Entry

2010年02月

山陽新幹線 西明石-姫路 (加古川西岸)

下り のぞみ29号 500系 2010年2月撮影

 加古川を渡る列車を東西から撮影できる。ここは午後から順光になる西岸で、関西近郊で手軽に行ける撮影地とあって人気の場所。新幹線のほかに山陽電車も近くで撮れる。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:山陽高砂駅から徒歩20分 (地図)
3.食料:途中にコンビニ有。
4.駐車:河川敷に駐車スペースがあり、そこから橋梁まで徒歩5分ほど。
車椅子での撮影可否:道路脇の堤防・河川敷からの撮影可

(個人DATA:初回訪問2008年11月、訪問回数3回)

山陽新幹線 相生-岡山 (千種川)

上り のぞみ6号 500系(後追い) 2008年11月撮影

 千種川の東岸・西岸からいろんな角度で撮れる場所。駅から遠く、バスも1日2本しかないのが難点。JR西のCMでもよく出てくる場所は東岸の高雄橋からのアングルになる。

1.光線:午前中の上り列車と昼前から午後早めの下り列車が順光。午後遅くなると線路の北側からの撮影になる。
2.あし:坂越駅から徒歩60分ほどかかる。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路脇に2~3台のスペースあり。
5.その他:赤穂駅にレンタサイクル有(9時~17時)
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

山陽新幹線 相生-岡山 (千種川サイド俯瞰)

上り のぞみ6号 500系 2008年11月撮影

 千種川と新幹線をサイドから見下ろす場所。
 ビデオだとパンニングで撮れる絶好のアングルかも。許容人数は数名。望遠で編成圧縮したい人は、ここの丘よりもさらに東側の山に登ると撮れるらしい。

1.光線:午前中の上り列車と昼前から午後早めの下り列車が順光。午後遅くなると側面は陰になる。
2.あし:坂越駅から徒歩60分ほどかかる。トンネルのある小山の北側に看板があり、そこから撮影。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので注意。
5.その他:赤穂駅にレンタサイクル有(9時~17時)

山陽新幹線 相生-岡山 (吉井川東岸)

上り のぞみ6号 500系 2010年2月撮影  《ワイド撮影》

 山陽新幹線を代表する撮影地の一つ。川の東・南・西どちらからも撮影できる。ここは最も有名な東側からのアングル。

1.光線:朝の上り列車が順光。側面は昼過ぎまで順光。
2.あし:赤穂線香登駅から徒歩25分。西側へは回りこむのにかなり時間がかかる。 (地図)
3.食料:近くのレストランや、駅からの途中にコンビニ有。
4.駐車:堤防部分に数台置ける。
5.その他:長船駅前のお店にレンタサイクルが5台ほどあり、そこから自転車で15分程度で来れる。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可 トイレあり:ドライブインが利用できる

(個人DATA:初回訪問2004年1月、訪問回数4回)

山陽新幹線 相生-岡山 (吉井川南サイド)

下り こだま639号 0系 2008年8月撮影

 こちらは短編成をサイドから写せる場所で、もちろん広角やビデオパンニングなどで16両編成を撮ることもできる。朝凪の時間帯なら水鏡も期待できる。

1.光線:側面のみなので朝~15時ごろまで順光。
2.あし:赤穂線香登・長船両駅から徒歩で35分程度。 (地図)
3.食料:駅からの途中にコンビニ有。
4.駐車:国道脇の駐車帯のほか、堤防から河川敷にも下りられる。
5.その他:長船駅からレンタサイクルで10分程度。

山陽新幹線 相生-岡山 (吉井川西岸)

下り こだま639号 0系 2008年11月撮影

 こちらは午後から順光になる場所。アクセスが駅から徒歩だとかなり遠くなる。
 この日は午前の下りこだまの撮影だが、先頭が流線型のため、ある程度前頭まで陽が回ってくれた。

1.光線:下り列車が昼ごろ~15時ごろまで順光。
2.あし:赤穂線長船駅から徒歩で50分程度。 (地図)
3.食料:駅からの途中にコンビニ有。
4.駐車:堤防道に置けるが、通行車両もあるので、きちんと端に置くこと。
5.その他:長船駅からレンタサイクルで20分程度。
車椅子での撮影可否:堤防道路上からの撮影可

