Entry

Category: 羽越本線(全)

羽越本線 岩船町-村上 (助淵踏切)

下り 1925M 普通 村上行(後追い)  2017年9月撮影 《4K動画切出し》 

 田んぼの中を行く直線区間の村上に近い側で、同様に列車が撮れる。踏切から線路と並行する農道を少し入った辺りで撮影。

1.光線:日中の上り列車が順光、春夏期の朝夕に下り列車が順光期待。
2.あし:村上駅から徒歩35分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を、農繁期の農道への乗り入れは不可。
車椅子での撮影可否:踏切と交差する道路は舗装されています。

羽越本線 岩船町-村上 (中江踏切)

上り 936M 普通 新潟行  2016年8月撮影 

 田んぼの中の直線を気持ちよく飛ばしてくる列車を撮影できる場所です。線路が南北に走っているため、日中は上り列車が順光です。
 夏場の昼間に駅から歩いて来たのでぶっ倒れそうでした。

1.光線:日中は上り列車が順光、下り列車は春夏期の朝夕に光線期待。
2.あし:岩船町駅から徒歩35分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:舗装道路からの撮影です。

羽越本線 坂町-平林 (荒川堤防)

下り 1925M 普通 村上行  2016年8月撮影 

 既紹介の荒川橋梁へ登る築堤のサイド狙いの田んぼの場所から村上寄りに進んで、川の堤防に上がると、緩いカーブの築堤を登ってくる下り列車を撮ることができます。春夏期の朝限定。

1.光線:春夏期の朝の下り列車が順光。
2.あし:坂町駅から徒歩25分。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:途中にセブン。
4.駐車:ダンプカーの通り道なので、路上駐車は厳禁。東側から河川敷に入って停める。
その他:この場所をストリートビューで見るとある地点で感動するかも。

羽越本線 平木田-坂町

上り 820D 普通 新津行(後追い)  2016年8月撮影 

 田んぼの中を行く列車を農道から狙える場所で、朝の下り列車が順光で撮れる場所です。農繁期は作業の邪魔になるので農道への立ち入りは自粛して下さい。

1.光線:冬場を除く朝の下り列車と昼前後の上り列車が順光。
2.あし:坂町駅から徒歩20分弱。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:農道への乗り入れはせず、舗装道路に停めること。

羽越本線 間島-越後早川 (仲雲寺)

上り 822D 普通 村上行 2017年8月撮影 《4K動画切り出し》

 日本海を見ながらやってくる上り列車を少し俯瞰気味に狙うことができる。 手前の畑に害鳥避けのネットが張ってあったので、それを避けるのに苦労しました。収穫期以外なら外されているかも知れません。下り列車は北側の田んぼからサイド気味か、この場所からの追い撮りになります。道路から山側に入った草道にキャパ数名。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:間島駅から徒歩10分。お寺の東側の道。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:舗装道路からでも撮影できる。

羽越本線 今川-越後寒川 (脇川大橋)

上り 831D 普通 酒田行 2017年8月撮影 《4K動画切り出し》

 こちらは有名な国道橋から写せる定番スポット。 夕方近くの列車をサイドで狙えます。夏場であれば下り列車が順光に撮れることもあります。
 国道は海側に歩道があるので、線路側には余地がなく、横を車がガンガン通るので三脚は立てられません。

1.光線:午後遅めの列車がサイドから順光。
2.あし:越後寒川駅から徒歩25分。橋の南側にはバス停がある(1日2往復) (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:橋の北側に数台ほどのスペースあり。
トイレあり:橋の北側にあり

羽越本線 新津-京ヶ瀬

下り 貨物 4061レ 札幌(タ)行  2012年6月撮影

 新潟県内随一の長大鉄橋である阿賀野川の橋りょうを渡る列車を撮るポイント。
 河川敷も広大で、農地になっていて内堤防に登っての撮影になります。
 駅から少々遠いですが、一度は訪れたい場所です。

1.光線:朝の下り列車が順光。
2.あし:京ヶ瀬駅から徒歩40分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:河川敷に置ける。

羽越本線 坂町-平林 (田んぼ)

