エントリー

カテゴリー「石北本線」の検索結果は以下のとおりです。

石北本線 上川-白滝 (上川東町)

上り 74D 特急〔オホーツク4号〕 札幌行 2012年9月撮影

 上川の市街地のはずれの方にあるカーブで撮影、ここからだと建物が写らないので、山合い感が得られます。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:上川駅から徒歩20分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅近くにセイコマ。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。

石北本線 相内-東相内 (美園跨線橋)

下り 臨貨 8071レ  北見行 2012年9月撮影

 国道の陸橋から手軽に列車を撮影することができる。歩道もあるので安全に撮影ができます。背後にある建物の処理が難しい。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩30分。国道を走るバスも利用できる(西17号線下車)。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:相内側にコンビニあり。
4.駐車:歩道に乗り上げての停車になる。

石北本線 生田原-西留辺蘂 (150KP北側)

下り 臨貨 8071レ  北見行 2012年9月撮影

 有名な150KPの北側にある下り列車を写すポイントです。南側と違って草丈が高いので、辿り着くのが少々大変でした。草をかき分けてごそごそ進んでいると、先客の撮影者が鈴を鳴らしてくれた(熊払いの鈴?)ので容易く着けましたが、誰も居ない場合は少々迷うかも知れません。
 プッシュプル運転の後ろの機関車まで入れて撮りたかったのですが、木に隠れて後ろ側の機関車は入りませんでした。大望遠で出てきた所を撮るのもありですね。
 その後木が更に伸びている可能性があります。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:旧金華駅から徒歩30分程で線路へ上がる小道があり、そこからさらに山肌を登り小1時間かかる。また留辺蘂駅近くから林道を9kmほど通ってくるルートもあり、こちらの方が歩く距離は短い。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:留辺蘂の街で事前に用意のこと。
4.駐車:金華側には駐車場が、林道経由の場合は路上駐車になる。

石北本線 瀬戸瀬-遠軽 (救世橋)

下り 71D 特急〔オホーツク1号〕 網走行 2012年9月撮影

 湧別川に架かる鉄橋を行く列車を、並行する国道の橋から手軽に撮影することができる。北東向きに走るため、前面はほぼ影になるが、緑深き山合の川を行く風景を撮る場所として。
 歩道は鉄橋とは反対側にあるので車道からの撮影になるので注意。

1.光線:午前中に再度側のみ順光。
2.あし:瀬戸瀬駅から徒歩20分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:南側に大きな無料駐車場あり、短時間なら橋の北側に1台程度置くスペースあり、または歩道に乗り上げての停車になる。

石北本線 瀬戸瀬-遠軽 (43号線踏切)

下り 臨貨 8071レ  北見行 2012年9月撮影

 遠軽の街に入って平坦な区間を走る列車を撮ることが出来る。線路周りの草丈が高いのでアングル的には苦しいが、どうしても撮っておきたい列車の撮影場所として。通信ケーブルが被るので線路に近付いて望遠で撮る形になります。

1.光線:夏場の朝の下り列車が順光。
2.あし:遠軽駅から徒歩60分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:街の中心部にいろいろ。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。

石北本線 白滝-丸瀬布 (白滝発祥の地)

下り 臨貨 8071レ  北見行 2012年9月撮影

 白滝発祥の記念碑の裏側から湧別川沿いにカーブを描く列車を俯瞰撮影できる。南側が山になっているので、季節によっては日当たりが悪いこともあります。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:白滝・丸瀬布どちらの駅からも徒歩2時間半。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:丸瀬布駅近くにセイコマ、レストランあり。
4.駐車:数台止められる駐車帯あり。

石北本線 上川-白滝 (上白滝跨線橋)

下り 臨貨 8071レ  北見行 2012年9月撮影

 国道の陸橋から手軽に列車を撮影することができる。遠軽側には歩道があるが、上川側には歩道がないので通行する車に注意。無料の高速道路ができてからはほとんど車の通行はなくなっているようです。直線の奥にカーブの鉄橋があり、望遠で狙うのもよいでしょう。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:白滝駅から徒歩50分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:白滝の街には何もない。
4.駐車:歩道に乗り上げての停車になる。

石北本線 生田原-西留辺蘂 (150kp南側)

上り SL 常紋号試運転 2009年6月撮影

 常紋峠の金華側で、大きくカーブする下り列車と、金華から登ってくる上り列車を撮る2アングルと、更に横からも撮れる場所もあるが、こちらは金華側から登ってくる上り列車を写す場所で、有名な下り列車を写す場所とは徒歩で数分ほど離れている。

1.光線:夏場の午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:旧金華駅から徒歩30分程で線路へ上がる小道があり、そこからさらに山肌を登り小1時間かかる。また留辺蘂駅近くから林道を9kmほど通ってくるルートもあり、こちらの方が歩く距離は短い。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料等:留辺蘂などで事前に用意のこと。国道沿いにコンビニあり。
4.駐車:少数台なら置けるが、SL運転時は旧金華駅近くに駐車場が用意され、そこからの歩きとなる。
5.その他:2008年秋には熊の出没で警察も出動し、SL通過30分前で撮影者が退去を余儀なくされたとのこと。

石北本線 生田原-西留辺蘂 (146kp)

下り SL 常紋号試運転 2009年6月撮影

 蒸気機関車時代からの難所、常紋峠に挑む183系気動車や季節運転のDD51貨物列車の撮影で人気が再燃している。最近はさらにSL常紋号の運転で脚光を浴びている。望遠で奥のS字カーブと広角で手前のカーブを狙う2アングルあるが、奥のS字を狙えるのは10名程度。

1.光線:季節にもよるが、奥のS字カーブは昼前、手前のカーブは昼過ぎに順光になる。15時頃までにほとんど影る。
2.あし:生田原駅から徒歩2時間。踏切から20分程度で左下に下りられそうな鉄ちゃん道がある。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:生田原駅近くにセイコーマート。
4.駐車:撮影地点近くに数台置けるが、SL運転時は4km手前の舗装道路終点で自動車進入禁止となり、1時間かけて歩きとなる。
5.その他:携帯圏外。熊除けグッズを持参のこと。

下り 臨貨8071レ  北見行 2012年9月撮影

 その後再訪したら、撮影場所付近の木が30本程度切り倒されていて、撮り易くはなりましたが、撮影の為に木を切り倒したのだったら考え物ですな。その後の状況は不明です。
(個人DATA:初回訪問2009年6月、訪問回数2回)

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


Utility

概 要

全国の鉄道撮影地を現在 約1,700ヶ所掲載中です。 ★★駅ホームでの撮影場所の掲載はありません★★

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

押していただけると励みになります。

モバイル用QRコード

スマホで見る時にご利用下さい。

新着コメント

Re:南海高野線 林間田園都市-御幸辻
2022/12/01 from 蓑城透
Re:京成本線 関屋-堀切菖蒲園
2022/04/30 from 六甲1号(管理人)
Re:京成本線 関屋-堀切菖蒲園
2022/04/29 from ユッキー
Re:室蘭本線 洞爺-有珠
2022/03/12 from 北海道大好き!
Re:日豊本線 東別府-西大分 (田ノ浦)
2022/01/20 from yama

Feed