山陽新幹線 相生-岡山 (東岡山)

上り こだま620号 0系 2008年8月撮影

 高梁川の撮影地と同様に上から狙うことができる。街中にあって手軽に行ける人気ポイントだが、線路がカーブしており、架線柱・電線が写りこむので処理が難しく、良い位置で撮れる人数は2~3名程度。
 この日は岡山発1番電車でやってきたが、既に5名近くが陣取っており、その脇から構えたものの、ビームが邪魔になった。

1.光線:午前中の上り列車が順光。下り列車は後追い撮影になる。
2.あし:東岡山駅から徒歩15分。トンネル真上にある公園。 (地図)
3.食料:東岡山駅北側にヤマザキ。
4.駐車:できなくはないが、車では来ない方がよい。

山陽新幹線 岡山-新倉敷

上り こだま638号 0系 2008年11月撮影

 光線の良い時間帯は少ないが、斜め上から狙える場所として人気がある。駅から遠いが、レンタサイクルや路線バスが使えるようだ。定員は数名程度。

1.光線:朝の上り列車のみ順光。下り列車は後追い撮影になる。
2.あし:倉敷駅から徒歩45分。倉敷駅北口から井笠バスが一日数本あり。新幹線と高速道の間の踏切を渡り、Y字を右へ次のトの字の左側に細い路地があり、そこを入ってゆくと竹薮の先に新幹線の金網がある。 (地図)
3.食料:倉敷駅などで事前に用意のこと。
4.駐車:トの字を右へ曲がり、更に100m程進んだ所に2台、更に200m進んだ辺りに数台置けそうなスペースあり。
5.路線バス:倉敷駅北口から井笠鉄道バス矢掛行きで備中黒田下車。

山陽新幹線 新倉敷-福山

下り こだま659号 0系 2008年11月撮影

 果樹園のある小高い山の中腹から新幹線の高架を見下ろすことが出来る。午後の下り列車向き。電柱が立て込んでいて処理には苦労する。

1.光線:午後の下り列車が順光だが、写真のように電柱の影が車体に写る。薄曇りの日の方がよいかも? 上り列車は後追いアングルになる。
2.あし:金光駅から徒歩で45分ほどかかる。真っ直ぐ行ける道がなく、山の南側か北側から回り込むことになる。 (地図)
3.食料:金光駅北側数分にスーパー、その東にセブン有。
4.駐車:果樹園への農道は軽トラ専用幅。狭い急坂のため脱輪必至、普通車の場合は新幹線の高架下付近に停めること。2~3台置ける。
 ここは夏に金光駅から徒歩で移動中に雷雨で断念した所。秋に車でリベンジ。新幹線の高架下付近に車を置き10分程度歩いて畑へ到着。今度はピーカンだったけど・・・。

東北本線 尾久-赤羽 (東十条駅南)

下り寝台特急〔カシオペア〕 2010年2月撮影 《ワイド撮影》

 都内で東北線・湘南新宿ラインの列車を撮れる場所。道路が狭いため三脚や荷物を大きく広げての撮影は慎みたい。

1.光線:午前遅めの上り列車と午後遅めの下り列車に陽が当たる。あまり遅い時間になると建物の陰になる。冬場は16時前まで。
2.あし:東十条駅から徒歩5分程度。 (地図)
3.食料:周辺にコンビニあり。
4.駐車:不可
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

東北本線 尾久-赤羽 (東十条駅横)

上り寝台特急〔カシオペア〕 2010年2月撮影 《ワイド撮影》

 東十条駅の真横で、並行する道路が線路よりも高い場所にあるので、少し見下ろして撮れる。
 すぐ横に駅が写るのであまり好きではないが、この日は朝降った雪が一番残っているこの場所での撮影とした。

1.光線:昼前~午後の下り列車が順光。
2.あし:東十条駅から徒歩5分程度。 (地図)
3.食料:周辺にコンビニあり。
4.駐車:不可
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