 環境変化 
上り 貨物 4060レ 大阪(タ)行  2012年6月撮影

 荒川鉄橋南側で築堤を上り下りする列車をサイド気味に撮影できるポイント。
 上り列車は望遠で狙ってもよし、115系やいなほ号をサイドでとアングルを使い分けられる。
 ※2016年再訪時、田んぼのポンプに電力を供給する電柱が増えて少々うるさくなっていました。

1.光線:午前中の上り列車が順光。
2.あし:坂町駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:すぐ近くにセブン。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可
(個人DATA:初回訪問2012年6月、訪問回数2回)

羽越本線 村上-間島 (三面川)

上り 特急〔いなほ10号〕 新潟行  2012年6月撮影

 村上近辺での撮影地と言えば、ここを外すわけにはいきません。それほどの大定番撮影地で、鉄橋を走る列車をきれいに編成で抑えられるので、電車特急からSL列車までオールマイティにいけます。
 アングルは鉄橋下から見上げるものと、少し後ろの盛り土からの2つがあります。どちらで撮っても納得の良撮影地ですが、駅から少々遠い。

1.光線:上り列車が朝以外に順光。
2.あし:村上駅から徒歩35分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:駅周辺で用意。
4.駐車:若干台数可。

羽越本線 村上-間島 (岩ヶ崎陸橋)

下り 特急〔いなほ7号〕 秋田行  2012年6月撮影

 日本海を横目に下り列車を順光で撮れる場所があるかと探していたら、こういう場所があり、編成としてはギリギリだが風景写真としては中々いい場所でした。残念ながら晴れにならず薄曇りのコンディションでした。

1.光線:夏場の夕方近くに正面順光。
2.あし:間島駅から徒歩45分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:1・2台のみ。

羽越本線 村上-間島 (大月)

上り 特急〔いなほ12号〕 新潟行  2012年6月撮影

 この駅間は複線区間であるが、ちょうど上下線の線路が別れるためにカーブをしている場所で、カーブを曲がり始めた列車を狙える好撮影地です。
 うまい具合に田植えの水を張った時季だったので、水鏡が見られました。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:間島駅から徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:若干台数可。

(個人DATA:初回訪問2012年6月、訪問回数3回)

羽越本線 今川-越後寒川 (畑俯瞰)

下り 特急〔いなほ3号〕 酒田行  2014年5月撮影

 段々畑から日本海をバックにサイドから撮影できる場所で、駅らも割と近い。気合いを入れれば山に登っての撮影もできる。畦道が狭いので畑を踏み荒らさないように。
 夏場の海水浴シーズンは有料駐車場以外は車が止められなくなるので注意。

1.光線:午前中にサイド順光。
2.あし:今川駅から徒歩10分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:踏切付近に2・3台置けるが、海水浴シーズンは規制されるので有料駐車場に停めること。

羽越本線 今川-越後寒川 (蓬莱山)

上り 特急〔いなほ8号〕 新潟行  2012年6月撮影

 景勝笹川流れの北側のハイライトである、そそりたつ岩がある風景を俯瞰撮影する名撮影地。
 山登りもそう難しくはないので、大型三脚担いで登れましたが、最低限ベルトは必要です。
 また頂上付近にはスズメバチがいるので、少々苦労しました。

1.光線:昼前の上り列車が順光。
2.あし:今川駅から徒歩30分程度。線路を横切る獣道のような跡を見つけたら、その先は鉄っちゃん道が出来ているので登って行ける。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:若干台数可。

羽越本線 小岩川-あつみ温泉

下り 特急〔いなほ1号〕 酒田行  2011年8月撮影

 午前中に日本海を入れて下り列車を順光撮影出来る定番撮影地。
 段々畑から見下ろして海を眺めながら気持ちよく撮影できる場所だが、唯一の難点は、背後の道路にトラックが通って列車と被ることがあるので運頼み。

1.光線:午前中の下り列車が順光。
2.あし:小岩川駅から徒歩25分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:小岩川駅寄りに駐車スペースがあるが、ここへ置くとアングル内に入る可能性あり。

