Entry

三江線 式敷-信木

上り 421D 普通 三次行 2017年6月撮影 《4K動画切出し》
三江線
 式敷駅の東側に広がる田んぼで撮影、稲の成長期から収穫期までの間は電気柵が張られるので、それ以外の期間で撮影可、この日は夏場だったので北側に回ってみましたが、正面のみ日が当たりました。 信木界隈の対岸の国道からも写せますが、意外と電線が邪魔になります。

1.光線:午前中の上り列車と午後の下り列車が順光。
2.あし:式敷駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:踏切の北側に3台ほど停めるスペースあり。
(個人DATA:初回訪問2017年6月、訪問回数2回)

三江線 粟屋-尾関山 (第一可愛川橋梁)

上り 422D 普通 浜田行 2017年6月撮影 《4K動画切出し》
三江線
 三次市内で最も有名なポイントが尾関山をバックに江の川を渡るポイントです。歩道から安全に俯瞰撮影ができますが、背後の国道を大型車がけっこう通るので、ビデオ撮りには厳しい場所。また駐車スペースもありません。向かいの骨董品店に停めないこと。
 また寒暖の差が大きい朝は霧でしばらく見えなくなります。
 広島県内の江の川の橋梁には「第○可愛川」の呼称が付けられています。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:尾関山駅から徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:駐車スペースはほとんど無い、大型車が通るので国道には路上駐車厳禁。
車椅子での撮影可否:歩道は舗装されています。
(個人DATA:初回訪問2017年6月、訪問回数2回)

三江線 尾関山-三次 (馬洗川)

上り 427D 普通 三次行 2017年9月撮影 
三江線
 三次市街で大きな鉄橋を渡る姿を捉えられるのがこの馬洗川の鉄橋です。南側は国道事務所の建物や木に隠れて写らないので、実質鉄橋側のみ撮影でします。。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:三次駅から 徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:市街地にいくつか。
4.駐車:路上駐車になるので注意、堤防道路には停められないので、だいぶ手前に置くことになる。
車椅子での撮影可否:堤防道路は舗装されています。

天神大牟田線 大保-西鉄小郡 (7号踏切)

下り A123 特急 大牟田行 2017年4月撮影 《4K動画切出し》
西鉄8000系
 この辺りは駅から比較的近くて、線路脇の柵も低いため、手軽に列車を撮れる場所です。実際に撮ったのは地図にある踏切より20mほど北側になります。12時台後半に撮ったのですが、まだ完全に側面に日が当たっていませんでした。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:西鉄・甘木鉄道小郡駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:近くにセブン。
4.駐車:それなりに通行量が多いので路上駐車不可。
車椅子での撮影可否:舗装道路から撮影できるが、交通量が多いので注意。

桜島線 西九条-安治川口 (春日出住宅街)

上り 1402E 普通 天王寺行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》
103系
 この区間には撮影者が群がる「墓地通踏切」がありますが、なんでそこまでして群がりたいのか不思議ですが、私はその踏切の東側150mほど行った場所でフェンスオーバーで撮影。朽ちた脚立の骨組みがあったのでそこへ登って綺麗に撮れました。住宅街なので背景がゴチャゴチャしてるのは仕方ありません。

下り 2475E 普通 桜島行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》
103系
 夕方の下り列車は線路歩挟んで北側から狙うことができますが、こちら側は脚立持参が必要ですが、何も持たずにふらっと行っても、2ヶ所限定で境界石に乗って撮れます。但し、線路脇の草が少々うるさいのが難点です。冬場は側面まで順光になるかは分かりません。

1.光線:午前中の上り列車と午後遅めの下り列車が順光。
2.あし:安治川口駅から徒歩15分。阪神千鳥橋駅からの方が近い。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:余地なし、駐車は不可。

桜島線 西九条-安治川口 (住友化学踏切)

上り 2506E 普通 天王寺行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》
103系
 安治川口駅からしばらくは高い金網や垣根に被われて、脚立を以ってしても撮影が難しい環境です、そんな中、上り列車限定で踏切からかろうじて狙えました。多分キャパは1名。

103系
 引きの映像だとこういう感じになります。サイドは北西側になるので夏場の夕方なら車体に夕陽が反射してエロキラリが期待できるかも?
 踏切の東側なら脚立を立てて下り列車を狙えます。

1.光線:奥のカーブで朝の上り列車が順光。
2.あし:安治川口駅から徒歩8分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:余地なし、路上駐車は不可。駅北東側にコインPあり。

大阪環状線 大阪城公園-京橋 (第二寝屋川)

環状内回り 回1325レ 回送 2017年9月撮影 《4K動画切出し》
103系
 大阪城をバックに環状線の電車をサイドから撮る城東線区間の定番ポイントです。車両自体は4両程度しか入りませんが、大阪を代表する風景が展開します。朝が狙い目。

