Entry

阪和線 浅香-堺市

下り 普通 鳳 行 2017年7月撮影 《4K動画切り出し》
阪和線
 堺市駅の天王寺側は平坦な直線が続き、金網もそう高くないので大人なら手軽に撮ることができます。線路の東側の方が若干低いので上り列車の撮影に向いていますが、下り列車も西側から撮れます。

1.光線:朝の上り列車と、午後遅めの下り列車が順光。
2.あし:堺市駅から徒歩7~10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:不可。付近のコインPなどに停めるしかない。

阪和線 堺市-三国ヶ丘 (中長尾)

上り 普通 天王寺行 2017年7月撮影 《4K動画切り出し》
阪和線
 堺市駅から三国ヶ丘駅方面に線路沿いに歩くと、大人の肩ぐらい高さの金網なので、手を伸ばせばすぐに撮れる感じです。この場所はガードレールに登って撮ることもできます。反対側の金網は高いため、実質上り列車専用の場所です。

1.光線:朝の上り列車が順光。
2.あし:堺市駅から徒歩5分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:不可。付近のコインPなどに停めるしかない。

阪和線 堺市-三国ヶ丘 (金岡第二踏切)

上り 普通 天王寺行 2017年7月撮影 《4K動画切り出し》
阪和線
 堺市駅から2つ目の踏切は、遮断機脇に2名ほど立てるスペースがあり、ここから上り列車を撮ることができます。午後から順光になる下り列車は架線柱が邪魔になります。写真は日中の鳳からの普通ですが、下り列車が被ってきてあわやというタイミングでした。

1.光線:朝の上り列車と、午後遅めの下り列車が順光。
2.あし:堺市駅から徒歩数分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:不可。付近のコインPなどに停めるしかない。

阪和線 堺市-三国ヶ丘 (切通し)

上り 普通 天王寺行 2017年7月撮影 《4K動画切り出し》

 堺市駅近辺は地平を走るため、大人の顔の高さ辺りから構えて狙うことが出来ます。特に堺市-三国ヶ丘間は、切り通しを走るので、少し俯瞰気味に撮れるのがいい感じです。朝8時の上りですが、ちょっとケーブルの影が落ちて気になるといえば気になります。
 作例は切り通しからの撮影ですが、途中の踏切からも狙えます。

1.光線:朝の上り列車と、午後遅めの下り列車が順光。
2.あし:堺市駅から徒歩5~10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺にいろいろ。
4.駐車:不可。付近のコインPなどに停めるしかない。

阪和線 和泉橋本-東佐野 (見出川)

下り 普通 熊取行 2017年7月撮影 《4K動画切り出し》
阪和線
 この区間は朝の上り列車を順光で撮る場所が有名だが、それ以外に雰囲気を変えて築堤を行く列車を見上げるようにして撮れる場所がここです。線路脇の草が茂っているので、6両でも後ろのほうは少々キツイです。

1.光線:昼前後の下り列車が順光。
2.あし:東佐野駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:不可。

高徳線 木太町-屋島

下り 363D 普通 徳島行 2016年7月撮影 《FHD動画切り出し》
高徳線
 高松市内を東西に走る線路が3本の川を渡りますが、そのうち春日川が一番撮り易い環境にあります。作例では正面は影になりますが、夕方の40系気動車を撮影、北側から当たる夕陽の反射を狙いました。

1.光線:午前中の下り列車と、午後の上り列車が順光。
2.あし:木太町駅から徒歩10~15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:近くにスーパーあり。
4.駐車:踏切の南側に1台置ける程度。交通量も多いので路上駐車は控えるように。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

高徳線 讃岐白鳥-引田 (引田)

上り 314D 普通 高松行 2016年7月撮影(後追い)
高徳線
上り 316D 普通 高松行 2016年7月撮影(後追い)
高徳線
 午前中に順光撮影できる場所がなかなかないため、この場所で後追い撮影を実施しました。線路脇からとサイドからの2アングルが選べます。

1.光線:午前中の下り列車と、午後の上り列車が順光。
2.あし:引田駅から徒歩10分前後。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道の北側にスーパーがある程度。
4.駐車:路上駐車になるため配慮のこと。車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

高徳線 讃岐相生-阿波大宮 (大坂峠)

