Entry

2012年04月

磐越西線 喜多方-山都 (慶徳三洋)

下り SLばんえつ物語号 新潟行 2012年4月撮影《ワイド撮影》

 慶徳地区には撮影ポイントがいくつかあるが、天気が良ければSLを順光で撮れる線路西側から撮りたい。
 喜多方を出発してある程度速度がついているため、上り坂ながら、期待するほど煙は出ないことも多い。
 アングルは望遠で狙ってよし、引きで撮ってもよし、機関車真横アングルも狙えるのでお好みで場所を選べる。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:喜多方駅から徒歩40分ほどかかる。路線バスは土休日運休。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:三洋工場の駐車場には停めないこと、道路上の余地に数台停められる。
5.その他:喜多方駅周辺に貸自転車(9時~17時:4月~10月)があるので、それを使えば楽に来れる。

磐越西線 喜多方-山都 (慶徳豊岡)

下り 貨物 9293レ 東新潟行 2011年4月撮影《ワイド撮影》

 慶徳の直線を登り切った後は西へカーブしサミットのトンネルへ向かうが、その手前の直線で小俯瞰気味に撮影ができる。
 南側の山が高いため、4月上旬で臨貨はギリギリ山影が落ち始めたので、少し手前でシャッターを切ることとなった。日の長い時期であればよいと思われる。

1.光線:午後早めの下り列車が順光。
2.あし:喜多方駅から徒歩だと1時間以上かかる。線路沿いに奥へ入る小道を行くと、沢を渡る必要があるので長靴必須。川の南側にも細い道があり、長靴の無い人は南側から迂回で入る。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:車1台がやっと通れる道でぬかるみも多く、手前に置いて徒歩が賢明。南側は倒木のため、車は入れませんでした。

磐越西線 荻野-尾登 (利田かがた踏切)

上り SLばんえつ物語 会津若松行 《ワイド撮影》

 S字カーブを登って来るSLを正面から捉えることが出来る場所。踏切横の空き地のキャパは15人ほどで、良位置は5名ほどだが、少し外れてもこの程度の写真は撮れる。
 SLは煙を吐くので基本は縦位置での撮影になるが、こんな時に限って縦位置用にセットしたカメラが本番中に動作不良を起こし痛恨のノーシャッター。横位置で撮ったこちらの映像のみ残る結果に(涙)。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:荻野駅から徒歩数分。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:3台程度しか置けないので注意。

磐越西線 荻野-尾登 (阿賀川)

上り 快速〔あがの〕 会津若松行 2011年4月撮影《ワイド撮影》

 阿賀川の流れが緩やかな場所にあり、列車を見上げるようにして撮る事ができる。運が良ければ水鏡も・・・それ期待でセッティングしたんですが、列車が来る頃になって風が吹いて波が立つ結果に。
 災害復旧工事などで通行できない場合があるので注意。

1.光線:夏場の朝の上り列車が順光。SLは正面影になる。
2.あし:荻野駅から徒歩20分程度。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:3台ほど置ける余地あり。

磐越西線 野沢-上野尻 (明神前)

上り 貨物9294レ  郡山行 2011年4月撮影《ワイド撮影》

 この区間は細田新田の踏切が有名だが、同じアングルに飽きたら、南側の直線で望遠気味に撮影する場所もある。こちらは直線のため、編成が綺麗に撮れる。
 バックに国道陸橋があるため、大型トレーラーなどが通るとちょっと背景が壊れるリスクはありますが・・・

1.光線:午前の上り列車が順光。
2.あし:上野尻駅から徒歩30分程度。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:数台程度置ける。国道は大型車の通行も多いので、追っかけで直前に国道上に停めないこと。SL運行時はパトカーも出る。

磐越西線 野沢-上野尻 (細田新田踏切)

上り DD51レトロ客車号 会津若松行 1998年6月撮影

 飯豊連峰をバックに望み撮影できる超定番撮影場所。
 上野尻駅を発車した上り列車は大きくカーブを描いた後に直線で踏切にさしかかるが、このカーブとバックの山を入れられる初夏の時期にとりわけ人気が高い。線路際にやや邪魔な物が立ったものの定番ポイントとして健在である。
 なおSLは意外と速度を出して通過するため、煙期待度は低め。

1.光線:午前中の上り列車が順光。半逆光だが踏切の反対側や国道陸橋付近から下り列車も撮れる。
2.あし:上野尻駅から徒歩20分。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。野沢中心街の国道沿いにセブン。
4.駐車:国道は駐車厳禁、パト取締りあり。踏切付近の道路だと軽く30台は置ける。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

(個人DATA:初回訪問1994年11月、訪問回数6回)

磐越西線 徳沢-豊実 (群岡)

上り DD51レトロ客車号 会津若松行 1998年5月撮影

 阿賀野川に沿って走る列車を対岸から撮ることができる。なお最近になってここの川に橋が架かったため、撮影環境が変わっています。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:徳沢駅から徒歩30分。徳根という集落へ入ると右へ下りる道があり、突き当たりが川になっている。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:5台程度は置けたが、道路状況が変わっているので現地確認を。国道459線は道が狭いので、川沿いの橋が見える地点には路上駐車しないこと。

(個人DATA:初回訪問1998年5月、訪問回数3回)

磐越西線 日出谷-鹿瀬 (鉄橋西)

下り SLばんえつ物語  新潟行 2012年4月撮影

 午後の下り列車を撮る定番中の定番スポット。奥の鉄橋を望遠で、手前のカーブを引きで撮れ、道路からやや俯瞰気味になることから非常に人気が高い。
 最近道路以外の田畑や林に入っての撮影が禁じられ、基本的に道路から撮影すること。

1.光線:午前の上り列車、午後の下り列車が順光。
2.あし:日出谷駅から徒歩15分ほど。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。駅近くに小さな店あり。
4.駐車:路上駐車になるので配慮のこと。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

磐越西線 日出谷-鹿瀬 (平瀬びょうせ第1踏切)

上り SLばんえつ物語  会津若松行 2012年4月撮影

 トンネルからカーブで出てきたところを捉える編成写真向き場所。この日は前夜からの雪が止んで日も差し始めたため、立ち位置を変えたが、SL通過時には雲ってしまいました。おまけに白煙が巻いたので編成が隠れることに。雪景色が撮れたので我慢するか・・・というところ。
 田植えの時期には水鏡なども期待できる。また曇天時は踏切北側から撮った方が背景の処理がし易い。

1.光線:午前の上り列車が順光。下り列車は後追いになる。
2.あし:日出谷駅から徒歩20分程度。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。日出谷駅前に小さな店あり。
4.駐車:3台ほど置くスペースあり、その他は路上駐車。踏切北側には駐車しないように。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

エントリーページ移動

  • << 前のページ
  • 1
  • 次のページ >>


Utility

概 要

おかげさまで 2017年9月2日に100万PV達成しました。今後もご愛顧よろしくお願いいたします。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Re:肥薩おれんじ鉄道 薩摩大川-西方 (俯瞰)
2017/11/12 from rokko1go-photo
Re:肥薩おれんじ鉄道 薩摩大川-西方 (俯瞰)
2017/11/11 from 重岡宗太郎
Re:肥薩おれんじ鉄道 袋-米ノ津
2017/11/10 from rokko1go-photo
Re:肥薩おれんじ鉄道 袋-米ノ津
2017/11/10 from 重岡宗太郎
Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/13 from 六甲1号(管理人)

Feed