Entry

東海道本線 三河大塚-三河三谷 (星越俯瞰)

下り 回送列車 名古屋方面行 2013年10月撮影

 東海道線で数少ない海を見ながら走る区間で、大きく俯瞰をして撮影ができるポイントでしたが、最近は海側に大きなマンションが建ってしまい、海を入れての撮影が難しくなってきたため、純粋に望遠で列車編成狙いに興じる人が多くなっています。
 そのため、ベストの立ち位置も変わっており、この写真のように線路寄りの位置ではなく、南側に10mほど離れた位置がベストの立ち位置となっています。この日は既に10人ほどがスタンバってたにも関わらず、通過20分前に到着した私が、昔の一番良位置で撮影できました。風景を入れずに望遠で編成撮影するために、ここへ来るとか馬鹿じゃね?と思ったのは私だけのようでした。

1.光線:午後の下りが順光。上り列車は後追い撮影になる。
2.あし:両駅からどちらも徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:三河三谷駅近くコンビニ、王将・すき家など。
4.駐車:教会の駐車場には原則停めないこと。「関係者以外立入禁止」と書いた札も貼られている。車は道路に数台停められるスペースがあります。特に土休日など教会で行事のある日は注意。でも地元三河ナンバーの撮り鉄たちは平気で車を駐車場内に停めてましたが。
車椅子での撮影可否:教会の駐車場内からの撮影可

(個人DATA:初回訪問2011年11月、訪問回数3回)

東海道新幹線 三河安城-名古屋 (猿渡川)

上り こだま号 東京行 2003年9月撮影

 愛知県内で新幹線を撮る場所はあまりないのですが、数少ない地平で撮れる場所として訪問してみました。
 場所的にはお昼前後の上り向きですが、この日は引退間近の100系を狙うため、半逆光の条件でトライ。
 撮影当時から10年以上経っているため、現在の状況は不明です。

1.光線:昼前後の上りが順光。下り列車は後追い撮影になる。
2.あし:野田新町駅から徒歩20分程度。当時は東刈谷駅から25分程歩きました。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:東刈谷駅側にコンビニ・スーパーなど。
4.駐車:道路上に停めるので配慮のこと。

久大本線 豊後三芳-豊後中川

上り 団体専用列車〔ななつ星in九州〕 博多行 2013年10月撮影

 玖珠川を渡る鉄橋の中でも最も直線で広くスパンを取れる場所で、客車時代からの有名な撮影場所ですが、今回運行を開始したななつ星in九州は機関車を入れて8両編成なので、さすがに全編成までは入りきれません。
 6両がギリギリかつかつってところでしょうか?

1.光線:午後遅めの上り列車が順光(秋~冬場は正面に回らない可能性)。下り列車は後追い撮影になる。
2.あし:豊後三芳駅から徒歩45分。又は日田バス「金場」バス停下車すぐ。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:日田駅周辺などで事前に用意のこと。
4.駐車:原則禁止だが、実際には3~4台置ける。
5.その他:国道を走るバスは本数が少ないので、他に日田駅前からレンタサイクルも利用でき、30分ほどで着ける。

日南線 油津-大堂津 (俯瞰)

下り 特急〔海幸山幸〕 南郷行 2013年8月撮影

 海岸線を行く列車を猪崎鼻より俯瞰で撮影できる定番アングル。夏場は線路脇の草が伸びるのと、撮影場所も草が伸びて立ち入りにも困るほどの状況なので、冬場に行くのが良いでしょう。
 最初は天皇陛下も訪れた展望台の方へ行ったところ、木が邪魔で全く撮れず、その後キャンプ場へ回り、6号歩道など上るもやはり撮れず、更に進んで作業棟という場所の脇に開いた場所を発見。油津の発車時刻ギリギリでした。

1.光線:昼前後の下り列車が順光。上り列車は後追い撮影になる。
2.あし:大堂津駅から徒歩30分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:創作和食の店あり。
4.駐車:無料駐車場から徒歩10分。
5.その他:国道を走るバスも利用できる。宮崎交通「猪崎鼻荘」下車。

近くにトイレあり 駐車場にあり

 なお駐車場付近から南側を見ると街を一望でき、大堂津-南郷間の鉄橋を見る事もできます。列車は逆光になりますが。

日南線 油津-大堂津 (海岸)