下り 3013D 特急うずしお13号 徳島行 2016年7月撮影

 大坂峠からの大パノラマが撮れる昔からの名撮影地だが、駅からの距離が遠く、道路もクネクネ曲がって難所である。撮影場所は大坂峠の展望台があるが、もう少しサイド気味に撮りたいので、少し北側に行った道路から撮影しました。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:讃岐相生駅から徒歩50分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路上は余地なし。展望台近くなら停められる。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影ができる。

高徳線 池谷-勝瑞 (池谷)

上り 316D 普通 高松行 2016年12月撮影 《4K動画切り出し》
高徳線
 池谷駅の南側は直線になっており、周囲はレンコン?畑が広がっていて、冬場などでは比較的スッキリ撮れる。

1.光線:下り列車が順光、春夏季の朝は上り列車が順光。
2.あし:池谷駅から徒歩10~15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるため配慮のこと。特に農作業車が頻繁に通る。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影可能。

高徳線 池谷-勝瑞 (旧吉野川鉄橋)

上り 970D 普通 鳴門行 2016年7月撮影(後追い) 
高徳線
 旧吉野川の鉄橋を渡るシーンを撮るもので、鉄橋のどちら側からも撮れますが、東側に手摺りが、西側にはケーブルがあり、作例は西側からの撮影したものです。

1.光線:ほぼ終日順光、春夏季の朝は北側から順光。
2.あし:勝瑞駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:南西側に若干台数置ける。

高徳線 吉成-佐古

下り 975D 普通 鳴門行 2016年7月撮影
徳島線
上り 974D 普通 鳴門行 2016年7月撮影(後追い)
徳島線
 この区間は大河吉野川を渡りますが、トラス鉄橋のため、川の北側の田んぼで撮影しました。インカーブ・アウトカーブともに撮れますが、インカーブ側は雑草が生えていたので、夕方にアウト側から撮影。1本目はサイドから撮影したのですが、北側にある工場からの帰宅の車がぞろぞろ出てきて、ビデオ撮りは少々困りました。

1.光線:下り列車が昼前から順光。
2.あし:吉成駅から徒歩15分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:小学校の北側にコンビニ・マクド。
4.駐車:路上駐車になるので配慮のこと。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

徳島線 鮎喰-府中

上り 446D 普通 徳島行 2016年12月撮影 《4K動画切り出し》
徳島線
 徳島線内でのハイライトは鮎喰川の鉄橋を渡るシーンで、川の東西どちら側からも撮れます。作例は東側からの物で、朝の40系を順光で捉えるべく構えるのですが、東側の立ち位置は、車道すぐ横となるので、三脚を立てる余裕も取れず、通る車の音や風圧もあって、ビデオ撮りには厳しい場所となっています。

1.光線:午前中の上り列車と、午後の下り列車が順光。
2.あし:鮎喰駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにコンビニ。
4.駐車:東岸は余地なし。西岸は堤防道路に余地あり。
5.その他:国道を走る路線バスも利用できる。
車椅子での撮影可否:西岸に限り堤防道路からの撮影ができる模様(未確認)。

徳島線 府中-石井

上り 446D 普通 徳島行 2016年7月撮影
徳島線
 徳島線内で比較的開けた場所はあるかと、航空写真を頼りにこの場所に行ってみたところ、意外と太陽光発電パネルなどが邪魔になるわ、おまけにどんより雲ってきたわで、今一つな出来になってしまいました。意外と開けた場所は少なそうです。

1.光線:午前中の上り列車と、午後の下り列車が順光。
2.あし:府中駅から徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにコンビニ。
4.駐車:1台ぎりぎり置けるかという程度。
車椅子での撮影可否:一応舗装道路からの撮影です。

牟岐線 阿波中島-阿南

上り 530D 普通 徳島行 2016年7月撮影
牟岐線
 牟岐線内で春夏期限定だが上り列車を順光で撮れる数少ない場所の1つで、築堤を上る列車をスッキリと撮ることができる。
 難点は駅から少し遠いことと、道が狭くて車を停める場所がないこと。この時も田井ノ浜から追っかけてきたのですが、車を停める場所がなくて苦労しました。

1.光線:春夏期の朝の上り列車と、反対側から午後の下り列車が順光。
2.あし:阿南駅から徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:軽トラ規格の道が多く、路上駐車は不可。県道の鉄橋付近の余地に停めて5分ほど歩くのが賢明。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

牟岐線 由岐-木岐 (田井ノ浜)

