Entry

紀勢本線 三瀬谷-滝原 (ダム横側)

上り 臨時急行〔紀勢本線全通50周年フィナーレ号〕 2009年9月撮影

 三瀬谷ダム上を細い道路が走っており、ここから鉄橋を走る列車をほぼ真横アングルで撮ることができる。
 この日はイベント列車でしかも夕方の上り列車且つ歩きロケのため、ほとんど逆光となる他の場所は避けて、順当なこの場所での撮影としました。

1.光線:午後の列車がサイド側のみ日が当たる。
2.あし:三瀬谷駅から徒歩15分ほど。 (地図)
3.食料:道の駅が国道沿いに、さらにその東側徒歩数分の所にサークルK。
4.駐車:ダムの北側に数台のスペースとトイレあり。

(個人DATA:初回訪問1990年12月、訪問回数2回)

紀勢本線 三瀬谷-滝原 (定番)

下り 貨物 2089レ 鵜殿行  2011年6月撮影《ワイド撮影》

 三瀬谷の鉄橋といえば、まずココという大定番の場所。線路を跨ぐ道路陸橋が出来たのはここ10年程の話で、90年代に来た時は、線路脇から撮影していました。
 線路の東側に木があって邪魔になり、西側側面を入れる形でのアングルに限定されるため、人気の下り貨物は順光では撮影できず、曇天の日などに西側から撮ることになります。
 また川霧が立つことも多く、朝7時を回っても霧が晴れない時は急きょ他の場所へ移動しなくてはなりません。キャパは20人ぐらいは余裕で立てます。

1.光線:下り列車が昼前から夕方前まで順光。上り列車は後追い撮影になる。
2.あし:三瀬谷駅から徒歩15分強。 (地図)
3.食料:道の駅が国道沿いにあり、その東側徒歩数分の所にサークルK
4.駐車:朝7時ごろまでなら、近くの保育所の駐車場に暗黙の了解で置かせてもらう。他の時間帯は原則不可。

(個人DATA:初回訪問1990年12月、訪問回数3回)

紀勢本線 三瀬谷-滝原 (大杉踏切)

上り 貨物 2088レ  稲沢行  2010年6月撮影《ワイド撮影》

 上りの貨物列車を良い光線で撮れないかといろいろ探していましたが、三瀬谷の鉄橋の南側で線路が北西に向いて走る場所があり、結局そこで撮影。
 背後には高速道路ができてしまって景色ブチ壊しですが、多くの場所が逆光になるので、致し方ないところでしょうか? 1本前の普通は晴れでしたが、肝心の貨物の時になって少し薄雲がかかってしまいました(落)

1.光線:下り列車は午前遅めに、上り列車は夏至の時期の夕方に順光。
2.あし:三瀬谷駅から徒歩20分弱。踏切脇には立ち入るなとばかりにロープが張ってあるので、そこよりも新宮寄りの場所から撮影。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:付近の道路は狭く離合困難なため、駐車は遠慮すること。離れた場所に止めて徒歩で戻ることになる。

参宮線 池の浦シーサイド-鳥羽 (海の中道)

上り 臨時特急〔鳥羽・勝浦号〕(後追い) 1994年2月撮影

 海の中(と言っても湾内)を行く列車を撮ることができるとして、昔からの定番撮影地で、近鉄線も近くアクセスも容易。

上り 快速〔みえ14号〕 名古屋行(後追い) 2015年11月撮影

 その後西側には金網が張られてしまい残念なことに、東側から午前中の列車しか適さなくなってしまいました。

1.光線:下り列車がほぼ終日順光。上り列車は後追い気味撮影になる。
2.あし:近鉄池の浦駅から徒歩15分。 (地図)
3.食料:池の浦駅から出た国道交差点にサークルK。
4.駐車:モーテル近くに置いて徒歩になる。無理に奥に入っていくと帰りが怖い。また置く台数が増えると営業妨害とかで排除されかねないので配慮を。

(個人DATA:初回訪問1986年4月、訪問回数4回)

参宮線 池の浦シーサイド-鳥羽 (スカイライン)

下り 快速〔みえ9号〕 2010年6月撮影《ワイド撮影》

 志摩スカイラインから海の中道を俯瞰撮影。アングルもレンズもお好みに選べる。列車を撮らなくても景色だけでも絶景だ。

1.光線:下り列車が午後順光。
2.あし:徒歩だとかなり時間がかかる。路線バスもなく、車かタクシー利用となる。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:カーブの西側に10台は置けるスペースあり。

