Entry

Category: 6.近 畿 地 方

近鉄大阪線 榛原-室生口大野 (ふれあい広場)

上り 大阪難波ゆき 特急 2017年2月撮影 《4K動画切出し》

 榛原8号踏切から山側に細い道を上って行くと全体を見下ろせる場所があり、ここから上り列車を俯瞰撮影できます。この日は足元が完全に埋まりそうな程の雪を踏んで上がってきました。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:榛原駅から徒歩50分。奈良交通バス天満台終点バス停から下りてくると楽。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:ふれあい広場に駐車できる。

近鉄南大阪線 古市-駒ヶ谷 (石川西岸)

上り 大阪阿部野橋ゆき 特急 2017年8月撮影 《4K動画切出し》

 南大阪線唯一の長大鉄橋である石川の橋梁を渡る朝の8連特急を狙ってみたいのですが、天気がいいとどうしても逆光になるので、薄曇りの日に行ってみました。既に新色が半分混じったACEとススメバチのブツ8で来ましたが、別の日に行っても同様の結果でした。
 なお平日の朝はここを抜け道として走ってくる通勤の車が多いので、道路からの撮影は注意して下さい。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:古市駅から徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:河川敷に置けるが、土休日などは利用者で埋まってたりする。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影は車に注意。
トイレあり:北側の浄水場の市民トイレが時間限定で開放
(個人DATA:初回訪問2017年8月、訪問回数2回)

近鉄南大阪線 上ノ太子-二上山 (4号踏切)

下り 橿原神宮前行 急行〔開運号〕 2013年1月撮影 
開運号
 大阪-奈良の県境の長い峠の駅間にある小さな踏切で、狭い2名ほどのキャパの場所でカーブから顔を出した姿をアップで捉えます。編成よりも正面のダブル看板重視なので、こういうのでいいです。ここの場所は。

上り 大阪阿部野橋行 急行〔開運号〕 2013年1月撮影 
開運号
 こちら側は上を高架道路が跨ぐようになったため、影落ちします。冬場だったので、側面はすべて影ってますが、夏場なら少しぐらいは日が当たる期待あり。

1.光線:午前中の下り列車と午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:上ノ太子駅から徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにセブン。
4.駐車:路上駐車は余地なし。電車での訪問を。

近鉄南大阪線 当麻寺-磐城 (5号踏切)

下り 橿原神宮前行 急行〔開運号〕 2013年1月撮影 
開運号
 二上山の麓から尺土の手前までは一直線に下ってくるコースで、だいたい似たような踏切があるので、適当な所を選んで撮ることができる。草がさらに伸びて環境が悪くなってる可能性があります。

1.光線:午前遅めの下り列車が順光。上り列車は追い撮りになる。
2.あし:磐城駅から徒歩8分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:車での乗り付けは不可、どこか手前に停めることになる。

近鉄南大阪線 坊城-橿原神宮西口 (4号踏切)

下り 橿原神宮前行 急行〔開運号〕  2013年1月撮影 
開運号
 南大阪線のほぼ終わりになる最終のストレート区間で手頃な踏切がありここで撮影できる。上り列車を撮るには脇の草が少々邪魔になるので、下り列車向きの場所です。

1.光線:午前中の下り列車と午後遅めの上り列車が順光。
2.あし:坊城駅から徒歩10分ほど。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅の北側にローソン。
4.駐車:路上駐車か、東側にある運動公園の駐車場に入れてもよい。正月は周辺道路は名物の大渋滞で動かなくなるので、電車で来ること。
車椅子での撮影可否:一応舗装道路からですが、細くて留まれない可能性あり。
トイレあり:運動公園の駐車場にあり

近鉄吉野線 飛鳥-壺阪山 (2号踏切)

下り 吉野ゆき 特急 2013年1月撮影 

 吉野線内でストレートできれいに撮影できる定番スポットで、道路から手軽に撮れる。
 午前中に下りで4連特急が入るのは珍しいが、正月の特別輸送の時で、運良く16000系4連が入っていました。

1.光線:午前中の遅めに下り列車が順光。上り列車は夏場の早朝のみ順光。
2.あし:飛鳥駅から徒歩約10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:国道沿いにセブン。
4.駐車:狭い道ばかりで厳しい。電車で訪問を。
5.その他:駅前にレンタサイクルあり、9-17時
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

