Entry

羽越本線 酒田-本楯

上り 特急〔いなほ8号〕 新潟行  2013年8月撮影

 酒田駅を出ると、しばらく市街地を走った後に一気に田んぼの中を走る風景が展開されるが、ここがその辺りの場所で、遮るものもなく、格好の撮影場所です。
 下り列車も撮れますが、バックに道路陸橋が入るので、下り列車を撮る場合はなるべく本楯側から撮ります。

1.光線:昼前頃から上り列車が順光。
2.あし:駅から徒歩だと50分位かかるので、駅のレンタサイクルを使うと便利。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:農道に停めるので作業に配慮を。

羽越本線 本楯-南鳥海

上り 貨物 4094レ 名古屋(タ)行  2011年8月撮影

 ここはバックに鳥海山を入れて緩いカーブを曲がってくる列車を撮れる昔からの定番中の定番撮影地。
 鳥海山には夏まで雪が残るが、この場所から残雪を入れて撮れるのは、せいぜい6月下旬辺りまででしょうか?

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:南鳥海駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

羽越本線 遊佐ー吹浦 (当山踏切)

上り 特急〔いなほ10号〕 新潟行  2013年8月撮影

 ここは田んぼの中を線路が大きくカーブを描いており、ビデオパン撮影にもってこいの場所です。
 駅からの距離はありますが、遊佐駅にはレンタサイクルがあるので、20分位で来れます。

1.光線:上り列車がほぼ終日順光。
2.あし:遊佐駅から徒歩だと45分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路上に駐車となるので配慮を。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

羽越本線 遊佐ー吹浦 (菅野踏切)

下り 特急〔いなほ7号〕 秋田行  2013年8月撮影

 羽越本線は下り列車を午後から撮影出来る場所は少ないのですが、ここは線路が秋田方面へ向かって北西に向いていることから、夏場の夕方に下り列車が順光で撮影できる場所です。
 この日は残念ながら夕方の雲に太陽が隠れてしまいました。

1.光線:夏場の夕方に下り列車が、上り列車は季節を問わず午前中順光。
2.あし:吹浦駅から徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路上に駐車となるので配慮を。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

羽越本線 吹浦-女鹿 (釜磯)

下り 回2021レ 青森行  2013年8月撮影

 ここは手前に日本海を入れて海水浴場近くを走る列車を俯瞰撮影出来る場所で、基本的に午後の上り列車向きの場所です。
 この日はあけぼの号が、新潟県内での大雨のために途中駅で運転を打ち切り、半日以上遅れて回送列車として新津を出発。酒田を過ぎたこの辺りでちょうど午後の日差しになるので追い撮りにすることにして、ここで撮影。キャパはせいぜい3名程度。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:吹浦駅から徒歩30分程度。少々分かりにくい。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:私道になるため、乗り付けずに、必ず手前の町道に置いて徒歩で入ること。

羽越本線 吹浦-女鹿 (鳥崎踏切)

下り 寝台特急〔あけぼの〕 青森行  2014年5月撮影

 日本海をバックにSカーブをゆく線列車を撮影出来る昔からの定番撮影地。
 以前は道路からの直接撮れたが草木が伸びてきたため、現在では後ろの松の木のある斜面に少し登った所から狙う。中望遠以上が必要。キャパは15名程度。

1.光線:夏場の朝の下り列車が順光。
2.あし:吹浦駅から徒歩40分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:若干台数可。

(個人DATA:初回訪問1986年9月、訪問回数4回)

羽越本線 仁賀保-西目 (展望台)

下り 寝台特急〔あけぼの〕 青森行  2014年5月撮影

 浜館公園にある3階建ての展望台から日本海沿いに走る線路を一望できる。下り列車は北向きに走るため、夏場の朝でなければ正面は影るが、それでも晴れれば雄大で美しい絶景が広がる。
 展望台は小さいので、2階・3階にそれぞれ数名が立てば満杯になる。

