エントリー

2017年09月の記事は以下のとおりです。

八戸線 鮫-陸奥白浜 (鮫角岬)

上り 442D 普通 八戸行 2015年8月撮影

 八戸線の最初のハイライト、鮫角付近を北側から写す場所で、手軽に登って撮れるが、手前の道路を行く車が多いと少々目触りな感じです。反対側を向くと長玉でS字カーブを行く姿も撮れなくもない。

1.光線:ほぼ終日逆光。
2.あし:鮫駅から徒歩30分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:3台ほど置ける。
5.路線バスは日中は観光遊覧100円バスがある他に、シーガルビューホテル行で小舟戸下車でも利用できる。

八戸線 八戸-長苗代

下り 423D 普通 久慈行 2017年9月撮影 

 八戸線の中で唯一広々と田んぼが広がる区間。また並行して貨物線も通っているので、貨物列車も併せて撮ることもできる。夏場は草が伸びて足回りが隠れやすい。

 

1.光線:午前中の下り列車と午後の上り列車が順光、夏場の夕方は北側から順光。
2.あし:長苗代駅から徒歩10分前後。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにローソン2軒。
4.駐車:砂利道に停められるが、農作業車に配慮を。
車椅子での撮影可否:砂利道からの撮影で、長苗代駅は階段しかなく、鉄道でのアクセスは不可。

(個人DATA:初回訪問2016年9月、訪問回数2回)

大湊線 有戸-吹越

p>上り 普通 野辺地行 2015年8月撮影

 大湊線で唯一海岸沿いを行く場所で撮影できる区間、天気が良ければすごくいい感じなのですが、鉄道で車で合わせて5回ほど大湊線に行ってますが、一度も晴れたことがありません。いかにも本州最果ての路線という感じではありますが。
 直線望遠の他に、手前でカーブをするので、アウトカーブアングルも撮れます。徒歩だと非常に遠いのが難点。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:両駅のほぼ中間で吹越駅から徒歩80分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路から入った所に数台置ける。

大井川鉄道本線 抜里-川根温泉笹間渡 (茶畑)

上り SL〔かわね路号〕 新金谷行 2017年7月撮影 《4K動画切り出し》

 茶畑を行く列車をストレートで狙う場所で、駅から割と近い場所です。大井川のSL列車はほとんどの場所で煙を吐かないので、編成写真っぽい感じになります。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:抜里駅から徒歩5分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:細い農道しかなく駐車不可、鉄道+歩きで来ること。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

大井川鉄道本線 抜里-川根温泉笹間渡 (鉄橋)

下り SL〔トーマス&ジェームス号〕 千頭行 2015年12月撮影

 大井川鉄道で一番人が集まる撮影地で、道の駅があるため、一般人の撮影者も多くSLを見送る。線形からして下り列車はほぼ終日逆光になるのと、東側はケーブルが張っているので精細写真には向いていない。 この条件下でなるべくケーブルが目立たないように撮影を。

上り SL〔トーマス&ジェームス号〕 新金谷行 2015年12月撮影

 午後の上り列車が順光となる鉄橋西側は川原の中間地点まで入ると比較的編成で撮れ易いが、人気列車の場合は土手付近に撮影者が沢山写るのでカットするしかない。 

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:川根温泉笹間渡駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:道の駅にいくつかある。
4.駐車:無料駐車場あり。
車椅子での撮影可否:駐車場からの撮影になる。
トイレあり:道の駅を利用

大井川鉄道本線 青部-崎平

下り SL〔トーマス号〕 千頭行 2017年7月撮影 《4K動画切り出し》

 南北に走る大井川本線の中で、この鉄橋だけ東西に掛かっているため、下り列車を順光で捉える機会を得やすい穴場。
 この日は残念ながら、というかこの夏はロクに晴れる日が無かったですが、その分撮影者もまばらでのんびり撮れました。
 橋をサイドから入れる構図と線路際からあまり鉄橋を入れずに正面がちに撮る場所があり、正面がちの場所は望遠厨で賑わっていました。

1.光線:午前中の下り列車が順光。午後順光で撮るには反対側から川原に下りる。
2.あし:崎平駅から徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:川の土手に数台停められる。

大井川鉄道本線 崎平-千頭

上り SL〔ジェームス号〕 新金谷行 2017年7月撮影 《4K動画切り出し》

 千頭駅を出た上り列車が最初に渡る鉄橋で、さまざまな角度から撮ることが出来る。下り列車は反対側の橋の上から狙える。なお鉄橋の西側はケーブルが張ってあるので、精細な写真を撮る人には不向きです。

1.光線:朝の下り列車と午後の上り列車が順光。
2.あし:千頭駅から徒歩15~20分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:本川根中学近くから川原に下りられる。

羽越本線 今川-越後寒川 (脇川大橋)

上り 831D 普通 酒田行 2017年8月撮影 《4K動画切り出し》

 こちらは有名な国道橋から写せる定番スポット。 夕方近くの列車をサイドで狙えます。夏場であれば下り列車が順光に撮れることもあります。
 国道は海側に歩道があるので、線路側には余地がなく、横を車がガンガン通るので三脚は立てられません。

1.光線:午後遅めの列車がサイドから順光。
2.あし:越後寒川駅から徒歩25分。橋の南側にはバス停がある(1日2往復) (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:橋の北側に数台ほどのスペースあり。
トイレあり:橋の北側にあり

羽越本線 間島-越後早川 (仲雲寺)

上り 822D 普通 村上行 2017年8月撮影 《4K動画切り出し》

 日本海を見ながらやってくる上り列車を少し俯瞰気味に狙うことができる。 手前の畑に害鳥避けのネットが張ってあったので、それを避けるのに苦労しました。収穫期以外なら外されているかも知れません。下り列車は北側の田んぼからサイド気味か、この場所からの追い撮りになります。道路から山側に入った草道にキャパ数名。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:間島駅から徒歩10分。お寺の東側の道。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:舗装道路からでも撮影できる。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在 約1,600ヶ所掲載中です。 ★★駅ホームでの撮影場所の掲載はありません★★

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

Feed