山陽電鉄本線 東須磨-月見山

上り 回1126レ 回送 東須磨行 2017年11月撮影 《4K動画切出し》


 上記と同じ列車の後追い 《4K動画切出し》

 東須磨駅の東側に小さな踏切があり、駅を出た上り列車を撮ることができる。キャパは1~2名なのと、柵から下り列車までの間隔が狭いので、腕を出して撮影すると触車の危険性あり。秋冬期の朝は1両分しかまともに日が当たりません。

1.光線:上り列車が朝に順光。下り列車は春夏期の15時頃から順光になる。
2.あし:月見山駅から徒歩4分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:自転車1台がやっと通れる道なので、車の進入は不可。

山陽電鉄本線 月見山-須磨寺 (直線)

下り 9151H 直特 姫路行  2017年5月撮影 

 須磨の古い住宅地の間を縫うように走る電車が撮れる場所で、上りは踏切から、下りは踏切から少し入った路地から撮れます。太陽の角度が低い秋冬期は家の影が落ちるので、撮影にはあまり向いていません。

1.光線:春夏期の朝の上り列車と午後遅めの下り列車が順光。
2.あし:両駅からどちらも徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:南側の角にセブン。
4.駐車:不可。バス道で交通量も多い。

山陽電鉄本線 須磨-須磨浦公園 (駅西カーブ)

下り 1623K 普通 姫路行 2017年5月撮影 

 須磨駅を出てカーブを行く列車を線路の北側から撮れる場所で、原則夏場の夕方前に順光になりますが、北側が山なので順光時間は短いです。

1.光線:夏場の16時前後の下り列車限定で順光。
2.あし:須磨駅から徒歩8分。私有地を示す柱の手前が立ち位置。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅近辺にいくつか有。
4.駐車:不可。コインPなどに停めて徒歩で来ること。

山陽電鉄本線 須磨-須磨浦公園 (陸橋)

下り 特急 須磨浦公園行 1998年1月撮影 

 須磨浦公園駅のすぐ東側にある陸橋から下り列車を撮影できます。電線類が多く写ってあまり車両主体では撮れないので、あくまでも風景の一つとして捉える場所です。写真は懐かしい阪急電車の乗り入れ当時のもの。
 ※2017年11月現地確認:撮影は可能です。


 西側へカメラを向ければ駅に停車中の電車を撮ることができます。阪急と阪神の車両が並ぶシーンは1998年2月まで見られました。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:須磨浦公園駅から徒歩1分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:有料駐車場に停めること。
車椅子での撮影可否:柵が低めなので撮れると思います。
トイレあり:公園内にあり

(個人DATA:初回訪問年月不明、訪問回数4回ぐらい)

山陽電鉄本線 須磨浦公園-塩屋 (直線)

上り 720レ 普通 高速神戸行 2017年11月撮影 

 両駅のちょうど中間地点にあり、南側に海を見ながら気持ちよく飛ばしてくる場所。原則的に上り列車向きの場所で、脚立を使うか、身軽な人は柵に掴まってひょいっと登って手持ちで撮ります。道路上にうまく車が空いた時に来ればラッキー。接近警告灯があるので便利です。

1.光線:午前中の上り列車と午後の下り列車が順光。
2.あし:両駅から徒歩15分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車は不可。交通取締りで有名な区間です。

山陽電鉄本線 須磨浦公園-塩屋 (境川西踏切)

上り 624レ 普通 東須磨行 2017年11月撮影 《4K動画切出し》

 境川西踏切の東側からカーブを行く列車を撮影、午後は上り列車の追い撮りに向いています。下り列車はスペース的に余裕がないので正面狙い的な写真になります。

1.光線:午前中の上り列車と午後の下り列車が順光。夏場の夕方は影になる。
2.あし:駅から徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:塩屋駅北側に小さなコンビニ。
4.駐車:不可。取り締まりもよく来る。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影ですが、アングル内に柵が大きく入る可能性あり。
(個人DATA:初回訪問2013年6月、訪問回数3回)

山陽電鉄本線 須磨浦公園-塩屋 (塩屋東第2-3踏切)

下り 1421レ 普通 姫路行 2017年10月撮影 

 ここは歩道からの撮影の他に、踏切の北側の階段に登って、海をバックに車体の一部を切り取ったような印象写真で有名な場所です。

1.光線:午前中の上り列車と午後の下り列車が順光。
2.あし:山陽・JR共に塩屋駅から徒歩10分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:塩屋駅北側に小さなコンビニ。
4.駐車:不可。取締りもよく来る。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。
(個人DATA:初回訪問1986年8月、訪問回数4回)

山陽電鉄本線 須磨浦公園-塩屋 (塩屋東第1踏切)

上り 640H S特急 阪神三宮行 2017年11月撮影 《4K動画切出し》

 駅から近く、手軽に撮影できることから、超有名な撮影ポイント。キャパは2名ぐらいと厳しい。



上り 9090H 直特 阪神梅田行 2017年11月撮影 2枚共《4K動画切出し》

 ↑望遠で大きく寄って  ↓引いて標準で

 踏切の東側からはこのように線路より少し高くなるので、望遠と引いた画角で撮影できる。こちらはキャパは5名ぐらいはいけるか?