 また良位置の3人ずつ位がサイドアングルで撮影でき、ビデオパン撮影にももってこいの場所である。
 この日は心配された雨が朝上がって、幸運にも天気が回復したが、もの凄い強風に見舞われて、かなり辛い撮影でした、オマケに列車通過前になって、線路際にかぶりつき望遠馬鹿が現れる始末。こんな所で線路際撮影するなよなとボヤきながら、皆さん位置修正していました。

1.光線:夏場朝の下り列車が順光。
2.あし:西目駅から徒歩だと1時間程度かかる (Y!地図) (goo地図)
3.食料:西目駅近くの国道沿いにローソン。
4.駐車:駐車場あり、十台程度は停められる。

羽越本線 道川-下浜 (下山踏切)

下り 寝台特急〔あけぼの号〕 青森行  2011年5月撮影

 朝の下り列車を順光で狙える場所として有名なポイント。線路が真北からやや東よりに向いているため、桂根-新屋の直線に比べて順光時間が長く取れる。但し、踏切脇からの撮影で、良位置キャパは3人程度と少ない。

1.光線:夏場の朝の上り列車が順光。
2.あし:下浜駅から徒歩15分程度。国道を走るバスも利用できる。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:国道の酒田寄りに駐車帯あり10台程度置ける。

羽越本線 桂根-新屋 (Sカーブ)

下り 寝台特急〔あけぼの号〕 青森行  2012年5月撮影

 下り列車で順光になる場所が少ない羽越本線の中で、線路がやや東向きになっており、朝遅めの時間帯でも順光撮影が可能として有名なポイント。
 線路の手前が自動車解体工場になっており、景色的には悪いため、縦位置望遠狙いとアングルは限られる。
 この日は今にも降りだしそうなコンディションと条件は悪かったので、機会があれば再訪したいですね。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:桂根駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにデイリー。
4.駐車:道路はバスが通るため、絶対に駐車禁止。詰めて3台程度置けるか。
5.桂根駅は普通列車の停車が少ないので、1日6本程度だがバスでのアクセスもできる。秋田市・マイタウンバス西部線、境川停留所下車。

羽越本線 桂根-新屋 (直線)

下り 寝台特急〔日本海号〕 青森行  2011年6月撮影 《ワイド撮影》

 夏至近くの日の出時刻限定で下り列車の正面に日が当たるとして人気の定番スポット。線路脇からと陸橋道路からの俯瞰の2アングルがある。線路は北北西に向いているので夏至の時季を外すと正面順光は難しい。日本海の通過時刻は5:20ごろだったので、丁度いい感じ。
 撮影場所横は住宅なので静かにすること。

1.光線:夏至前後の朝5時台の下り列車が順光。
2.あし:新屋駅から徒歩20分弱。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅付近にローソン、撮影地東側にデイリー。
4.駐車:橋の下に2台程度と、俯瞰撮影なら、高架上り口の東側歩道上に若干台数可。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

(個人DATA:初回訪問2011年5月、訪問回数2回)

南海本線 鶴原-井原里 (ポニー畑)

下り 特急〔ラピートβ41号〕 関西空港行 2014年5月撮影《ワイド撮影》

 南海本線で畑が広がる数少ない区間で、特に空港連絡列車の場合は、この辺りでしか田畑で撮れる場所はありません。
 場所は畑の中の小道からの撮影で、望遠正面狙い~斜め45度あたりまでが狙えますが、一部の場所では追い撮り・ビデオパン撮影が出来ない位置もあります。
 この場所の農場主の方は列車撮影に理解のある人なので、畑に足を踏み入れたりせず、節度を守っていれば、追い出されたりなどはないでしょう。見かけたら気持ちよく挨拶しましょう。
 作例はポニーの飼われている囲い柵北側から撮影。その北側の鶴原6号踏切付近からも撮れる。

1.光線:下りが昼前後~夕方順光。上り列車は春~夏の朝を中心に順光になる。夏場の15時以降は線路北側から順光。
2.あし:井原里駅から徒歩5分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:狭い農道のため自家用車の乗入れは禁止。また周辺道路も駐車余地がなく、駐車場もないので、電車+徒歩アクセスとなります。
車椅子での撮影可否:線路南側農道端から撮影可