羽越本線 酒田-本楯

上り 特急〔いなほ8号〕 新潟行  2013年8月撮影

 酒田駅を出ると、しばらく市街地を走った後に一気に田んぼの中を走る風景が展開されるが、ここがその辺りの場所で、遮るものもなく、格好の撮影場所です。
 下り列車も撮れますが、バックに道路陸橋が入るので、下り列車を撮る場合はなるべく本楯側から撮ります。

1.光線:昼前頃から上り列車が順光。
2.あし:駅から徒歩だと50分位かかるので、駅のレンタサイクルを使うと便利。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:農道に停めるので作業に配慮を。

羽越本線 本楯-南鳥海

上り 貨物 4094レ 名古屋(タ)行  2011年8月撮影

 ここはバックに鳥海山を入れて緩いカーブを曲がってくる列車を撮れる昔からの定番中の定番撮影地。
 鳥海山には夏まで雪が残るが、この場所から残雪を入れて撮れるのは、せいぜい6月下旬辺りまででしょうか?

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:南鳥海駅から徒歩20分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:路上駐車になるので配慮を。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

羽越本線 遊佐ー吹浦 (当山踏切)

上り 特急〔いなほ10号〕 新潟行  2013年8月撮影

 ここは田んぼの中を線路が大きくカーブを描いており、ビデオパン撮影にもってこいの場所です。
 駅からの距離はありますが、遊佐駅にはレンタサイクルがあるので、20分位で来れます。

1.光線:上り列車がほぼ終日順光。
2.あし:遊佐駅から徒歩だと45分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路上に駐車となるので配慮を。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

羽越本線 遊佐ー吹浦 (菅野踏切)

下り 特急〔いなほ7号〕 秋田行  2013年8月撮影

 羽越本線は下り列車を午後から撮影出来る場所は少ないのですが、ここは線路が秋田方面へ向かって北西に向いていることから、夏場の夕方に下り列車が順光で撮影できる場所です。
 この日は残念ながら夕方の雲に太陽が隠れてしまいました。

1.光線:夏場の夕方に下り列車が、上り列車は季節を問わず午前中順光。
2.あし:吹浦駅から徒歩30分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:道路上に駐車となるので配慮を。
車椅子での撮影可否:道路上から撮影可

羽越本線 吹浦-女鹿 (釜磯)

下り 回2021レ 青森行  2013年8月撮影

 ここは手前に日本海を入れて海水浴場近くを走る列車を俯瞰撮影出来る場所で、基本的に午後の上り列車向きの場所です。
 この日はあけぼの号が、新潟県内での大雨のために途中駅で運転を打ち切り、半日以上遅れて回送列車として新津を出発。酒田を過ぎたこの辺りでちょうど午後の日差しになるので追い撮りにすることにして、ここで撮影。キャパはせいぜい3名程度。 ※2017年再訪してみたら、見事に草木が刈られて、10人以上楽にキャパが取れるようになっていました。

1.光線:午後の上り列車が順光。
2.あし:吹浦駅から徒歩30分程度。少々分かりにくい。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:私道になるため、乗り付けずに、必ず手前の町道に置いて徒歩で入ること。
(個人DATA:初回訪問2013年8月、訪問回数3回)

羽越本線 吹浦-女鹿 (鳥崎踏切)

下り 寝台特急〔あけぼの〕 青森行  2014年5月撮影

 日本海をバックにSカーブをゆく線列車を撮影出来る昔からの定番撮影地。
 以前は道路から直接撮れたのですが、その後草木が伸びてきたため、現在では後ろの松の木のある斜面に少し登った所から狙う。中望遠以上が必要で、キャパは15名程度。

1.光線:夏場の朝の下り列車が順光。
2.あし:吹浦駅から徒歩40分程度。 (Y!地図) (goo地図)
3.食料:事前に用意のこと。
4.駐車:若干台数可。

(個人DATA:初回訪問1986年9月、訪問回数4回)

エントリーページ移動



Utility

概 要

おかげさまで 2017年9月2日に100万PV達成しました。今後もご愛顧よろしくお願いいたします。 2017/12/6 掲載数が1,300ヶ所を超えました。

路線別撮影地

記事検索

拍手送信

拍手送信フォーム

新着コメント

Feed