1.光線:早朝を除く午前中の上り列車が順光。
2.あし:山陽・JRともに塩屋駅から徒歩5分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅の北側に小さなコンビニあり。
4.駐車:不可。路上駐車には厳しいので注意。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。
(個人DATA:初回訪問1986年8月、訪問回数3回)

山陽電鉄本線 塩屋-滝の茶屋

下り 1527K 普通 姫路行 2017年4月撮影 《4K動画切出し》

 百万都市クラスでこれほど海と列車がきれいに見下ろせる場所があるのは全国でもここぐらいのもので、晴れた午後は最高の景色になります。こんな所に住んでみたいものですね。
 駅の上りホーム端からも撮れます。

1.光線:春夏期の午後遅めの下り列車が順光。
2.あし:滝の茶屋駅から徒歩2分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道が狭く通行量も多いため、路上駐車は不可。

山陽電鉄本線 山陽魚住-東二見 (大見東踏切)

上り 1126レ 普通 須磨行 2017年8月撮影 《4K動画切出し》

 駅間の踏切で適当に撮影。
 ここより更に東側にある畑から撮影できるか見に行ったのですが、柵が張られたり、草が伸び放題になったりと環境が悪くなっていました。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:東二見駅から徒歩8分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:県道沿いにサンクス。
4.駐車:不可。

山陽電鉄本線 西二見-播磨町

上り 1224K 普通 阪急三宮行 2017年8月撮影 《4K動画切出し》

 駅から近い場所で柵も低く、緩やかにカーブした外側から狙うことができます。また西へ更に3分ほど歩いた所にある小さな踏切からも午後に下り列車を撮影できます。

1.光線:昼前後の上り列車と午後の下り列車が順光。
2.あし:西二見駅から徒歩3分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅の南東に関西では珍しいヨーカ堂。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影ですが、柵が1段かさ上げされています。

山陽電鉄本線 播磨町-別府

上り 1222レ 普通 須磨行 2017年10月撮影 

 直線をやってくる列車を道路上から手軽に撮影できる。基本的に上り列車用。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:播磨町駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:意外と通行量があり路上駐車は不可。コインPなども無い。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

山陽電鉄本線 尾上の松-高砂 (加古川西岸)

下り 1023K 普通 姫路行 2017年10月撮影 

 加古川西岸の鉄橋撮影ポイントで、高砂駅から旧国鉄高砂線の線路跡を通ってそのまま堤防に立てます。夏場の夕方は線路北側からの撮影も可。この日は太陽が南中した10分後に来た本命の電車は何とか順光で撮れました。パンタにケーブルが掛かるのが嫌な人は、下へ降りて見上げるアングルなら回避できるかも。

1.光線:午後の下り列車が順光。
2.あし:高砂駅から徒歩数分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:踏切の北側にファミマ。
4.駐車:堤防道路は歩行者・自転車専用、堤防道路の南側端に余地あり。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。
トイレあり:踏切の西側に車椅子対応型あり
(個人DATA:初回訪問2015年4月、訪問回数2回)

山陽電鉄本線 荒井-伊保 (カーブ)

上り 1126レ 普通 須磨行 2017年11月撮影 《4K動画切出し》

 直線から緩いカーブに入ったところを撮れる場所で、低いガードレールのみのため楽に撮影できる。ビデオパン撮影もOK。原則的には上り列車用。
 高砂駅の荒井寄りにも似たような場所があります。

1.光線:昼前後の上り列車が順光。
2.あし:荒井駅から徒歩5分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅前にセブン。
4.駐車:大型車が通るため路上駐車は不可。線路北側のコインPに停めること。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

エントリーページ移動



Utility

概 要

おかげさまで 2017年9月2日に100万PV達成しました。今後もご愛顧よろしくお願いいたします。 2017/12/6 掲載数が1,300ヶ所を超えました。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Feed