(個人DATA:初回訪問2014年5月、訪問回数4回)

近鉄名古屋線 塩浜-北楠

上り 名古屋ゆき 特急しまかぜ 50000系 2013年5月撮影

 鈴鹿川の鉄橋南側の築堤を登ってくる列車を夏場の夕方に順光で撮影できる。夕方の名古屋方面行しまかぜがちょうど時間帯的にぴったり。なお鉄橋はトラス型なので撮影向きではない。駅から20分近くかかりますが、初夏の日差しが暑いのと空気が悪い中、頑張って歩いてきました。

1.光線:夏場夕方の上り列車が順光。
2.あし:どちらの駅からも徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:県道6号線沿いにコンビニ・すき家など。
4.駐車:2台程度(仲間で詰めればさらに)置ける。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

高崎線 行田-熊谷

上り 特急〔あかぎ2号〕 新宿行  2014年3月撮影

 熊谷駅の行田寄りに編成写真に適した直線区間があり、線路脇に柵がないことから、好撮影地として人気がある。特に朝9時ごろまでは上り列車左側から撮れる。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:熊谷駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ、近くにセーブオン。
4.駐車:若干台数可。

(個人DATA:初回訪問1981年4月、訪問回数2回)

高崎線 鴻巣-北鴻巣

上り 寝台特急〔あけぼの〕 上野行  2014年3月撮影

 大宮から一番近く畑が広がる場所で、線路沿いに一直線に続くので上り列車の編成写真にも適した場所ですが、背景の家屋が少々うるさいこともあり、うまく処理する事が必要ですが、どこで切ってもゴチャゴチャしてるので結構難しいです。

1.光線:朝の上り列車が順光。
2.あし:鴻巣駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を、実質2~3台程度。

関西本線 富田浜-四日市

下り 貨物 5271レ 四日市行  2014年2月撮影

 富田浜を出ると四日市の手前まではしばらく一直線の線路が続き、途中で鉄橋を渡るための築堤がありますが、そこが撮影ポイントで、堤防からの見下ろし気味のアングルもよし、畑の中から見上げるアングルもよしアングルが楽しめる場所です。なお鉄橋はプレート型なので車体半分が隠れてしまいます。
 なお上り列車は足回りが隠れやすいのであまりよくない。

1.光線:午前9時頃から昼頃までの下り列車が、早朝の上り列車が順光。
2.あし:JRの駅からは遠く、最も近いのは近鉄阿倉川駅で徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:若干台数可。
5.その他:四日市駅にはレンタサイクルあり。

(個人DATA:初回訪問2013年7月、訪問回数3回)

四日市港線 四日市-四日市港

下り 貨物 5363レ 四日市港行  2014年2月撮影

 四日市駅から南東へ線路が延びており、四日市港までの2.5kmほどの区間が通称「四日市港線」であるが、取扱い上は四日市駅構内の側線となっているとか。
 ここは全国で唯一ここだけとなった可動式鉄道橋の上を、これまた希少になったDD51牽引の貨物列車が通るとあって、貨物ファンの熱い視線の注がれる場所となっています。注意点は、
 1.列車は1日最大5往復設定されていますが、荷物量に左右され、平均2~3本のことが多いようです。
 2.毎年4月下旬~7月上旬の間は、セメントのプラント点検のため長期運休します。
 3.可動橋は休日には降りたままとなります。可動橋が降りるのは列車通過の20分程度前になります。

1.光線:午前中の下りが東側から、午後遅めの上りが西側から順光。
2.あし:四日市駅から徒歩20分~30程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:途中にローソン・サークルKあり。
4.駐車:路上駐車となるが、周辺の荷作業の邪魔にならないよう配慮を。
5.その他:四日市駅にはレンタサイクルがあり、1日120円と安くて便利。
6.ミニ情報:東側の合同庁舎近くには港湾労働者向けの食堂がある。