東北本線 尾久-赤羽 (東十条駅北)

上り寝台特急〔北斗星〕 2010年2月撮影 《ワイド撮影》

 東十条駅近辺は線路脇のホッチキスが邪魔になるが、ここには無いので直線できれいに編成が撮れる。
 この日は曇ったのが逆に幸いして、朝の上り北斗星を撮ることができた。

1.光線:午後の上り列車が順光。下り列車はほぼ終日逆光。
2.あし:東十条駅から徒歩数分。狭い道路を車が走ってくるので注意すること。 (地図)
3.食料:駅周辺にコンビニあり。
4.駐車:不可

東北本線 赤羽-浦和 (西川口駅北)

上り寝台特急〔北斗星〕 2010年2月撮影

 歩道橋から見下ろして撮影ができる。歩道橋の向きからして上り列車用だが、身を乗り出せば下り列車も一応撮れる。定員は10名程度。
 この日北斗星は1時間近く遅れており、陽が西側に回ってきたので当初構えていた東側から西側に移動しての撮影となった。

1.光線:歩道橋の東側は午前10時ごろまで、それ以降は西側から順光になるが午後2時前後から正面は影る、夏場の遅い時間は下り列車が順光になるかも。
2.あし:西川口駅から徒歩数分。 (地図)
3.食料:西川口駅周辺にいろいろあり。
4.駐車:不可

東北本線 東大宮-蓮田

上り 寝台特急〔北斗星〕 2008年2月撮影

 ヒガハスと言われる程ポピュラーな撮影地。上り列車に対して概ね順光でほぼ1日撮影することができる。午後からは線路の反対側に回るので、昼までで帰る人が多い。

1.光線:上り列車が朝を除きほぼ終日順光(朝は正面が影る、特に夏場は9時過ぎまでかかる)。下り列車は後追い撮影になる。
2.あし:蓮田駅から徒歩25分。 (地図) 
3.食料:蓮田駅前にファミマあり。
4.駐車:ここは基本的に歩いて行く場所。
5.その他:農作業の邪魔をしないこと。たまたま出くわした農家の方が撮影合間の私の前を「通っていいですか?」とかなり気の使いよう。自分の農地だから遠慮しなくてもいいのにと思うが、これは相当罵声を浴びせられてるな?と感じずにはいられなかった。

上り 寝台特急〔カシオペア〕 2010年9月撮影 《ワイド撮影》

 EF510に牽引機が変わって初めての訪問。9月に入ったら大丈夫かと思ったが、まだ前面は陰っている。正面から望遠狙いの人が多いが、この光線状態ならなるべく斜めから撮った方がベターと思われる。カシオペアの正面に日が当たるのは10月以降?

(個人DATA:初回訪問2004年8月、訪問回数6回)

東北本線 東鷲宮-栗橋 (蜜蔵寺)

上り 団体臨時列車 2007年5月撮影

 東鷲宮-栗橋間は通称「ワシクリ」と呼ばれる、中川の北側一帯の田園での撮影地が定番だが、中川の南側にも撮影出来る場所がある。しかし近年、バックに線路を跨ぐ道路橋の建設が進んでおり、景色ブチ壊しとなる日も近い。

1.光線:上り列車が順光(朝は正面が影る)。下り列車は後追い気味のアングルになる。
2.あし:東鷲宮駅から徒歩25分。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:線路西側の農道はやや固めだが、東側の農道はゆるいのでぬかるんで脱出できなくなる恐れあり、その周辺は余地なし。

東北本線 東鷲宮-栗橋 (水沢踏切)

下り 団体列車 2007年11月撮影

 ワシクリと呼ばれるヒガハスと双璧をなす定番ポイント、こちらは直線ありカーブありと幾通りものアングルで楽しめる場所。それ故に撮影者がアングル内に映り込んでしまうリスクも高く、時々罵声が飛び交う。踏切を基点に上り下り両方撮れる。