1.光線:午前早めの列車がサイド順光。
2.あし:大阪城公園駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:余地なし、駐車不可。
車椅子での撮影可否:歩道からの撮影です。

大阪環状線 西九条-弁天町 (安治川左岸)

環状外回り 2356レ 普通 天王寺行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》
103系
 大阪ベイ・ブルースが聞こえてきそうな安治川河口付近の鉄橋を渡る、環状線を象徴するシーンですが、残念ながら鉄橋がトラス+フレートガーターなので足回りが隠れてしまいます。あくまでも大阪らしい風景を行く列車を撮る風景写真としての場所です。堤防の上に登っての撮影もできますが、くれぐれも転落しないように。

1.光線:朝の上り列車が順光。
2.あし:弁天町駅から徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。

大阪環状線 弁天町-大正 (尻無川右岸)

環状外回り 1334レ 普通 天王寺行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》
103系
 大阪ドームを入れて午後に光線が良い場所です。残念ながら103系は昼間は運用に入らないので、夜明け前を狙って行きましたが、意外と日の上りが早くド逆光になったので、トラスで太陽を隠して撮影して+1.0段補正したものの、それでも明暗差が大きいものになってしまいました。
 道路から梯子を登って狭い堤防上から撮るので、運動神経の鈍い人は転落死の危険性があるのでやめときましょう。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:大正駅から徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:余地なし、路上駐車は不可。

大阪環状線 弁天町-大正 (尻無川左岸)

環状内回り 1363レ 普通 天王寺行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》

 大阪ドームが見える鉄橋を行く列車の撮影ができますが、列車はトラスに隠れるので、ドームを入れずに奥を望遠で撮り、余裕があればズームを引いてドームを入れた姿で撮るのがいいでしょう。狭い堤防の階段を登った所で、キャパは2名程度、岸壁は私有地になっていて、立ち入りは出来ません。

1.光線:午前遅めの下り列車が順光。
2.あし:大正駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:余地なし、駐車不可。

大阪環状線 大正-芦原橋

環状内回り 1343レ 普通 天王寺行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》
103系
 川の街~大阪の環状線での最後の場所が木津川のトラス鉄橋で、北東側からの撮影ができます。南東側は私有地になっていて入れないので、ここからのみ入れます。

1.光線:夏場の朝の下り列車が順光。
2.あし:大正駅から徒歩8分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:周辺にいろいろ。
4.駐車:早朝や休日なら路上駐車もできそう。

大阪環状線 新今宮-天王寺

環状内回り 1325レ 普通 天王寺行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》

 通天閣や天王寺公園を入れた大阪を代表する景色の中を行く電車を撮れます。架線柱や道路上の街路灯が写りこんだりして少々目障りなのですが、写真よりはビデオで撮ればそんなに目障り感なく見られます。場所柄、ビルの影が落ちるので、関西線の列車の順光撮影は難しいです。

1.光線:午前中の環状内回り列車が順光。
2.あし:天王寺駅から徒歩1分。ペデストリアンデッキからの俯瞰。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:周辺にいろいろ。
4.駐車:地下有料車場あり。
車椅子での撮影可否:歩道橋にエレベータあり

八戸線 八戸-長苗代

下り 423D 普通 久慈行 2017年9月撮影 

 八戸線の中で唯一広々と田んぼが広がる区間。また並行して貨物線も通っているので、貨物列車も併せて撮ることもできる。夏場は草が伸びて足回りが隠れやすい。

1.光線:午前中の下り列車と午後の上り列車が順光、夏場の夕方は北側から順光。
2.あし:長苗代駅から徒歩10分前後。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにローソン2軒。
4.駐車:砂利道に停められるが、農作業車に配慮を。
車椅子での撮影可否:砂利道からの撮影で、長苗代駅は階段しかなく、鉄道でのアクセスは不可。

(個人DATA:初回訪問2016年9月、訪問回数2回)

八戸線 鮫-陸奥白浜 (鮫角岬)

上り 442D 普通 八戸行 2015年8月撮影

 八戸線の最初のハイライト、鮫角付近を北側から写す場所で、手軽に登って撮れるが、手前の道路を行く車が多いと少々目触りな感じです。反対側を向くと長玉でS字カーブを行く姿も撮れなくもない。

1.光線:ほぼ終日逆光。
2.あし:鮫駅から徒歩30分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:3台ほど置ける。
5.路線バスは日中は観光遊覧100円バスがある他に、シーガルビューホテル行で小舟戸下車でも利用できる。

八戸線 鮫-陸奥白浜 (鮫角灯台)