(個人DATA:初回訪問2014年2月、訪問回数2回)

阪急伊丹線 塚口-稲野 (塚口ホーム際踏切)

上り 普通 塚口行 3100系 2014年1月撮影

 塚口駅すぐ北側にある90度の急カーブにある踏切から手軽に撮影できます。季節・時間帯によっては建物の影が落ちることと、架線柱の間隔が短いために、影がよく落ちます。
 自転車・バイクが頻繁に通ることや、午前中は商店への納入のトラックも通るので、荷物を広げての撮影待機は慎むこと。三脚は南側に1台・北側に2台程度立てられます。

1.光線:午前中の上りが順光。
2.あし:塚口駅から徒歩2分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ店舗あり。
4.駐車:不可、駅南側に幾つかコインPあり。

阪急伊丹線 塚口-稲野 (塚口住宅踏切)

上り 普通 塚口行 3100系 2014年1月撮影

 住宅地の中をほぼ一直線に敷かれた線路を走る伊丹線ですが、風景も似たり寄ったりで、わざわざ遠くまで撮影場所を求めて移動する程でもないので、塚口-稲野間の踏切で手軽に撮るのが常套。
 交通量が多く、また架線柱が構図の邪魔になるため、踏切から右腕を乗り出す形での撮影になるので、手持ち限定1名・三脚不可です。

1.光線:午後の上りが順光。
2.あし:塚口駅から徒歩4分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ店舗あり。
4.駐車:不可

阪急宝塚線 服部天神-曽根

上り 急行 梅田行 3000系 2014年1月撮影

 くねくねとカーブが多い阪急宝塚線ですが、大きくカーブで顔を出した電車を正面がちに踏切から手軽に捉える場所です。
 場所は服部天神駅から2つ目の踏切で、踏切が狭いうえに、バイク・自転車の往来が頻繁なため、定員は2名程度、三脚は1台限定です。電車待ちの間は踏切を通る人の邪魔にならないよう開けておきましょう。

1.光線:10~12時ごろの上りが順光。
2.あし:服部天神駅から徒歩2分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいくつか店舗あり。
4.駐車:不可

川越線 指扇-南古谷

下り 快速 川越行  2013年8月撮影
1.奥のカーブを望遠で、架線柱と線路の処理がポイント

2.手前のアウトカーブを広角で、車が通行しなければ撮れる

 この区間は荒川の鉄橋などが場所としてありそうですが、現在は残念ながら防風柵に覆われてしまっているため、その西側にある大カーブに着目しました。カーブがきついということは架線柱の立て込みも多くて邪魔になりそうな感じでしたが、実際に行ってみると、広角でアウトカーブからの撮影を含めた2アングルが撮れました。ここの場所だけ線路脇に柵がないのも好条件です。
 真夏の灼熱地獄の中、熱中症寸前の倒れそうな足取りで徒歩30分ほど掛けて歩きましたが、倒れたら途中にある南古谷病院があるので大丈夫w

1.光線:午後の下りが順光。奥のカーブでの側面に陽が当たるのは春夏期が中心。上り列車は後追い撮影になる。
2.あし:南古谷駅からも徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:南古谷駅前にセブン。
4.駐車:線路脇の道は狭く、通行量も多いことや、停めた車がアングルの邪魔になるため路上駐車は不可。近くの農道に入れる形になるので、すぐに移動体勢で。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

エントリーページ移動



Utility

概 要

おかげさまで 2017年9月2日に100万PV達成しました。今後もご愛顧よろしくお願いいたします。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Re:肥薩おれんじ鉄道 薩摩大川-西方 (俯瞰)
2017/11/12 from rokko1go-photo
Re:肥薩おれんじ鉄道 薩摩大川-西方 (俯瞰)
2017/11/11 from 重岡宗太郎
Re:肥薩おれんじ鉄道 袋-米ノ津
2017/11/10 from rokko1go-photo
Re:肥薩おれんじ鉄道 袋-米ノ津
2017/11/10 from 重岡宗太郎
Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/13 from 六甲1号(管理人)

Feed