Entry

京阪本線 中書島-淀 (直線)

下り 特急 淀屋橋行 8030系 2011年9月撮影 《ワイド撮影》

 平地で緑を入れての撮影場所が少ない京阪本線の中での人気の撮影ポイント。下り列車はパンタにケーブルが被るのと、上り列車は背景に資材置き場が写る難点こそありますが。

1.光線:午前遅め~昼過ぎの下り列車と夏場朝の上り列車が順光。
2.あし:淀駅から徒歩25分。 (地図) 
3.食料:淀駅東側にサンクス。
4.駐車:不可。競馬開催日は途中にある駐車場が営業している。

奥羽本線 鶴形-富根 (焼場踏切)

下り 貨物 3099レ 札幌(タ)行 2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 富根駅の西側にある踏切近くで、望遠撮りに向いている場所として定番の場所。しかし夏場などは線路脇の草木が伸びるのでザックリ刈らないと、複数人数での撮影は難しいかも。
 秋田県まで遠征して踏切望遠被り付き写真とかバカみたいなので、この貨物1本のみ撮って他へ移動しました。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:富根駅から徒歩10分程度。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:定番ポイントで来訪者が多く、地元農民も車の止め方にはうるさいので注意のこと。農道へ出入りする道は塞がないように。

奥羽本線 鶴形-富根 (駒形俯瞰)

下り 寝台特急〔あけぼの〕青森行 2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 富根駅西側の直線区間を俯瞰撮影できるポイントで、焼場踏切付近に撮影者が少なければ余裕で撮影可能。
 国道から細い道を上り、右手の養蜂業者が使っていたような箱が放置された細い道を通ると、下界が見下ろせる場所に出る。キャパは数名。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:富根駅から徒歩25分程度。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:細い道路は地元農民が通るので駐車禁止。行き止まりの道に協力し合えば2~3台置ける。

奥羽本線 富根-二ツ井 (切石直線)

下り 貨物 4061レ 札幌(タ)行 2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 富根駅を出ると線路は南東へ向かって直線に走り米代川橋りょうへ向かう。この直線区間で撮影。
 午前中は線路の東側から見上げるようにも撮れるが、下草がけっこう邪魔だったので線路西側から昼過ぎの貨物を狙ったものの、13時を回っていたので正面が影ってしまいました。
 後ろの高圧鉄塔がちょっと邪魔なので、もう少し線路際から望遠で狙った方がよいでしょう。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:鶴形駅から徒歩35分程度。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:2台ほど置ける。時々パトカーが張っているので注意。

奥羽本線 白沢-陣場 (寺ノ沢電波塔)

上り 貨物 3098レ 福岡(タ)行 2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 寺ノ沢の国道見下ろしポイントから少し南側に行くと電波塔があり、その近くの小川の土手から築堤上を走る上り列車を撮影できる。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:白沢駅から徒歩25分程度。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:土手の入り口に1台、電波塔下に2台ほど置ける。農作業や電波塔の点検がない事が条件。

奥羽本線 白沢-陣場 (松原)

下り 貨物 4075レ 東青森行 2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 夏場の夕方近くに下り列車が順光になる場所。朝は線路の東側からもブルトレなどを撮れる。なお近くの上り線のカーブ地点は他所で紹介されているが、地主より立入り禁止の札が立てられているので注意。

1.光線:夏場の夕方近くに下り列車が順光。
2.あし:白沢駅から徒歩だと40分近くかかる。路線バスも利用できる。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:松原踏切は車両通行禁止だが、小型車なら実際は通れる。

奥羽本線 大釈迦-鶴ヶ坂 (山本陸橋)

上り 特急〔つがる8号〕 秋田行 2011年6月撮影

 陸橋から手軽に狙える場所として有名な定番ポイントだが、訪問した時はかなり線路脇の草が伸びていました。長編成は撮れないので電車狙いで。

1.光線:朝の下り列車と12~14時ごろの上り列車が順光。
2.あし:鶴ヶ坂駅から徒歩20分程度。路線バス「鶴ヶ坂山本」下車すぐ。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:冬場を除き、陸橋の西側に数台置けるスペースがある。

奥羽本線 鶴ヶ坂-津軽新城 (白旗野陸橋)

下り 特急〔つがる53号〕青森行 2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 この区間は白旗野踏切以外にも道路陸橋から見下ろす場所があり、いずれも逆光位置になるが、夏場の夕方などは斜光線を浴びてきれいに光る写真が撮れるかも。
 夏至時期の早朝に南側から下り列車が順光にはなるが、架線柱が邪魔である。