1.光線:午前中の上り列車が順光(早朝は正面が影る)。下り列車は夏場の朝に順光になる。それ以外はサイド狙いになる。
2.あし:栗橋・東鷲宮・東武鷲宮いずれの駅からも徒歩45~50分。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:線路脇の砂利道に置く者も多いが、カーブ南側からの撮影者に配慮して踏切東側の道路に置くのが良い。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

(個人DATA:初回訪問2007年4月、訪問回数4回)

東北本線 東鷲宮-栗橋 (黒小屋踏切)

上り 特急〔日光84号〕 2007年5月撮影 2枚共


 佐間の陸橋の南側にも直線があり、田んぼが低いことから線路脇の側道や踏切西側から撮影ができる。上下どちらの方向にも撮影できるので便利。この日は夕方に彩野使用の特急〔日光84号〕やあずさ色189系の臨時列車など数本が撮れた。

1.光線:上り列車が順光(早朝は正面が影る)。下り列車は線路東側から夏場の早朝に順光になる。
2.あし:栗橋駅から徒歩40分前後。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:周辺の道路は狭く、西側に1台程置ける場所がある程度。
車椅子での撮影可否:道路上からの撮影可

(個人DATA:初回訪問2007年5月、訪問回数3回)

東北本線 東鷲宮-栗橋 (佐間陸橋北)

上り 寝台特急〔北斗星〕 上野行  2010年3月撮影

 直線区間を行くシーンを撮影できる。アングルは (1)陸橋からの俯瞰、(2)踏切跡からの正面狙い、(3)サイド狙い の3通りがあり、俯瞰と正面狙いでは長い望遠レンズが必要となる。
 ビデオ撮りをする場合は、こちらのサイド狙いが適切だが、夏場は雑草が伸び放題で足回りが隠れてしまうので撮影には不適な上、線路脇の道路を時々人や自転車が通るので、被らない事を祈るのみ。

1.光線:上り列車が順光(朝は正面が影る)。
2.あし:栗橋駅から徒歩30分程度。 (地図) 
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:陸橋下付近に少数台。

東北本線 片岡-矢板 (片岡運動場)

上り 寝台特急〔北斗星〕 2010年1月撮影 《ワイド撮影》

 那須連山をバックに入れて築堤を走る列車をバッチリ撮れる場所だったが、その後鉄塔などが増えて背景がうるさくなってきたようです。

1.光線:午前中早めの上り列車が順光。
2.あし:片岡駅から徒歩20分程度。片岡運動場北側にある砂利道の踏切付近。 (地図)
3.食料:矢板インター近くにファミマ。
4.駐車:踏切へ通じる砂利道は駐車禁止のため乗り入れ自体しないこと。地元住民による監視あり。

東北本線 豊原-白坂 (鉄橋)

上り 寝台特急〔北斗星〕上野行 2010年1月撮影 《ワイド撮影》

 豊原の大鉄橋を下から見上げるシーンが撮れる有名ポイント。
 光線の関係で朝は正面が影になって黒く潰れるが、冬場の日の出ぎりぎりなら黒潰れしないかと思って氷点下6度の中凍えながら狙ってみたが、右側から川モヤが立ちこめてきてぼやっとした写真になってしまった。快晴無風よりは少し風があれば良かったんだが、やはりここは午後メインの場所ですね。

1.光線:午前遅い時間から昼過ぎの上り列車が順光。
2.あし:豊原駅から徒歩40分程度。 (地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:行き違いもできない細い土道しかなく、停める場所は栃木県側・福島県側ともに数台程度。

エントリーページ移動



Utility

概 要

おかげさまで 2017年9月2日に100万PV達成しました。今後もご愛顧よろしくお願いいたします。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Re:肥薩おれんじ鉄道 薩摩大川-西方 (俯瞰)
2017/11/12 from rokko1go-photo
Re:肥薩おれんじ鉄道 薩摩大川-西方 (俯瞰)
2017/11/11 from 重岡宗太郎
Re:肥薩おれんじ鉄道 袋-米ノ津
2017/11/10 from rokko1go-photo
Re:肥薩おれんじ鉄道 袋-米ノ津
2017/11/10 from 重岡宗太郎
Re:神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台
2016/10/13 from 六甲1号(管理人)

Feed