘭本線 洞爺-有珠

下り 寝台特急〔トワイライトエクスプレス〕 2010年6月撮影 《FHD動画切り出し》

 海側を走る室蘭本線の中で、珍しく山の中を走る場所で、程よくS字に曲がった線路を俯瞰撮影できる。
 S字部分の望遠狙いの他に、広角でアウトカーブ俯瞰の角度もあるので、カメラ複数台で楽しみたい。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:有珠駅から徒歩25分程度。有珠駅より2つめの踏切脇の道を登って行くと逆トの字があり、左へ入り更に左へ進むと木立の下に数名が立てる場所がある。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:有珠駅前国道のサンクスは閉店、事前に用意のこと。
4.駐車:細い砂利道のみ、止め方には配慮すること。1~2台しか置けない。

室蘭本線 北舟岡-稀府

下り 寝台特急〔北斗星〕 2010年6月撮影 《FHD動画切り出し》

 噴火湾沿いに走る室蘭本線のうち、海をバックに順光で撮影できる場所の一つ。畑の端に立たせてもらうが、良アングルの収容人数は3~4名と厳しい。

1.光線:朝の下り列車が順光、上り列車は後追いになる。
2.あし:北舟岡駅から徒歩約20分。踏切脇から畑に上がり畑の端を北舟岡側へ歩く。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:踏切脇に3台置ける。

室蘭本線 本輪西-東室蘭 (直線)

下り 貨物 5271レ  2010年6月撮影 《FHD動画切り出し》

 本輪西駅の東側に踏切があり、その東側が短い直線になっている。ここは線路沿いの道路との間に柵がないため、道路から撮影ができる。背景が工場や倉庫と少し残念ですが、工業地帯室蘭らしい風景かも知れません。

1.光線:お昼前後の下り列車と午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:本輪西駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:途中の国道北側にセイコーマート。
4.駐車:奥のガス会社への車の出入りへ配慮した形で路上に止められる。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

道南いさりび鉄道 渡島当別-釜谷 (Sカーブ)

下り 寝台特急〔北斗星〕 2010年6月撮影 《FHD動画切り出し》

 Sカーブを曲がってくる列車を捉える。左側の背景には青い海が広がるのだが、この日は北斗星通過の20分位前から曇りだして残念な結果に。また函館側へカメラを向ければ上り列車も撮れる。
 既に先客がいたので、架線柱がかぶる位置でしか置けず。10名程の立てる場所があるが、ベスト位置で構えられるのは2名程度しかない。

1.光線:午前中の下り列車と午後の上り列車が順光。
2.あし:渡島当別駅から30分程歩くと右上へ上がる道路があり、そこを上がった踏切から線路脇の畑を函館側へ200m程戻る。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:踏切付近に3台。

根室本線 新得-十勝清水

下り 特急〔スーパーとかち1号〕 2009年6月撮影

 新得駅から十勝清水駅の間は線路と国道が並行して走り、何ヶ所かの踏切があるので、適当によい場所を見つけて撮影。線路西側の方が開けているので、昼過ぎに撮るのがベターかも。

1.光線:下り列車がほぼ終日順光(太陽が北側に回る夏場の朝夕を除く)。
2.あし:新得駅から徒歩なら50分程かかる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:踏切西側に2台ほどのスペースあり。

根室本線 落合-新得 (新得山北側)

 確認要 
上り 特急〔とかち6号〕 札幌行  2009年6月撮影

 新得山の北側にペンケシントク川があり、その鉄橋および東側の大築堤を行く列車を撮影できる。大築堤へは保線用の階段を登り、階段の最上部辺りから撮影。敷地に余裕がないため、さらに線路側には入らないこと。
なお現在この場所に上がれるか否かは不明です。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:新得駅から徒歩だと50分程かかる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:築堤の下に2台ほど置ける。

根室本線 落合-新得 (パンケシントク)

 確認要 
上り 特急〔スーパーおおぞら2号〕 2009年6月撮影

 新得山トンネルを出た列車はカーブを曲がって西新得信号場へ向かう。高速化のためカントがかなり付いており、振り子ならではの車体が傾いた写真が撮れる。列車はかなり飛ばして来るため、犬走りより3m以上離れること。三脚高1.8m以上・脚立要。
※北側の鉄橋側からの小道が生きていればアクセス可能ですが、南側の道は私有地で建物もできているようなので、北側から入れなければ立入不可となります。 

1.光線:午前中の上り列車が順光。正面が影るが下り列車も撮れる。
2.あし:新得駅から徒歩だと1時間半近くかかる。パンケシントク川の鉄橋の手前に左側へ上がる保線用の道があり、そこを上がった所。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:2~3台置ける。

同じ場所から下り列車を撮影するとこんな感じ。こちら側は電柱がちょっと邪魔になる。
下り 特急〔スーパーおおぞら1号〕 2009年6月撮影

根室本線 落合-新得 (西新得信号場)

上り 特急〔とかち2号〕 札幌行  2009年6月撮影

 西新得信号場は車でアプローチ可能でスペースもあることから、午前の上り列車を中心に撮影ができる。6月の朝一の特急とあってか、太陽がまだ北側から当たっていたので、正面は影になっています。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:新得駅から徒歩だと1時間近くかかる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:新得町内で事前に用意のこと。
4.駐車:2~3台置ける。保線作業車などが来た場合はのけること。

根室本線 落合-新得 (増田山)

上り 特急〔スーパーおおぞら〕 2008年7月撮影

 増田山の頂上からの大俯瞰アングル。駅からも遠く熊も出る場合あり。冬に凍死した撮影者もいるらしく、基本的には冬季以外に車で行く場所。

1.光線:終日ほぼ逆光。下り列車は後追いアングルになる。
2.あし:新得駅から徒歩だと3時間近くかかる。 (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:山頂に数台置ける。営林署の監視があるので注意。
5.その他:熊情報がある時は行かぬこと。現地で出くわした場合は牧場づたいに逃げ、熊の興味を人よりも牛へ向けるようにと現地の人に教わった。