下り 普通 1935D 志布志行  2013年8月撮影

上り 回送列車 油津行  2013年8月撮影

 海岸を行く列車を手軽に撮影できる定番スポットで、カメラを左へ振れば鉄橋を渡るシーンも撮影ができ、ビデオパン撮影にも好適な場所。
 撮影場所は砂浜へ降りて撮影をするか、堤防の上から撮影するかの2つで、写真のアングルは堤防上から撮影したものです。一応自己責任で。

1.光線:下り列車が午後の早めに順光。上り列車は後追い撮影になる。
2.あし:大堂津駅から徒歩30分弱。猪崎鼻の俯瞰場所からだと20分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。ジュース自販機あり。
4.駐車:少数台なら置ける。
5.その他:国道を走るバスも利用できる。宮崎交通「猪崎鼻荘」下車。

根室本線 島ノ下-富良野 (ワインハウス)

下り 臨時特急〔ラベンダーエクスプレス〕富良野行 2013年7月撮影

 富良野の象徴~ワインハウスをバックに走る列車を撮れた場所ですが、背後の木が成長したため、直線区間での撮影は難しくなりました。一応滝川寄りの場所にワインハウスとラベンダー畑を背後にしてキハ40単行ならギリギリ入る場所はあります。
 以前は踏切の東側でも撮れましたが、こちらはかなり草木が生長して撮りにくくなっています。

1.光線:午前中の下り、午後の上り列車が順光になる。
2.あし:富良野駅から徒歩15分程。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:歩道上からの撮影可

(個人DATA:初回訪問1998年7月、訪問回数2回)

札沼線 太平-百合が原

上り 普通 1568M 札幌行 2013年7月撮影

下り 普通 577M 医療大行(後追い) 2013年7月撮影

 この区間は中間で大きくカーブしているため、カーブを利用した形でいろいろとアングルが楽しめます。気動車は来なくなりましたが、希少な735系が入る事も多いので、3連の単独編成を撮ることもできます。

下り 普通 571M 医療大行(後追い) 2013年7月撮影

 こちらは少し東側の畑のカーブで撮影。篠路までの間では唯一開けた場所です。

1.光線:春~夏期の朝に下り列車が、他は昼前後に上り列車が順光になる。
2.あし:どちらの駅からも徒歩10分前後。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:篠路通を南に行くと何軒か飲食店あり。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。

函館本線 小樽築港-朝里

上り 快速〔エアポート151号〕 小樽行 2013年7月撮影

 函館本線の海岸沿いを行く列車を撮影できるポイントの1つで、夏場に順光撮影ができる。
 アングルは2つあり、手前のカーブを走る列車を中望遠で撮るのと、300mm程度の望遠で奥の直線を撮る方法がある。

 場所は東小樽の海水浴場なので、海水浴シーズンは混む上、望遠レンズでジロジロ砂浜を写してるとお巡りさんがやって来るかも?

1.光線:夏場15~17時の上り列車が順光になる。
2.あし:小樽築港駅から国道を東へ徒歩20分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅の西側が巨大ショッピングセンター。
4.駐車:通常は簡単に置けるが、海水浴シーズンは停められない場合もあり。

函館本線 朝里-銭函 (銭函海岸)

下り 普通 2151M 旭川行 2013年7月撮影

 銭函の海岸を行く下り列車を撮影できる。主に夏場の朝に順光になる。この2151Mは711系で小樽→旭川を走り通す列車で、乗ってよし撮ってよしの列車です。
 なお撮影場所は、海から打ち上げられたゴミがかなり漂着しており、アングル内になるべく映り込まないよう配慮が必要です。

上り 普通 136M 小樽行(後追い) 2013年7月撮影

 こちらは線路脇の人道から撮影。
 海岸へ出るまでは線路脇の犬走りを歩くことになりますが、地元の漁業小屋の出入りの為に歩く事が黙認されているので、歩くことは問題ないですが、踏切が鳴ったら出来るだけ早めに横に避け、下り列車の撮影は危険なのでしないで下さい。

1.光線:夏場の朝の下り列車が順光。
2.あし:銭函駅から線路づたいに細い人道を徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅の東側にローソン。
4.駐車:車でのアプローチは不可。踏切近くの路駐は漁民による監視があります。

(個人DATA:初回訪問1990年8月、訪問回数2回)

函館本線 札幌-苗穂 (歩道橋)

下り 寝台特急〔トワイライトエクスプレス〕 札幌行 2013年7月撮影

 よく苗穂駅の西側にある歩道橋から撮られている写真を見かけるので行ってみました。残念ながら大きな架線柱が中央に1つと、千歳線の線路には小さな架線柱が幾つも立ち並んでおり、あまり良い場所には思えません。
 加えて歩道橋の階段が狭い割には自転車で通る人が多く、三脚は不可、通るたびに邪魔者扱いされます。時間が無い時の非常時の撮影場所的な感じでしょうか?
 また歩道橋の北側からは苗穂工場の留置線が一望できるので、こちらに興味がある人は訪れるのもいいかも?