1.光線:夏至時期の早朝を除き基本的に影または逆光になる。
2.あし:津軽新城駅から徒歩25分程度。路線バス「白旗野」下車。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:陸橋の西側に2~3台ほど置けるスペースあり。

奥羽本線 鶴形-富根 (国道俯瞰)

下り 貨物 1657レ 大館行 2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 鶴形から富根に向かうと切通しのカーブを曲がって下ってゆくが、その模様を南側を一段高い場所を併走する国道7号から俯瞰で撮影できる。バイパス道路が出来たので交通量は減少し、ビデオ撮影でも上手くいけば騒音無しで撮れるかも。
 アングルは奥のカーブを望遠で、引きで手前の直線の2通りがある。

1.光線:春~夏期の下り列車が10時ごろまで順光。
2.あし:鶴形駅から徒歩20分程度。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:撮影ポイントの南側に砂利の空き地があり、数台は置けた。

奥羽本線 碇ヶ関-長峰 (陸橋北カーブ)

上り 貨物 4096レ 梅田行 2011年6月撮影

 定番の国道陸橋を少し北に行った場所にあるカーブから撮影。
 この日は北海道内の遅延の影響で2時間送れで4096レが来ました。西側が山になるので順光時間は短いです。

1.光線:午後の上り列車が順光だが、季節により時間は短い。
2.あし:碇ヶ関駅から徒歩30分程度。国道から細い道を降りた先。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:1台。なお協力し合えば5台ぐらいは細い道に奥から詰めて止められる。

奥羽本線 碇ヶ関-長峰 (唐牛南側俯瞰)

下り 貨物 4061レ 札幌(タ)行 2011年6月撮影

 定番の国道陸橋からその北側のカーブまで全部見下ろせる俯瞰場所で、南向きなので晴れた日は逆光になります。曇天時のみの場所。
 トンネルの上を通る細い道路からの俯瞰で、キャパは5名ほど。地元の軽トラがよく通るので、道に荷物を広げなければOK。

1.光線:終日逆光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩35分程度。国道のバスも利用できる。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:撮影場所の北側にかろうじて1台置ける。農作業車がよく通るので、農場へ入る道へは止めないこと。

津軽線 瀬辺地-蟹田 (海岸)

上り 急行〔はまなす〕青森行 2011年6月撮影《ワイド撮影》

 午前中の上り列車を順光で撮影できる。国道から海岸に出られるので、広角レンズで海を入れたり、線路際から奥の直線を望遠で狙ったりすることができる。
 夏場の〔はまなす〕は太陽が北側に回り込むため、正面は影になるが、海沿いを走る雰囲気はこの場所ぐらいしかない。 私が訪れた当日は羽越線のSL絡みで10名程が来ており(半分は西日本のナンバー)、関西弁を喋る人々は海岸へ降り、その他の人々は線路脇から望遠でかぶりついていました。
 夏場は「晴れ」予報であっても、朝は海霧が出やすいので、撮影は運次第です。

1.光線:午前中(角度によっては10時頃まで)の上り列車が順光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩25分程度。 (地図)
3.食料:蟹田駅近くにデイリー。
4.駐車:撮影場所に10台近く置ける。

津軽線 瀬辺地-蟹田 (国道沿い)

下り 寝台特急〔北斗星〕札幌行 2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 夏場の朝の下り〔北斗星〕を狙える場所として、一度は行きたい場所とされている。しかし同時に夏場は海霧が発生しやすいので、一度で撮れれば幸運でしょう。

1.光線:夏至時期の早朝の下り列車が順光。
2.あし:蟹田駅から徒歩20分程度。 (地図)
3.食料:蟹田駅近くにデイリー。
4.駐車:北側へ徒歩3分程の所にチェーン着装場のような場所がありそこに数台置けるが、〔はまなす〕も撮るなら、予め海岸の撮影地に置いて徒歩で来た方がよい。5分程で来れる。
5.その他:蟹田駅前の待合室は夜も開放とのことです。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

(個人DATA:初回訪問2011年5月、訪問回数2回)

津軽線 中小国-新中小国信号場 (田んぼ)

下り 貨物 3099レ 札幌(タ)行 2011年6月撮影《ワイド撮影》

 数少ないED79牽引の貨物列車などが狙える場所として新中小国信号場が有名だが、その信号場に入る手前の単線区間が田んぼになっており、田植えの時期に水鏡写真が期待ができる。