上り 団体列車 TOHOKU EMOTION 八戸行 2016年9月撮影

 種崎海岸を見下ろす灯台から午後の列車をサイド順光で撮ることが出来ます。また灯台内部の開放日にはてっぺんまで登って、上からのアングルも楽しめます。灯台内の螺旋階段は幅が極狭なのでデブは不可。灯台開放日は夏休みの他に4~10月の土休日。

上り 446D 普通 八戸行 2016年9月撮影

 灯台に入れない日は敷地端の壁から見下ろして撮ることができます。

1.光線:午前中の下り列車と午後の上り列車が順光。
2.あし:鮫駅から徒歩30分。ビューホテルバス停から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:ビューホテルの向かい側の無料駐車場が利用できる。

八戸線 鮫-陸奥白浜 (葦毛崎展望台)

上り 424D 普通 八戸行(後追い) 2017年9月撮影

 八戸線の絶景ポイントとして名高い葦毛崎展望台は、一般観光客も多数訪れる観光名所となっています。展望台から眺めると手前の岩が画面を塞ぐので、少し降りた所から撮ります。光線的にも道路を走る車が写るのを避けるためにも、朝が勝負。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:鮫駅から徒歩40分。100円バス「うみねこ号」が日中走っており、展望台前バス停下車すぐ。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:小さなカフェーが1軒。
4.駐車:無料駐車場です。
トイレあり:駐車場にあり

(個人DATA:初回訪問2016年9月、訪問回数2回)

八戸線 宿戸-陸中八木 (海岸)

下り 425D 普通 久慈行 2017年9月撮影 《4K動画切り出し》

 八戸線が再び海沿いに出てくる区間がこの場所で、海岸のすぐ脇を線路が走ることから、砂浜に出ての撮影ができます。砂浜からの撮影は光線的に朝の下り列車がベストとなります。奥の部分を望遠で切り取ればいいでしょう。

 奥の直線を狙った後は、カメラを左へ振ってカーブを行くシーンも撮れます。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:陸中八木・宿戸駅どちらからも徒歩25分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:クロカン車なら砂浜乗入れ可能、他は路上駐車になる。

八戸線 宿戸-陸中八木 (アウトカーブ)

下り 433D 普通 久慈行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》

 海岸のすぐ脇を走る列車を撮れるポイントで、昼前からは線路西側からの順光となります。下り列車に限り5人ほどが斜面にへばり付いて小俯瞰で撮れます。残念ながら雲落ちしてしまいました。誰か行いの悪い奴がいるな?

上り 団体列車 TOHOKU EMOTION 八戸行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》

 午後遅めになると上り列車に日が当たり始めるので、まず望遠で東側の直線を狙います。
上り 団体列車 TOHOKU EMOTION 八戸行 2017年9月撮影 《4K動画切出し》

 続いて引きでアウトカーブを狙います。正面が順光になるのは春~夏場限定です。

1.光線:午前中の下り列車と午後の上り列車が順光。
2.あし:両駅いずれからも徒歩25分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:空き地に停める。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

八戸線 宿戸-陸中八木 (大浜通踏切)

下り 団体列車 TOHOKU EMOTION 久慈行 2016年9月撮影 

 砂浜へ出る踏切の南側がカーブになっていて、道路が少し坂道になっているので、頃合のいい場所から下り列車を小俯瞰で撮ることができます。またカメラを右へ振れば、場所によっては上り方向も撮れるので、ビデオパンにも向いています。

1.光線:昼前後の下り列車と午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:陸中八木駅から徒歩20分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

八戸線 有家-陸中中野 (駅東)

下り 437D 普通 久慈行(後追い) 2017年9月撮影 《4K動画切り出し》

 八戸線沿線で最も南側で浜から撮れる場所がここになります。駅から踏切を渡って浜に下りて行き、海沿いを走る列車を望遠で撮れます。光線的にはほぼ終日逆光なので風景写真として撮る場所です。

上り 442D 普通 八戸行 2016年9月撮影 

 なお有家駅すぐの踏切からはカーブをやって来た上り列車を捉えることもできます。こちらだと午後に側面に日が当たります。

1.光線:ほぼ終日逆光、夏場の夕方に正面順光期待。
2.あし:有家駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:空き地に置ける。
車椅子での撮影可否:浜には下りれないが、舗装道路や空き地からそれなりに撮れる。
トイレあり:仮設トイレあり

エントリーページ移動



Utility

概 要

おかげさまで 2017年9月2日に100万PV達成しました。今後もご愛顧よろしくお願いいたします。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/13 from 六甲1号(管理人)
Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/12 from 吉田聡一郎
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from 六甲1号(管理人)
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from あきちゃん
Re:近鉄奈良線 富雄-学園前
2013/04/24 from 六甲1号(管理人)

Feed