1.光線:函館本線上り・千歳線下り列車が午後順光になる。
2.あし:苗穂駅から徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:少し離れた所にコンビニ2軒。
4.駐車:わざわざ車で来る程の場所でもないかと。

山陽電鉄本線 須磨浦公園-山陽塩屋

下り 直通特急 山陽姫路行き 5000系 2013年6月撮影

 山陽電車と海を入れて撮影できる場所はあまりなく、その中でも駅から徒歩で割と簡単に行ける場所がここ。住宅のすぐ前の狭い道からの撮影で、良位置は1名のみ。
 後ろの国道2号を走る大型車などが被る場合があり。また、国道の歩道から山陽本線の列車を撮ることもできる。

1.光線:夏場の午後限定で下り列車が順光になる。
2.あし:塩屋駅から徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺に小さな店はある。
4.駐車:不可。
車椅子での撮影可否:柵の高さギリギリになる

阪神電鉄本線 香枦園-打出

上り 普通 阪神梅田行 5000系 2011年9月撮影

下り 直特 山陽姫路行 5000系 2013年6月撮影

 高架工事が進む阪神本線の中でも、ほぼ手付かずで残っているのが芦屋市内の区間で、震災後も大きく街並みに変化がなく、住宅街を行く列車を撮影できます。
 夏場の夕方近くには下り列車が順光になるが、家の影が伸びるので17時頃までが限界か。
 なお、この場所をはじめ、阪神電鉄の線路は建築限界ギリギリに線路を通している感があり、撮影時に身を乗り出したりすると非常に危険で、他の鉄道で慣れている感覚でいると思わぬ事故になるので注意。
 
1.光線:午前中の上り列車が順光、下り列車は夏場の夕方に順光になる。
2.あし:打出駅から徒歩数分ほど  (Y!地図) (goo地図) 
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:少し北側にコインP有。

(個人DATA:初回訪問2011年9月、訪問回数2回)

阪神なんば線 福-伝法

下り 快急 三宮行き 1000系 2013年6月撮影

 淀川の鉄橋を渡るシーンを撮れる、西大阪線の淀川鉄橋は低い位置にあり、トラス部分が中央だけのため、両端は割とすっきりしている。川の両側からと南側に並行する道路の橋上のどこからでもOK。西側は10両編成でもトラスに掛からず入ります。

1.光線:午前中は東行きが、午後は西行きが順光。
2.あし:福側は駅から徒歩10分、伝法側は駅から徒歩5分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:福駅南西側にファミマ。
4.駐車:踏切のある道路は狭いため駐車不可。
車椅子での撮影可否:橋上から可能、通行する自転車に注意

(個人DATA:初回訪問2007年11月、訪問回数3回)

しなの鉄道 古間-黒姫 (穂波)

上り 臨時快速〔信越線125周年号〕 長野行 2013年5月撮影

 古間駅の北側にも手軽に撮影できる田んぼがある。今回は夕方の上り列車なので、正面は影るが、側面に夕陽が当たって美しい写真を期待したが、夕立雲がやってきて太陽を隠してしまいました。

1.光線:上り列車が午前遅めに順光。下り列車は後追いかサイドアングルになる。
2.あし:古間駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。

しなの鉄道 古間-黒姫 (国道俯瞰)

上り 普通〔妙高6号〕 長野行 2012年2月撮影

下り 臨時快速〔信越線125周年号〕 直江津行(後追い) 2013年5月撮影

 黒姫山をバックに列車を撮れる・・・はずの、昔からの定番中の定番ポイント。田植えの時季なら下の田んぼに降りて水鏡写真も期待できる。
 1回目の訪問時は山は残念ながら雪雲に隠れてしまいました。

1.光線:上り列車が午前中順光。下り列車は後追いかサイドアングルになる。
2.あし:黒姫駅から徒歩30分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅前にスーパー。撮影地の南東10分程にセブン。
4.駐車:10台程度(積雪時は2台)なら置ける。

(個人DATA:初回訪問2012年2月、訪問回数4回)