参宮線 池の浦シーサイド-鳥羽 (朝熊山山頂)

上り 快速〔みえ18号〕 2010年6月撮影 《ワイド撮影》

 朝熊山の山頂から大俯瞰で撮影できる。ここまで遠いと線路脇の金網も気にならないかな?
 交通手段が車かタクシーぐらいしかないのがネックになる。

1.光線:午後順光。
2.あし:徒歩だと近鉄朝熊駅から登山道を3時間程度。実質は車かタクシー利用となる。 (地図)
3.食料:レストハウスあり。
4.駐車:無料。道路自体が有料なので。
近くにトイレあり:展望台にあり

奥羽本線 四ツ小屋-秋田

上り 〔こまち18号〕東京行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 秋田駅を出てから1駅も行かないうちに市街地を抜けて一面に田んぼが広がる場所があり、ここで撮影。風が強くて残念ながら水鏡とはならず。

1.光線:午前10時頃までの上り列車が順光(夏場の早朝を除く)。
2.あし:四ツ小屋駅から徒歩だと40分近くかかる。秋田中央交通バスが「目長田入口」辺りまで利用できる。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:細い農道しかないので、農作業時は不可。また落輪しやすいので注意。

奥羽本線 追分-大久保 (第1大清水踏切)

下り 貨物 4075レ 東青森行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 防風林の脇を走る線路を行く列車を踏切脇から比較的容易に撮影できる。

1.光線:昼前後の上り列車と、夏場夕方の下り列車に順光期待。
2.あし:追分駅から徒歩40分程度、国道7号にバス路線あり。「牛坂二区」あたりで下車 (地図) 
3.食料:国道の途中にローソン。
4.駐車:踏切手前のスペースに2~3台ほど置ける。南側の防風林へは乗り入れ禁止となっている。

奥羽本線 八郎潟-鯉川 (田んぼ)

上り 貨物 3098レ 福岡(タ)行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 八郎潟バックの国道ポイントが撮りづらくなり、撮影対象も上りの貨物列車などに向いてきたため、田んぼのある農道に下りてみたが、線路脇の草刈りが必要です。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩40分程度かかる。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路から土の道に入って置くため、農作業がある場合は停められない。

奥羽本線 鯉川-鹿渡

1.上り 貨物 4096レ 梅田行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 国道7号から直ぐに入って手軽に撮影できる定番スポット、駅からも割と近い。
 なお川を挟んで北側の空き地からは、正面は影るが下り列車の撮影もできていましたが、その空き地は自動車販売店の用地として囲みができたようで、↓は現在撮影できるか否か不明です。

2.下り 貨物 4061レ 札幌(タ)行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 こちらが北側の空き地だった所から下り列車を撮影したもの。

1.光線:午後の上り列車が順光。夏場の夕方は影る
2.あし:鯉川駅から徒歩20分ほど (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:国道から線路に上がる道路に2台ほど置ける。

奥羽本線 東能代-鶴形 (築堤西側)

上り 貨物 4094レ 名古屋(タ)行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 架線柱が手前側になるが、並行する市道から手軽に撮影ができる。夏場の朝ならブルトレを狙うのもいいかも?

1.光線:お昼前後の上り列車が順光。
2.あし:鶴形駅から徒歩20分ほど。路線バスも利用できる(停留場名は不明)。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:バスが通る道路のため、なるべく市道上の駐車は避けること。私が撮影した場所にはちょうど道路脇にスペースがありました。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

奥羽本線 鶴形-富根 (羽立踏切)

上り 貨物 4096レ 梅田行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 田んぼの中を気持ちよく走る区間で、どちらからも狙える。同じような場所が幾つかあるので、一番好みの場所を選んでトライしたい。

1.光線:下り列車は午前の早めが、上り列車は午後順光、夏場の夕方は線路北側から日が当たる。
2.あし:富根駅から徒歩30分、もう少し近い場所でも撮れる。路線バスも利用できる(停留場名は不明)。  (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:基本的に路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

奥羽本線 富根-二ツ井 (米代川築堤)

下り 貨物 3099レ 札幌(タ)行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 米代川の橋りょうは、東側は木立が邪魔になるため、西側からの撮影となる。そのため下り列車は鉄橋手前のカーブの築堤を登ってきた姿を撮影するのがいいでしょう。アングルもなかなかいい感じ。

1.光線:下り列車は午前中に順光。
2.あし:二ツ井駅から徒歩40分ほどかかる。路線バスも利用できる(米代橋下車)。線路間が少し離れており、鉄橋の下をくぐって移動できる。 (地図) 
3.食料:途中の県道沿いにサンクス。
4.駐車:県道から堤防道路を入れば、河原の空き地に10台は置ける。