(個人DATA:初回訪問1982年8月、訪問回数2回)

石勝線 南千歳-追分 (開拓通り踏切)

上り 特急〔とかち6号〕 札幌行  2009年8月撮影

 追分駅の南側は約2キロにわたって室蘭本線と並行して走る。その途中に踏切があり、そこから上り列車を撮影することができる。踏切東側からの撮影は木が伸びてしまいできない。

1.光線:午後早めの上り列車が順光。下り列車は終日逆光。
2.あし:追分駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅から道道沿いにセイコーマート。
4.駐車:路上駐車となるので注意。踏切から少し西側に行った辺りか、道道の東側など。
車椅子での撮影可否:歩道上からの撮影可

石勝線 南千歳-追分 (交差鉄橋)

下り 特急〔スーパーおおぞら7号〕 釧路行  2009年8月撮影

 追分駅の南側で石勝線が室蘭本線をオーバークロスする地点。緩やかな築堤のカーブを全速で走ってくる列車は迫力そのもの。
 実際には鉄橋南側へ行きたがったが、駅から既に45分程歩いており、南側へ回る時間がなくここで撮影。カメラを北へ向けると標識柱や低木が邪魔で上り列車の撮影には向かない。

1.光線:下り列車は終日逆光。上り列車は午後から順光。
2.あし:追分駅から徒歩45分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:追分市街にセイコーマート。
4.駐車:あまり置ける場所はない感じ。

石勝線 南千歳-追分 (駒里)

下り 特急〔とかち3号〕 帯広行  2009年6月撮影

 南千歳から石勝線に入るといきなり牧場の中を走り、北海道らしさを感じることのできる場所。線路を越える陸橋が2ヶ所あり、陸橋からの下ろし撮影となる。運が良いと、飛行機とコラボできるかも?
 南側に電柱があって邪魔なため、正面がちのアングルとなるので、北海道らしさを出すには工夫が必要。

1.光線:午前中の下り列車と午後の上り列車が順光。
2.あし:南千歳駅から4km近くあり歩くと1時間はかかる。路線バスは1日3本走っている。「東駒里」下車。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:2台程度置けるが、西側の陸橋はトラックがよく通るので邪魔しないよう注意。
5.路線バスは あつまバスを参照

千歳線 北広島-上野幌 (西の里踏切)

上り 特急〔北斗4号〕 函館行  2009年6月撮影

 西の里信号所の西側に踏切があり、その脇から撮影。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:どちらの駅からも遠い。国道にJRバスが1時間に2~3本あり、西の里交差点付近のバス停(椴山か?)下車でここから徒歩20分程度。途中から砂利道になる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:2台程度停められる。

千歳線 恵庭-恵み野 (カーブ)

下り 特急〔とかち6号〕 札幌行  2009年8月撮影

 恵庭-恵み野間は途中で線路が大きくカーブしており、障害物もなくスッキリ撮ることができる。

1.光線:昼前~昼過ぎの上り列車が順光、夏場を中心に15時頃から下り列車が順光になる。
2.あし:恵み野駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:恵み野駅前にヨーカ堂、付近にセイコーマート。
4.駐車:一応停められるが、住宅地のため停め方には配慮を。

上り 特急〔スーパー北斗16号〕 函館行  2009年8月撮影

 同じ位置から上り列車を撮影。アウトカーブできれいに映る。15時を回っていたので正面は陰っています。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

千歳線 植苗-美々

下り 急行〔はまなす〕札幌行 2009年6月撮影

 千歳線は植苗駅付近から線路は真北に向かい、その後北西に進路を取る。
 この真北に向かっての直線区間は線路脇が少し高い土道になっており、そこから撮影できる。夏場の朝のブルトレなどが狙い目だが、太陽が上手く当たってくれるか運まかせ。
 この日も明け方の雲に邪魔されて日は当たらなかった、撮影を終えて帰り始めた頃に、お約束通り太陽が顔を出した。まっ、そんなもんさ。と諦める心が必要です。

1.光線:下り列車は夏場の早朝のみ、上り列車は日中に順光。
2.あし:作例場所までは植苗駅から徒歩で40分程かかるが、その手前でも撮れる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:植苗駅近くには何もないので事前に用意のこと。
4.駐車:作例近くの踏切脇に2台ほどスペースがあり、そこから数分歩く。無理に土道へ乗り入れない方がよい。

室蘭本線 長万部-静狩 (国道俯瞰)

下り 特急〔トワイライトエクスプレス〕 2009年8月撮影 《FHD動画切り出し》

 室蘭本線非電化区間の定番ポイント。国道36号の陸橋手前からの俯瞰撮影ができる。
 国道は余地がなく、大型トラックが頻繁に通るので、三脚は道路の外側に立て、撮影の際も後ろの道路に注意すること。国道上の駐停車はもちろん厳禁。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:静狩駅から徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:長万部などで事前に用意のこと。
4.駐車:国道上は不可。国道南側の地方道の道路上なら停められる。

富良野線 千代ヶ丘-北美瑛

下り 快速〔狩勝〕 帯広行  2009年6月撮影

 平地の直線を気持ち良く飛ばしてくる列車を撮影。

1.光線:午前中の早い時間帯に下り列車が順光。
2.あし:北美瑛駅から徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:砂利道が広くなっている場所に2~3台置ける。

ページ移動



Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在 約1,600ヶ所掲載中です。 ★★駅ホームでの撮影場所の掲載はありません★★

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

Feed