上り 530D 普通 徳島行 2016年7月撮影
牟岐線
 “阿波室戸シーサイドライン”という割にはほとんど海を入れた写真が撮れない牟岐線。そんな中で数少ない海を、それも砂浜を手前に入れた場所として昔からの名撮影地であったが、最近は木が伸びたりして、かなり撮りにくくなっているようです。
 海水浴シーズンは臨時駅の田井ノ浜駅が営業しますが、その時間帯は海水浴客がいるので、誰も居ない朝一番で行くのがよいでしょう。

1.光線:朝の上り列車が順光。
2.あし:田井ノ浜駅ら徒歩3分、由岐駅からでも徒歩15分ほど。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:海水浴シーズンはB&G前に臨時駐車場が開設される。
車椅子での撮影可否:舗装道路から土の所に少し入ります。
トイレあり:撮影場所の北側にあり

伊予鉄道横河原線 石手川公園-いよ立花

下り 普通 横河原行 2016年12月撮影

 石手川公園を出て築堤を下る電車を見上げるように撮れる場所で、周囲は古くからの住宅地で路地も狭いが、短い編成の電車のため何とか撮れる環境にある。また石手川公園駅の松山市駅寄りの築堤でも撮れる。アングル的には、もう少し左側の電線を上手く処理できなかったかなというところでした。

1.光線:午前遅めの下り列車が順光、上り列車は後追いになる。
2.あし:石手川公園駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路地が狭く路上駐車は不可。
車椅子での撮影可否:道路からの撮影です。

伊予鉄道横河原線 いよ立花-福音寺

上り 普通 高浜行 2016年12月撮影

 松山市内は意外と住宅などが建て込んでいて、隣の東温市へ行くまでなかなか線路脇が開けてこないのですが、そんな中かろうじて2両程度が納まる畑を発見しました、訪れたのが朝だったので正面は影っていますが、午後の遅めならバッチリでしょう。東側はマンションがあって入れないので、実質上り列車専用となります。

1.光線:午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:いよ立花駅から徒歩5分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車はできなくもないが配慮を。
車椅子での撮影可否:道路からの撮影です。

伊予鉄道高浜線 梅津寺-港山

上り 普通 高浜行 2014年9月撮影(後追い)

 伊予鉄道で唯一、海岸線を行く風景が見られる場所で、車窓には砂浜が一瞬広がるが、外から見ると足回りが隠れる形で防護壁があります。そのため、取りあえず「海岸を行く」とした風景写真として。もっと広角で引けば、砂浜を入れた写真になったのですが、列車が小さくなるし、ちょっとアングルに迷いました。

1.光線:午後の下り電車が順光、上りは後追いになる。
2.あし:梅津寺駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。砂浜に季節営業?のお店あり。
4.駐車:不可。海水浴シーズンに有料駐車場が設けられる。

伊予鉄道高浜線 大手町-松山市

下り 普通 横河原行 2016年12月撮影

 松山市駅からほど近い小さな踏切で撮影。市の中心部とあって、ビルの影が落ちるので、陽が高い夏場の昼前あたりしか環境としては良くないかも?ほぼ下り列車専用です。

1.光線:午前遅めの下り電車が順光。
2.あし:松山市駅から徒歩5分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:アーケード街などにいろいろ。
4.駐車:路上駐車は不可、南側の有料駐車場などに停めること。
(個人DATA:初回訪問1989年11月、訪問回数2回)

伊予鉄道城南線 市役所前-南堀端

上り 道後温泉行 2016年12月撮影(後追い)

 市内電車の最も松山らしい場所の一つ、バックに松山城の城山を見上げながら90度のカーブを曲がる姿は、松山を訪れたらぜひ撮っておきたい定番撮影地。確か以前はここに歩道橋が掛かっていて楽に撮れたのではと思います。今は車の間を走る電車をいかにタイミング良く撮れるか、運が頼り。

1.光線:昼前後の下り電車と、午前中の上り列車が順光。
2.あし:市役所前電停から徒歩3分、松山市駅からでも遠くない。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:アーケード街などにいろいろ。
4.駐車:路上駐車は不可、有料駐車場に停めること。
車椅子での撮影可否:歩道からの撮影です。

エントリーページ移動



Utility

概 要

新プログラムに移行しました。これまでと同様にご利用いただけます。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/13 from 六甲1号(管理人)
Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/12 from 吉田聡一郎
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from 六甲1号(管理人)
Re:飯山線 替佐-蓮 (替佐農道踏切)
2016/02/28 from あきちゃん
Re:近鉄奈良線 富雄-学園前
2013/04/24 from 六甲1号(管理人)

Feed