信越本線 脇野田-南高田

 廃止区間 
上り 臨時快速〔信越線125周年号〕 長野行 2013年5月撮影


 駅から手軽に歩いて行ける田んぼの中での撮影場所。北陸新幹線の駅がここで開業するので、開業後は変化があるかも知れません。
 列車は夏場の午後だったため、正面が影り、直江津側の先頭車に日が当たっていました。
現在は新幹線の駅へ寄るために線路が西側へ迂回しており、この場所は廃止されています。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。夏場の午後遅くに下り列車が順光になる。
2.あし:脇野田駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:県道沿いにセブン。
4.駐車:少数台なら置ける。

山陽本線 須磨-塩屋 (鉢伏山上)

下り 回送 117系 2013年6月撮影

 美しい須磨の海岸を見ながら走る列車を山からの大俯瞰で捉える場所。夏場の午後に下り列車が順光になる。
 前回9月に来た時は17時ごろに山影になって75列車は撃沈したので、日の長さに余裕のある6月で再トライ。その貨物75レの通過前に117系原色車の回送が通ったのでラッキーでした。
 基本的にアングルは固定なので下り列車専用となる。キャパは数名が限度。
 また、ここには世界に1つしかない「カーレーター」という乗り物があるので、訪問のついでにぜひ乗っておきたい。

1.光線:夏場の16時~17時の下り列車が順光。
2.あし:須磨浦ロープウェイ鉢伏山上駅から直ぐの展望台。ロープウェイは夏場は18時まで運行するが、それ以外は早く終わるので注意。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:山上からリフトで更に登った回転展望台に喫茶室がある。
4.駐車:須磨浦公園駅前の駐車場等に止める。
近くにトイレあり:すぐ近く

(個人DATA:初回訪問2011年9月、訪問回数2回)

山陽本線 上郡-三石 (別名)

下り 団体臨時列車 2013年6月撮影

 築堤上を走る下り列車をスッキリと撮影できた名所でしたが、カーブ区間が下草で撮りづらくなったため、道路を挟んで南側の直線からほぼ固定アングルになるものの、8両以下なら撮影が可能です。線路脇近くに電柱が立っているため、8両以上の編成の場合は編成を電柱に大きく切られる格好になります。

下り 団体臨時列車 1997年5月撮影

 昔のカーブ築堤上の様子。この頃はスッキリと撮影できで長めの編成でも余裕でした。現在はかなり線路脇の草木が伸びています。
 JR東海の機関車がJR東日本の客車を牽いて、JR西日本の岡山エリアまで入るとか、今なら狂乱大パニック物の列車ですが、この日は数名が居た程度でした。

1.光線:午前遅めの下り列車が順光。上り列車は午前中サイドに日が当たる。
2.あし:上郡駅から徒歩1時間程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:少し離れた場所に停める。
車椅子での撮影可否:歩道上から撮影可

(個人DATA:初回訪問1997年5月、訪問回数2回)

近鉄名古屋線 伊勢朝日-川越富洲原 (東芝バック)

下り 松阪行 急行 5200系 2013年5月撮影

 伊勢朝日駅の南側が直線になっており、編成写真などにちょうどよい感じ。踏切脇に駐車場が出来ており、その北側は麦畑になっていました。

1.光線:下り列車がほぼ終日順光。夏場の早朝なら上り列車も光線良。
2.あし:伊勢朝日駅から徒歩数分。踏切脇の砂利駐車場の端から。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにローソン
4.駐車:月極駐車場なので駐車は不可。線路西側の道路に路駐となる。

近鉄名古屋線 伊勢朝日-川越富洲原 (田んぼ)

下り 中川方面 団体列車 20000系 2013年5月撮影

 駅からの途中の踏切を境に南側が田んぼになっているので、田植えの時期には水鏡が期待出来る。水鏡写真を撮る位置の場合、後ろの線路脇に草があり、長い編成写真を撮るには少々邪魔になる。
 また南側は高架道路があるので、上り列車の撮影は後追い撮影となる。

1.光線:午前遅めの下り列車が順光
2.あし:伊勢朝日駅から徒歩10分程度。JR朝日からでも15分程。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いに王将・モスなど。
4.駐車:幅の狭い農道のため不可。県道からの抜け道なので、時々車の通行があり、大型三脚や荷物を大きく広げての撮影はできない。
車椅子での撮影可否:車の通行に注意して道路上からの撮影可

エントリーページ移動



Utility

概 要

新プログラムに移行しました。これまでと同様にご利用いただけます。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/13 from 六甲1号(管理人)
Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/12 from 吉田聡一郎
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from 六甲1号(管理人)
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from あきちゃん
Re:近鉄奈良線 富雄-学園前
2013/04/24 from 六甲1号(管理人)

Feed