1.光線:夏場の午後の下り列車が順光。線路を挟んで点対称の位置からは朝の上り列車が順光で撮れる。
2.あし:中小国駅から徒歩20分程度。 (地図)
3.食料:蟹田の町内などで事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮のこと。朝の〔はまなす〕が狙える反対側の場所は車の進入に対して厳しいようなので注意。

近鉄大阪線 室生口大野-三本松 (築堤)

上り 上本町ゆき 特急 12200系 2011年4月撮影《ワイド撮影》

 西日を浴びて築堤を行く上り列車を撮影できる。線路脇からの他に、少しサイド側から俯瞰気味に撮ることもできる。西側に山があるので日暮れは早い。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:三本松駅から徒歩15分程度。 (地図)
3.食料:駅近くの国道にローソン。
4.駐車:1台なら何とか置ける。

近鉄大阪線 室生口大野-三本松 (学校下)

上り 大阪難波ゆき 特急 23000系 2011年4月撮影《ワイド撮影》

 三本松の築堤は東側が鉄橋になっていて、上の撮影場所よりもさらにサイドへ移動した小学校近くからロングで撮ることができる。
 築堤部分もほぼ真横で撮れるので、ビデオパン撮影にも向いている。

1.光線:午後中ごろの上り列車が順光。遅いと山影になる。
2.あし:三本松駅から徒歩15分程度。 (地図)
3.食料:駅近くの国道にローソン。
4.駐車:1台なら何とか置ける。

近鉄大阪線 安堂-河内国分 (大和川鉄橋南)

下り 団体列車(回送) 15200系 2011年4月撮影《ワイド撮影》

 大和川の鉄橋では一番ポピュラーな定番アングル。駅からも最も近くて手頃な場所だが、車通りが多いため三脚を立てると通行の邪魔になるので慎むこと。
 また道路下の公園からも撮影は可能だが、足回りに柵がかなり被るので注意。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:河内国分駅から徒歩3分。JR高井田駅からも7分程度 (地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:不可。駅西側のコインPなどに停めて徒歩になる。

南海本線 鶴原-井原里 (鶴原5号踏切)

下り 特急〔サザン25号〕和歌山市行 10000系ほか 2011年5月撮影《ワイド撮影》

 厳重に柵で覆われている南海電鉄の大阪府下の沿線だが、この辺まで来ると所々柵がない場所があって列車の撮影ができる。
 撮影した場所は田んぼで、水鏡を狙って訪問したが、水の張りが足らなかったようだ。なお後ろの住宅の処理が難しいので良い位置でカットしたい。
 反対方向は柵があるので、実質下り専用の撮影地となります。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:鶴原駅から徒歩5分。駅の東側の道を南下し、一旦南東へ進んでから踏切のある道へ出る。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:細い道ながら車の往来が多いため路上駐車不可。車では来ないように。

南海本線 箱作-淡輪

下り 特急〔サザン17号〕和歌山市行 10000系ほか 2011年6月撮影

 海を横目に走る列車を撮影できる。広角レンズが必要になります。
 また反対側を向いた場所にSカーブがあり、午前中はSカーブを行く上り列車を順光で撮影できる。

1.光線:お昼前後の下り列車が順光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩25分程度。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので注意。
5.その他:尾崎・箱作駅から阪南市のコミュニティーバスがある。「箱の浦西」下車?

南海高野線 紀見峠-林間田園都市

上り 特急〔りんかん90号+こうや10号〕なんば行 11000系+30000系 2011年5月撮影《ワイド撮影》

 鉄橋を行く上り列車を夏場限定で夕方近くに順光で撮影できる場所。西北を向いて走っているので、他の時期は正面に日が当たらない。なお8両編成だと後ろ2両が木の影になる。
 奥の畑から俯瞰撮影できそうに見えたが、電柱が邪魔なうえ、入れないように棒で進入禁止になっているので、実質この場所からの撮影となる。

1.光線:夏場の夕方近くに上り列車が順光。
2.あし:林間田園都市駅から徒歩15分程度。 (地図)
3.食料:駅前北側にスーパーあり。
4.駐車:撮影地は徒歩か自転車・バイクでのアクセスになるので、駅近くの有料駐車場に止めて徒歩になる。

エントリーページ移動



Utility

概 要

おかげさまで 2017年9月2日に100万PV達成しました。今後もご愛顧よろしくお願いいたします。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/13 from 六甲1号(管理人)
Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/12 from 吉田聡一郎
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from 六甲1号(管理人)
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from あきちゃん
Re:近鉄奈良線 富雄-学園前
2013/04/24 from 六甲1号(管理人)

Feed