(個人DATA:初回訪問2011年5月、訪問回数3回)

奥羽本線 富根-二ツ井 (米代川橋りょう)

上り 貨物 4094レ 名古屋(タ)行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 米代川の橋りょうの上り列車は、邪魔もなくスッキリと撮れる。 またアングルも自在で楽しめる。

1.光線:上り列車がお昼前後に順光。
2.あし:二ツ井駅から徒歩40分ほどかかる。路線バスも利用できる(米代橋下車)。線路間が少し離れており、鉄橋の下をくぐって下り線の撮影場所へ移動できる。 (地図) 
3.食料:途中の県道沿いにサンクス。
4.駐車:県道から堤防道路を入れば、河原の空き地に10台は置ける。

奥羽本線 白沢-陣場 (白沢)

下り 寝台特急〔あけぼの〕青森行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 白沢駅から割と近い場所で田んぼの脇から撮影できる。後ろが国道のチェーン着装場なので、トラックが多数停まっている時は望遠で切り取るなど工夫が必要。

1.光線:上り列車がお昼前後に順光。下り列車は6月前後の朝に順光。
2.あし:白沢駅から徒歩15分程度。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:基本的に路上駐車になる。2台は土道に置ける。

奥羽本線 津軽湯の沢-碇ヶ関

上り 貨物 4096レ 梅田行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 田んぼを挟んで線路と国道が直線で並行する場所で、国道脇から撮影できる他に、田植えの時季などは農道から水鏡写真も期待できる。

1.光線:午前中の上り列車が順光。夏場の早朝に下り列車も日が当たるかも?
2.あし:津軽湯の沢駅から徒歩15分程度 (地図) 
3.食料:北側にドライブインあり。
4.駐車:南側にチェーン着装場があり、10台ほど置ける。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

奥羽本線 碇ヶ関-長峰 (碇ヶ関)

下り 寝台特急〔日本海〕青森行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 下り列車は正面は影になるが、せっかくの水鏡の時季なのでここで撮影。それ以外の時季は北側にある国道のオーバークロスから小俯瞰で撮影してもよい。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:碇ヶ関駅から徒歩15分ほど (地図) 
3.食料:国道沿いにサークルK。碇ヶ関駅近くに道の駅。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。

奥羽本線 碇ヶ関-長峰 (内山踏切)

下り 貨物 4061レ 札幌(タ)行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 下り列車が夏場を中心に午後遅めに順光になる場所。14時過ぎからまずまずの光線だったのでここで撮影。
 訪問時はちょうど田植えの真っ最中で、構える場所が限られていたので、うまい具合にセッティングできず水鏡はちょっと苦しい結果に。

1.光線:夏場を中心に午後遅めの下り列車と、午前遅めの上り列車が順光。
2.あし:長峰駅から徒歩30分ほど (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:農作業がなければ5台ほど置ける。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

(個人DATA:初回訪問2010年1月、訪問回数2回)

奥羽本線 碇ヶ関-長峰 (神社俯瞰)

上り 特急〔つがる8号〕秋田行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 内山踏切のあたりを西側の高台から俯瞰で撮影。手前に電柱が入るので上手く処理したい。

1.光線:午前遅め~午後にサイドに日が当たる
2.あし:長峰駅から徒歩35分ほど、国道から坂道を登り、神社から右手の果樹園の方へ行くと視界が開けた所。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:神社の所に2台ほど置ける。

奥羽本線 碇ヶ関-長峰 (唐牛)

下り 貨物 4075レ 東青森行 2011年5月撮影 《ワイド撮影》

 国道7号から少し見下ろした感じで撮れる場所がある。私の場合はビデオも撮影するので、国道のトラックの音がうるさいため、一段下の小道から撮影。列車に合わせてカメラを左へ振りながら何カットか撮れます。

1.光線:下り列車が午後遅めに順光。
2.あし:長峰駅から徒歩10分 (地図) 
3.食料:近くにラーメン屋。
4.駐車:路上駐車になるので注意。

エントリーページ移動



Utility

概 要

新プログラムに移行しました。これまでと同様にご利用いただけます。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/13 from 六甲1号(管理人)
Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/12 from 吉田聡一郎
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from 六甲1号(管理人)
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from あきちゃん
Re:近鉄奈良線 富雄-学園前
2013/04/24 from 六甲1号(管理人)

Feed